タップル誕生
恋活・出会いをつなげるマッチングアプリ
ダウンロード
ホーム
タップルとは
安心・安全
料金
サポート
レポート
コラム
出会い
マッチングアプリ
恋愛
星座占い
出会い マッチングアプリ 恋愛

女子がキュンとくるカラオケのモテソングを発表!

今回は男子がカラオケで歌ったら女子がキュンとくる曲について渋谷女子にインタビューをしました。女子はカラオケでどんな曲を聞くとときめくのでしょうか?早速見ていきましょう。

男子にカラオケで歌ってほしい曲はコチラ!

男子がカラオケで歌ったら女子がキュンとくる曲について渋谷の女子たちにインタビューをしました。

その結果、女子がキュンとくるカラオケのモテソングは以下のようなものになりました。

  • コブクロの「未来」
  • EXILEの「道」
  • ゆずの「栄光の架橋」
  • BIGBANGの「DELIGHT」
  • ONE OK ROCKはどの曲も歌えたらすごい!

女子たちにインタビューをしてみると、どうやら有名なバラード系に根強い人気があるということがわかってきました。

それではこれらの意見も含めてもう少し詳しく見ていきましょう!

バラード系が上手な男子はかっこいい!

1つ目の女子がキュンとくるカラオケのモテソングは「バラード系の名曲」でした。

改めて人気の曲を見て見ましょう。

  • コブクロの「未来」
  • EXILEの「道」
  • ゆずの「栄光の架橋」
  • BIGBANGの「DELIGHT」
  • GLAYの「HOWEVER」
  • B’zの「ALONE」
  • CHEMISTRYの「PIECES OF A DREAM」

あまり激しめの曲というよりは甘い歌声で、ゆったりと聞けるようなバラードの曲をカラオケで歌ってくれるとキュンとくるという女子が多いことが分かりました。

ただ多くの女子が言うには「上手なのが大前提!」だということです。バラードはゆっくりな曲調のものが多いため、歌のテクニックは明らかに分かってしまいます。

そのためヘタなのにカラオケでバラードを歌われてしまうと、どうしても冷めちゃうのだそうです。

また激しめの曲が多い「ONE OK ROCK」ですが、こちらは女子からの人気がとても高いということがわかりました。

テンポが早く、声の高低差も大きい曲が多いため「ONE OK ROCK」をカラオケで歌いこなせる男子はかっこいいと感じる女子が多いのだということでした。

ゆったりとしたテンポのバラードが苦手な男子は「ONE OK ROCK」を練習してはいかがでしょうか。

また、カラオケという個室でいい匂いがする男子はさらにモテます。女子が好きなモテる香水の匂いのインタビューを参考に、ますますキュンとさせちゃいましょう。

女子が好きなモテる香水の匂いは?香水で男子の魅力3倍増しに!
2018.11.30

逆に歌われたら冷めちゃう曲は?

今回の女子がキュンとくるカラオケのモテソングについてのインタビュー内では、「逆に歌われたら冷めちゃう曲」についても聞いていきました。

そのインタビューの中では、

  • アニメソングをノリノリで歌われたらイヤかな
  • 美少女系はちょっと引いちゃうかも
  • 英語のラップの曲をいきなり歌われたら無理〜

などの意見が女子から聞こえてきました。

まず一番女子から人気のなかったカラオケソングは「アニメソング」でした。

男子がノリノリでアニメソングを歌っている姿は見ていられないと感じる女子が多いようです。アニメソングをカラオケで歌われたら恋愛対象には入らなくなるという意見もあったため、好きな女子とカラオケに行く際には気をつけましょう!

また英語のラップの曲も女子からすればかなり人気が低いということがわかりました。

その理由としては「ちょっと怖く感じる」「初対面でいきなりなんなの?って感じ」といった声が聞こえてきました。

以上のようにアニメソングや英語のラップの歌詞がある曲はカラオケのときにはTPOをわきまえた方がいいでしょう。

カラオケではバラード系が女子から人気!

いかがだったでしょうか。

最後にもう1度、女子がキュンとくるカラオケのモテソングについておさらいしていきましょう。

  • コブクロの「未来」
  • EXILEの「道」
  • ゆずの「栄光の架橋」
  • BIGBANGの「DELIGHT」
  • ONE OK ROCKはどの曲も歌えたらすごい!

今回のインタビューでは、カラオケではバラード系がモテソングとしては女子から圧倒的な人気を誇るということが分かりました。

好きな女子とカラオケに行く予定のある男子は、バラード系を今のうちに練習しておいてはいかがでしょうか?

動画でチェック!

恋ちゃんバナー

ストアバナー
edited by
森島啓
オーストラリアを旅しながら読書・ライティングに励んでいます。 現在は旅を続けながら生きる方法を模索中です。
タップルを
はじめる