毎月7,200人がカップルに!
タップル誕生 - 恋活・マッチングアプリ
ダウンロード
ホーム
タップルとは
安心・安全
料金
サポート
レポート
コラム
出会い
マッチングアプリ
恋愛
星座占い
2019.8.21

独身女性は周りからどう見られている?成婚しにくい女子の特徴とは

20代後半ともなると友だちや同僚が続々と結婚していきます。そんなとき、つい「生涯独身だったらどうしよう…」と不安になった経験はありませんか?誰もが1度は気になる『結婚適齢期』について整理してみましょう。おすすめの婚活術についても紹介します。

女性の結婚適齢期っていつごろ?

結婚式

友だちの結婚式や入籍報告はとても喜ばしい反面、「友だちが次々と結婚していく…」と寂しさや焦りを感じてしまう人も少なくありません。

世の中は、『結婚』に対してどのような考え方を持っているのでしょうか?結婚適齢期など、基本的なポイントを見ていきましょう。

平均値は30歳ごろ

女性自身が自分自身に対して『結婚適齢期』と感じる年齢は、『30歳』が平均となっています。

20代前半は、遊びたい盛りだったり大学生だったりと結婚について考えるような機会も少ないですよね。

25歳を過ぎるあたりから徐々に意識し始める人が多いものの、時を同じくして仕事が生きがいになる女性も多く、恋愛をついつい後回しにしてしまうケースも少なくありません。

たくさん遊んで、仕事もして、そうした気持ちが一段落するタイミングとして『30歳ごろ』を目安に挙げる場合が多いようです。

適齢期はないという考え方も

結婚に『適齢期はない』という意見ももちろんあります。

人生の大きな決断ともいえる『結婚』は、誰とでもできるわけではありませんよね。人生を共に歩んでいく相手を「結婚適齢期だから、この人でいいや!」と決められる人は少ないのではないでしょうか?

年齢を意識しておくことは大切ですが、自分にとって『最高のパートナー』であることを確信できたときこそ、『結婚適齢期』であるのかもしれませんよ。

平均値の年齢で結婚するメリット

結婚適齢期や平均初婚年齢などを意識して動くメリットは『出産』や『育児』に理由があります。

ドラマや漫画・友だち同士の会話で耳にすることはあっても、実際に自分が『出産』『育児』を経験してみると、想像以上に体力をつかうことが分かるでしょう。

一般的には、年齢を重ねれば重ねるほど体力は衰えていくものなので、『子ども』が欲しい場合には、『結婚適齢期』を意識しておく方が体の面からいって安全です。

 

独身女性はどう見られている?年代別で紹介

女性の後ろ姿

自分自身は『独身女性であること』に対して特に思うことはなくとも、周りから「どう思われているんだろう?」とつい気になってしまう人も多いのではないでしょうか。年代別でのイメージをチェックしてみましょう。

30代独身女性の場合

男女共に身の周りでの『結婚』が増えてくるからこそ、自然と『既婚か未婚か』の話題になりやすいですよね。

そうしたときに「適齢期なのに、彼氏もいない…」とネガティブになってしまっていませんか?しかし、『30代独身女性』のイメージは決して悪くありません。世の中の意見をチェックしてみましょう。

  • 仕事や趣味が充実していそう
  • 経済面も含めて、しっかりと自立していそう
  • 落ち着いた恋愛ができそう

人生のときどきにおいて、『大切なもの』は常に変化します。人によっては『恋愛』かもしれませんし、『仕事』『趣味』でもあるでしょう。

自分の大切なものをまっすぐに見つめ、周囲に流されることのない『しっかりと自分の考えを持った女性』というイメージを抱かれることが多いですよ。

40代は仕事ができるイメージも

続いて、7割以上が既婚である40代での『独身女性』に対してはどのようなイメージを抱くかチェックしてみましょう。

  • 仕事に一生懸命に生きてきていそう
  • パートナーがつらいときにはしっかりと支えてくれそう
  • 1人でも生きていけそう

40代の場合、30代よりも既婚率が高まることから、やはり『結婚しないだけの理由』をつい考えてしまう人は多いでしょう。

その中にはネガティブな意見も含まれますが、『仕事』や『自立』という言葉を中心とした『しっかりとした女性』というイメージが込められています。

 

なかなか成婚できない女子の特徴とは

女性

本人に結婚願望があったり、長年付き合っているパートナーがいたりしても、なかなか『結婚』に結び付かない女子には、いくつか共通点があります。

譲れない部分を無理に変える必要はありませんが、どのような特徴があるかをチェックしてみましょう。

高望みをしてしまう傾向がある

『結婚』となると、人生を共に歩む相手だからこそ、外見だけではなく収入や学歴・家族構成など、さまざまな条件が気になってしまいがちですよね。

100%の理想をいえば、自分の願う条件を全て満たす相手と結婚したいところではありますが、そもそも完璧な人間は誰1人としていません。

また、逆の立場でも彼からあなたに対して、あれこれ口うるさく言われたらストレスに感じるのではないでしょうか?

分かってはいても「あれもこれも…」と条件を並べてしまいたくなりますが、一つ一つの項目を書き上げてみると、実は優先順位の低いものがあるかもしれませんよ。

自分にとって『大事なもの』を安易に変えてしまう必要はありませんが、『譲れる部分は譲る』ことを心がけてみましょう。

1人で何でもしてしまう、人に頼れない

バリバリと仕事をこなす女子にありがちな傾向は『1人で何でもしてしまう』という点です。そのこと自体は本来とてもよいことですが、男女関係となると『かわいげがない』と捉えられてしまうケースも少なくありません。

多くの男子は、程度の差こそあれど、女子に頼ってもらえるとうれしい生き物です。ましてや自分の『彼女』ともなれば、その思いはより強くなるでしょう。

自立している女子はすてきですが、度が行きすぎると男子にとっては「彼女にとって自分は必要なのかな…」と物足りなく感じてしまいます。

普段から真面目な女子にとっては、甘えることは照れくさいかもしれませんが、信頼できる彼の前だからこそ、時には『頼る』ことも大切ですよ。

自己中な部分も見られる

自分の意見をしっかりと持つことは大切ですが、『自己中』になっていないかは日頃から気を付けたい部分です。

学生時代や、社会に出て間もない頃には仕方がないことかもしれませんが、20代後半や30代を迎えてまで、常に『自分優先』であるのは彼や相手に幼稚な印象を与えてしまうでしょう。

誰にでも『理想』はありますが、誰もが全てをかなえられるわけではありません。手に入れるための努力はしながらも、相手の気持ちを考えて関係を育んでいきましょう。

 

1人は嫌?婚活を成就させるには

花を持つ女性の手

さほど結婚願望がなかった人でも、家族からの一言や友人・同僚の結婚式を見ると「このまま1人は嫌!」と思う女子も少なくありません。

婚活を成功させるためには、どのような心構えでいるべきなのでしょうか?成就率を高めるポイントを紹介します。

交際前に結婚について伝える

「1日も早く結婚したい!」と願う女子にとって、交際前のお互いの『意思確認』は非常に大切です。

相手によってはその意思確認を『焦り』と捉えて引かれる可能性もありますが、反対にいえば、『その程度の気持ち』であったとも言い換えられます。

また、意思確認をしておくことで遊び人や既婚者を寄せづらくする効果もありますよ。

結婚したい女子にとって、遊びで付き合える時間はそう長くはありません。自分の気持ちだけを優先させず『伝え方』には工夫をすべきですが、あらかじめ『結婚前提』であることをしっかりと伝えておくようにしましょう。

自分自身を知っておくことも大切

つい『相手』ばかりにフォーカスされがちな『婚活』ですが、相手以上に『自分自身』についても理解しておくことが大切です。

特に、年齢が上がれば上がるほど『なぜ、結婚していないのか?』を振り返ってみることから始めましょう。

本人にとっては胸がえぐられるような行為かもしれませんが、何事においても、結果を得るためには『状況分析』や『原因・理由』を見つけることから始まりますよね。

自分を不要に責める必要はありませんが、「あのときの自分はこういうことがよくなかったな〜」と冷静に受け止めることは、同じ失敗を繰り返すことなく、次のチャンスに生きてくるでしょう。

相手に対する思いやりを忘れない

年齢を重ねてからの婚活は、焦りが生まれやすく、お互いの信頼関係ができあがる前に踏み込んだ質問をしてしまいがちです。

しかし、いくら親密な関係であっても彼は『他人』であることを忘れないことが大切です。

『親しき仲にも礼儀あり』という言葉があるように、同じ内容を伝えるにしても、相手の気持ちを考え、伝え方を工夫すると、結果が大きく変わってきますよ。

焦りや不安からすぐに「彼が向き合ってくれない!」と考えてしまうのではなく、『彼が今、何を考えているか』を整理した上で話し合いを進めましょう。

 

独身を満喫するために準備しておくこと

貯金箱を持った女性

「婚活を頑張ってみたものの、なかなかいい人に巡り会えない…」と悩んでいるときは、思い切って1度『独身を満喫する方法』を考えてみませんか?

『1人でも生きていける!』と思えると、肩の荷が下りて楽になるかもしれませんよ。どのような準備があるかをチェックしてみましょう。

老後に備えた貯金や保険を考える

とても気になるポイントは、やはり『お金』ではないでしょうか。

どれくらいの生活水準を保ちたいかによっても金額は変わりますが、安心できる貯蓄額は、年金とは別に老後25年間で『2000〜3000万円程度』とされています。

この金額だけを見ると圧倒されてしまいますが、60歳までの間にコツコツと貯蓄しておくことが大切ですよ。また、自分で貯金ができるかどうか不安な人は、強制的に貯蓄できる仕組みを作ることもおすすめです。

保険会社によっては、積立制度を複数用意しているため、『できる方法』で貯蓄を意識してみましょう。

福祉制度を把握しておくこともポイント

「独身なのは、自分だけかも…」と落ち込んでしまう人もいるかもしれませんが、現在の日本女性の生涯未婚率は14%にも昇ります。『10人に1人は生涯独身』であると思うと、少し見え方が変わってきませんか?

こうした現状を受け、各自治体では『独居高齢者』に対しての福祉制度や公的サービスに力を入れています。

貯蓄などの準備をすることは大切ですが、「1人で何でもしなきゃ!」と抱え込まず、具体的にどのようなサポートを受けられるのかをネットでチェックしてみましょう。

 

まとめ

昔からの友だちや職場の同僚が結婚していく姿を見ると、「ずっとこのまま1人だったらどうしよう…」とつい焦ってしまうものです。

しかし、自分が思っている以上に『独身女性』に対するイメージはポジティブな意見が多いかもしれませんよ。

年齢を意識することは大切ですが、焦ってパートナーを探すのではなく、目の前の『相手』が生涯を共にできるかどうかをしっかりと見極めましょう。

モテ試しする?

恋活・婚活の新スタンダード
マッチングアプリの
出会いって?
マッチングアプリとは、さまざまな目的で出会いたい人たちを結びつけるアプリで、おもに恋活・婚活目的が最近では主流です。

2018年時点で恋活・婚活をするためにマッチングアプリを利用する人が44%と合コン・街コンを抜いて1位になりました。

タップルは毎月7,200人に
恋人誕生中のマッチングアプリ!

タップルは毎月7,200人に恋人誕生中のマッチングアプリ!

タップル利用をきっかけに出会い、マッチングアプリでしあわせになった
カップルたちからの報告が毎日増え続けています。

タップル利用をきっかけに出会い、マッチングアプリでしあわせになったカップルたちからの報告が毎日増え続けています。

タップルレポートをもっと見る
使い方はカンタン3ステップ
使い方はカンタン
3ステップ

好きなことをクリックしたら、異性の写真を選ぶだけ♪ 相手から「ありがとう」がもらえればメッセージのやりとりができます。
会員登録は男性・女性共に完全無料です。
会員登録後、男性はお相手を選んでマッチングが成立するまで無料で体験出来ます。

1
2
3
1

自分に興味があるものを
選択してください。

Step 1 Step 1
2

好みの異性をチョイスして
アプローチしましょう。

Step 2 Step 2 Step 2
3

お互い「いいかも!」と思ったら
メッセージを送ることができます。

Step 3 Step 3
記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る

国内No.1 趣味でつながるマッチングアプリ

1分で完了!カンタン無料登録
Webではじめる アプリではじめる

すでにアカウント登録済みの方は

「タップル誕生」は高校生を除く、
満18歳以上の独身者向けサービスです。

タップルで恋活しよう
毎月7,200人に恋人誕生中!今すぐカンタン無料登録!
毎月7,200人に恋人誕生中!
今すぐカンタン無料登録!
高校生を除く、満18歳以上の独身者向けサービスです。
Webで
はじめる
アプリで
はじめる