「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード

【職場恋愛アリorナシ?】女子の意見は圧倒的に〇〇!!

職場恋愛はアリかナシか!

女子的に職場恋愛はアリかナシかについて渋谷の女子たちにインタビューをしました。

その結果、職場恋愛がアリかナシかについての女子の意見は以下のようになりました。

  • 周りの迷惑にならないのであればアリ!
  • 恋愛系ドラマみたいにドロドロした感じにならなければいいと思います
  • 好きになってしまったら職場とかプライベートとか関係ない
  • 仕事に支障が出なければいいかな〜
  • 職場は1番、長い時間いるところだから好きな人が職場にいると楽しくなると思う
  • いつも楽しくいられるし、楽しそうだし、職場恋愛をしたら充実しそう!
  • 仕事のときも一緒にいられるし、仕事をしている姿も見れるしいいと思う
  • 公私混同して周囲に迷惑を掛けたらイヤなのでナシ!

職場恋愛はアリかナシかについて渋谷の女子たちにインタビューをした結果、圧倒的に「職場恋愛はアリ!」だという女子の方が多かったです。

その理由としては「職場が1番長くいられるから好きな人がいたら楽しくなりそう」「周りの迷惑にならなかったら全然アリ」という声が聞こえてきました。

一方で少数ですが、周囲の迷惑になってしまうかもしれないからナシという女子の声も。確かに職場恋愛となると周りが見えなくなってストッパーがなくなってしまう可能性もありますよね。

それでは職場恋愛がアリだという女子の意見とナシだという女子の意見をそれぞれ見ていきましょう。

好きな人と一緒だと仕事も楽しい!

街頭インタビューを受ける女性

それでは最初に職場恋愛がアリだという女子の意見について詳しく見ていきましょう。

職場恋愛がアリだという女子の多くは「職場に迷惑を掛けないことが前提」だという前置きをしつつも、積極的に職場恋愛をしていきたいという気持ちを持っていました。

確かに職場が1日の中で最も長く過ごす環境となるため、職場恋愛をすることによってより一層楽しくなるということは分かります。

公私混同はNG!

街頭インタビューを受ける女性

それでは次に職場恋愛がナシだという女子の意見について詳しく見ていきましょう。

少数ながら職場恋愛はナシだという女子もいましたが、その主張としては「プライベートと仕事は分けた方がいい」「周りに迷惑がかかってしまう」ということでした。

「恋愛中は周りが見えなくなってしまう」と考えているがゆえの「職場恋愛はナシ」だということです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

最後にもう1度、職場恋愛がアリかナシかについての女子の意見についておさらいしていきましょう。

  • 周りの迷惑にならないのであればアリ!
  • 恋愛系ドラマみたいにドロドロした感じにならなければいいと思います
  • 好きになってしまったら職場とかプライベートとか関係ない
  • 仕事に支障が出なければいいかな〜
  • 職場は1番、長い時間いるところだから好きな人が職場にいると楽しくなると思う
  • いつも楽しくいられるし、楽しそうだし、職場恋愛をしたら充実しそう!
  • 仕事のときも一緒にいられるし、仕事をしている姿も見れるしいいと思う
  • 公私混同して周囲に迷惑を掛けたらイヤなのでナシ!

今回インタビューをした結果、圧倒的に「職場恋愛はアリ!」だという女子の方が多いということが分かりました。

職場恋愛をアリだという女子からは「仕事のときも一緒にいられるし、仕事をしている姿も見れるしいいと思う」「職場は1番、長い時間いるところだから好きな人が職場にいると楽しくなる」という声が聞こえてきました。

一方で職場恋愛がナシだという女子からは「周囲の迷惑になってしまうかもしれないからナシ」という声が聞こえてきました。恋愛をすれば周りが見えなくなる人もいるため、確かに公私混同はない方がいいという考えの人もいるでしょう。

ただ今回のインタビューの結果、職場恋愛については肯定的に捉えている女子がとても多いのだということが明らかになりました。恋人を作りたいと考えている男子のみなさんは職場にこそチャンスがあるかもしれませんよ。

動画でチェック!

恋ちゃんバナー

ストアバナー
記事のタグ一覧
edited by
森島啓
オーストラリアを旅しながら読書・ライティングに励んでいます。 現在は旅を続けながら生きる方法を模索中です。
タップルに新機能追加されました!
タップルコン

タップルコンとは?

タップルコンは、オンライン上で簡単に1時間の婚活パーティーに参加できる機能です。あなたの趣味や年齢を加味して、相性が合う可能性が高い男女4〜7名をマッチングします!

タップルコンとは
タップルコンについて、
もう少し詳しく知りたい方はこちら