毎月10,000人がカップルに!
タップル誕生 - 恋活・マッチングアプリ
ダウンロード
2019.8.29

元彼に連絡したい気持ちと向き合おう。復縁を目指すなら焦りは禁物

元彼に連絡したいと思うタイミング

携帯電話を持つ女性の手

女子なら誰しも一度くらい「元彼に連絡してみようかな」と思ったことがあるのではないでしょうか?付き合った期間が長かったり、かつてないほど好きだったりした元彼なら、なおさら思い出す瞬間があります。

どのようなときに元彼に連絡したいと思うのでしょうか。そのタイミングについて解説します!

復縁したいと思ったとき

タイミングとして最も多いのは、元彼への未練が断ち切れず復縁したいと思ったときです。もう一度チャンスが欲しいという気持ちから「連絡してみようかな?」と考え始めます。

別れた後も好きで再アタックするために連絡するパターンもあれば、ほかの恋を経て「やっぱり元彼が1番」と実感して連絡するパターンもあるようです。

どちらにしても「元彼とよりを戻したい」という強い意思が感じられます。

今の恋愛がうまくいっていないとき

今の恋愛がうまくいっていないときも、元彼に連絡したくなるのではないでしょうか。特に今彼とケンカして悩んでいる場合、元彼に話を聞いて欲しくなるものです。

今彼と比べて「元彼のほうがよかったな」と実感することで、思わず連絡してしまうケースもあります。復縁までは考えていなくても、甘えたり頼りたくなったりしてしまうのです。

このタイミングで元彼に連絡する場合は、一時的な癒しを求めていることが多いです。

なんとなく連絡する女子も

なかには、なんとなく元彼に連絡する女子もいます。これといった理由や目的があるわけではなく、内容などあまり気にせず連絡してしまうのです。

しかし、なんとなくといっても自覚がないだけで、きっかけはあるものです。例えば「お酒を飲んで酔っていたから」「寂しくて誰かにかまってほしかったから」などが挙げられます。

元彼に連絡するのは、男友達に連絡するのとはわけが違います。そのため、あまりに身勝手な連絡は避けたほうがよいかもしれません。

 

元彼女から連絡がきた男子の心理は?

男性の後ろ姿

元彼女から連絡がきた男子は、どのような気持ちになるのでしょうか?その心理を知った上で連絡をとったほうが、その後の展開が予想しやすいでしょう。

元彼女から連絡を受け取ったときの男子の心理を探っていきます!

受け取り方は人それぞれ

元彼女から連絡がきて「元気そうでよかった」「俺のこと気にしてくれてるのかな?」と純粋に喜ぶ男子はいます。しかし「いきなり何の用だよ」「何か企んでるのかな」と勘ぐる男子もいます。

元彼女に振られた男子は「よりを戻せるチャンスかもしれない」「このタイミングでもう一回押してみよう」と復縁を期待するケースもあるでしょう。

元彼女からの連絡に対して、その受け取り方は人それぞれです。元彼の性格や別れ方によっても変わります。

都合のいい女子にされるリスクもある

元彼女から復縁を望んでいるような連絡がきたら、その気持ちをうまく利用しようとする男子もいます。もう一度真剣に付き合うということではなく、都合のいい女子にされてしまうのです。

このようなパターンに陥りやすいのは「とにかく会いたい」「どんな関係でもいいから」というスタンスで連絡してしまう女子です。曖昧な関係のままズルズルいってしまう可能性が高いでしょう。

元彼に連絡するときは、このようなリスクがあることも肝に銘じる必要があります。

 

復縁を目指すなら

カップルの足

元彼との復縁を目指す場合は、注意すべきことがあります。「今すぐ会いたい」「寂しくて1人でいられない」という状況だとしても、一度冷静さを取り戻してから行動にうつしましょう。

復縁を目指すときに注意したい二つのことを紹介します。

すぐに連絡しないで時間をおく

別れた直後は「相手に忘れられるのでは…?」「ほかに好きな人ができたら困る」という理由から、少しでも早く連絡をとりたくなるものです。しかし、復縁を目指すならお互いに頭を冷やす時間が必要です。

いわゆる冷却期間は、どうして必要なのでしょうか?

冷却期間が必要な理由

どのような理由であっても、別れた直後は男子も感情的です。そのようなときに復縁を持ちかけられても、素直に受け止められないでしょう。

冷却期間をおかずに復縁すると、根本的な問題解決ができず同じことを繰り返してしまう可能性があります。その結果、また別れることになるかもしれません。

お互いに冷静になり、同じ間違いを繰り返さないためにも、冷却期間が必要なのです。

元彼のペースで距離を縮めていく

「早くよりを戻したい」という気持ちが強いと、つい自分のペースで連絡したり会おうとしたりしまいがちです。しかし、別れることを選んだ元彼は、元彼女のペースに乗せられることを嫌がるケースも少なくありません。

復縁を目指すなら、元彼のペースに合わせて距離を縮めていくことが大切です。元彼が忙しいときは連絡を控えたり、会いたい雰囲気を出してきたときは優しく受け入れたりします。

焦って自分の気持ちを押し付けてしまい、復縁のチャンスを逃さないよう注意しましょう!

 

元彼依存を脱却する方法

肩に手を置く女性

元彼への思いを断ち切れず依存してしまう女子は多くいます。しかし、そのような状態を続けていては幸せにはなれないでしょう。

この機会に思い切って元彼依存から脱却しませんか?その方法を三つのステップに分けて解説します!

連絡したいと思う理由を整理

そもそも、どうして元彼に連絡したいと思ってしまうのでしょうか?その理由を思いつく限り紙に書き出し、自分の気持ちを整理するという方法があります。

書き出してみると、実は「ただ寂しいから」「ほかに頼れる人がいないから」という理由だったことに気づくかもしれません。その場合は、心のよりどころがほしくて連絡しているだけということになります。

「純粋に好きだから」という理由ではないとしたら依存している可能性が高いといえるでしょう。

連絡手段を断つ

元彼依存から脱却するには、まず連絡手段を断つことが重要です。連絡できる状態では、少しでも気持ちが揺らいだときに連絡してしまいます。

一度連絡するとそこからズルズルつながってしまい、依存した状態から抜け出せなくなるかもしれません。それは、自分を幸せから遠ざけていることと同じです。

電話番号やメールアドレス以外にも、SNSでつながっている場合はその関係も断ちましょう。元彼の近況がわかってしまうと、連絡したい気持ちが再燃する可能性があります。

次の出会いを探す

元彼依存から脱却すると決めたら、次の出会いを探しに行きましょう!合コンに参加したり友人に紹介してもらったりするなど、出会う方法は探せばいくらでもあるものです。

新しい恋をすると、不思議なほど元彼に対する気持ちは薄れていきます。人は幸せを感じているとき、過去を振り返ろうとはしないからです。

特に、女子は一度吹っ切れると復縁を望まなくなる傾向があります。新しい出会いさえ見つかれば、簡単に元彼依存から脱却できるでしょう。

 

まとめ

元彼に連絡したいという気持ちは、自然と湧き上がってくるものです。その感情を無理に抑え込もうとせず、連絡したい理由を探ることから始めましょう。

それが「元彼じゃないとダメだから」「元彼が絶対に必要だから」という理由なら、復縁を目指すことをおすすめします。ただし、冷却期間をしっかりおくことが大切です。

「ただ寂しいから」という理由なら、元彼に依存している傾向があります。この機会に元彼依存から脱却して、新しい恋を見つけにいきましょう!

行動してみる!

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る
タップルに新機能追加されました!
タップルコン

タップルコンとは?

タップルコンは、オンライン上で簡単に1時間の婚活パーティーに参加できる機能です。あなたの趣味や年齢を加味して、相性が合う可能性が高い男女4〜7名をマッチングします!

タップルコンとは
タップルコンについて、
もう少し詳しく知りたい方はこちら

まずは無料でダウンロード

すでに登録済みの方は こちら

高校生を除く、満18歳以上の独身者向けサービスです。