毎月10,000人がカップルに!
タップル誕生 - 恋活・マッチングアプリ
ダウンロード
結婚式

婚活方法は自分に合ったものを!成婚のコツやNG行動も紹介

婚活の方法にはどんなものがある?

結婚式

婚活方法には、主に以下の3種類があります。

  • 結婚相談所に入会する
  • 婚活パーティーに参加する
  • インターネットの婚活サイトやアプリを利用する

それぞれについて、特徴を詳しく見ていきましょう。

専門家がサポート「結婚相談所」

結婚相談所では、出会いから成婚まで、プロのアドバイザーによる一貫したサポートが受けられます。数多い会員の中から希望の条件に近い人を一緒に探してくれるので、お見合いの相手を見つけやすいのがメリットです。

会員は結婚を本気で考えている人ばかりで、身元もはっきりしているので、非常に安心感があります。お見合いのセッティングやお断りの返事などもアドバイザーにお任せできるため、わずらわしさを感じることも少ないでしょう。

ただしほかの婚活方法に比べて費用は高めです。また、担当アドバイザーとの相性が悪かったり、なかなかお見合い相手が見つからなかったりして、婚活が苦痛になるケースもあります。

一度にたくさんの人と出会える「イベント系」

婚活パーティーなどのイベント系は、一度にたくさんの異性と出会えることが大きなメリットです。

1回ごとに参加費を払うだけでよく、スケジュールさえ合えば手軽に利用できます。年齢や年収・趣味などの参加条件が付いていることが多く、自分が希望する条件に近い人が集まっているのも魅力です。

ただし、限られた時間内で多くの人と交流するため、誰と何を話したのか分からなくなったり、お目当ての相手がいてもゆっくり話をする暇がなかったりします。

ネット上でマッチングする「アプリ・サイト」

インターネットのサイトやスマホアプリをつかった、ネット婚活も人気です。会費が安い、または無料の場合もあり、金銭的な負担を気にせずに婚活を続けられます。

昼休みや通勤途中など、すき間の時間で相手を探せるので、相談所やパーティーに行く暇がない忙しい人にも向いています。

大手の婚活サイト・アプリは、不審なユーザーがいないか24時間・365日サービスの監視を行っていることがほとんどです。安心感で選ぶなら、大企業が運営しているサービスを選択するとよいでしょう。

タイプ別におすすめをチェック

ネットで婚活

自分の性格や、結婚に対する意識に合致する婚活方法でなければ、お金や時間がかかるばかりで、よいご縁に恵まれずに終わる可能性が出てきます。

あなたに合う婚活方法はどれでしょうか。タイプ別に見ていきましょう。

アドバイスがほしい人

アドバイスがほしいなら、専門家が常駐している結婚相談所が最適です。恋愛経験が少ない人や、できるだけ早く結婚したい人は、第三者から適切なアドバイスをもらえると、婚活がスムーズに進むでしょう。

ほかの方法に比べて費用はかかりますが、婚活に関する悩みを何でも相談できる上に、条件に合う相手をきちんと探し出してくれます。

このため、恋愛には自信がない人でも、結婚はスピーディーに決まることも珍しくありません。

効率的に進めたい人

時間やお金をできるだけ抑えて、効率的に進めたい人は、婚活パーティーを検討してみましょう。

婚活パーティーは一度の参加で複数の異性と知り合うことができ、さらに必ず全員と1対1で話ができるなど、カップルが成立しやすい仕組みが設けられています。

自分をうまくアピールできれば、1回参加するだけで結婚相手が見つかるケースもあります。

マイペースに進めたい人

忙しい人や、時間はかかっても自分のペースで婚活を進めたい人には、ネット婚活がおすすめです。

ネットなら、スマホやパソコンさえあればいつでも相手を探せます。結婚相談所や婚活パーティーのように、スケジュールを調整する必要がなく、ほかの人と顔を合わせることもありません。

本人確認のシステムが整っている・相談窓口があるなど、運営体制がしっかりしているサービスを選べば、不安を感じることなくマイペースな婚活が実現するでしょう。

スムーズな成婚のためにできることは?

プロフィールを書く女性

婚活をする目的は成婚にあります。婚活を始めたものの、なかなか成婚できずにいればモチベーションも下がります。

マッチングから成婚までをスムーズに進めるために、できることを見ていきましょう。

自己紹介・プロフィールを充実させる

結婚相談所やネット婚活では、マッチングの機会を増やすことが重要です。あなたに会いたいと思ってもらえるように、まずはプロフィールを充実させましょう。

特に力を入れたいポイントは写真です。どんなに条件がぴったりでも、写真がなくて相手の顔が分からなければ、会いたいと思う人は稀でしょう。

暗い表情やだらしない服装・加工してある写真は避け、自然な笑顔清潔感のある明るい雰囲気を心掛けましょう。

自己紹介では、自分のよい部分を具体的にアピールします。長所・特技・仕事の実績など、人から褒められるポイントを盛り込むと、前向きで充実した自己紹介文ができます。

結婚生活に明確なビジョンを持つ

婚活を始める以上は、結婚生活について明確なビジョンを持っておく必要があります。

どのような結婚生活を送りたいのかがはっきりしないままお見合いやデートをしても、結婚相手としてふさわしいかどうかを判断できません。

子どもの人数や住まい・結婚後の仕事をどうするかなど、できるだけ具体的にイメージしてみましょう。その中で、どうしても譲れない部分と譲ってもよい部分を決めておけば、相手と相談しながら結婚に向かっていけます。

前向きな考え方も必要

婚活をしているからといって、すぐに結婚相手が見つかるとは限りません。どの方法でも、一度の活動で成婚することはほとんどないのです。

特に、始めたばかりの頃は、勝手が分からずに失敗してしまうこともあるでしょう。何度か失敗すると、自分には魅力がないのかとネガティブな気持ちになる人も少なくありません。

しかし、そこで落ち込んでいては婚活が苦しくなるばかりです。失敗したのは単に相手との縁がなかっただけで、次はよい相手に会えるかもしれません。

失敗をよい経験だったと前向きに捉え、次の出会いに生かせば、成婚へと着実に前進できるでしょう。

婚活を失敗させてしまうNG行動

頭を抱える男性

そもそもマッチングしない・マッチングしてもお付き合いに発展しないなど、婚活で失敗する人には共通点があります。婚活におけるNG行動を見ていきましょう。

条件だけを見すぎている

リッチな生活がしたい・友人に自慢できるようなハイスペックな相手と成婚したいなど、結婚に夢を持ちすぎて相手の条件しか見ていない人は、婚活に失敗しがちです。

女子の場合、相手の年収や学歴にこだわる人が少なくないですが、そのような男子はほかの女子からも人気があるため、ライバルが多くいる中で自分をアピールする必要があり、婚活に疲れてしまうことになるでしょう。

男子も同じで、家事や育児に積極的な人・年齢が自分より低い人など、条件にこだわりすぎると出会いの幅が狭まるだけで、うまくいかないことが多くなってしまいます。

相手の欠点ばかり探すのもNGです。世の中に欠点のない人などいませんから、少しの欠点が目についてお付き合いを断っているようでは、いつまでたっても成婚できないでしょう。

失敗しても自分を省みない

婚活に限らず、何かを失敗するときは必ず原因があります。失敗を繰り返す人は、原因に気付いていないか、気付いていても反省しないことが多いでしょう。

自分の話ばかりしてしまった・相手のプライベートに踏み込むような質問をしてしまったなど、失敗したことについて反省がなければ、また同じ失敗をすることになります。

原因が分からない人は、なぜ失敗すると思うか、友人や家族に聞いてみるのも手です。改善ポイントが分かれば、後は実行するだけです。気付いているのに改善できない人は少しずつでよいので、できることから変えていきましょう。

まとめ

婚活の方法にはさまざまなタイプがあり、人によって合う方法が異なります。まずは自分に合う婚活方法を探して、チャレンジするところから始めましょう。

どの方法でも、成功と失敗のポイントは共通しています。結婚に対して真剣に前向きに取り組むこと、そして相手に多くを求めすぎないことが、よい出会いを引き寄せるポイントです。

もちろん失敗することもありますが、改善して次に進めば大丈夫です。あなたなりの婚活方法で、すてきなパートナーを探しましょう。
出会いを見つける

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る

まずは無料でダウンロード

すでに登録済みの方は こちら

高校生を除く、満18歳以上の独身者向けサービスです。

タップルをはじめる