毎月7,200人がカップルに!
タップル誕生 - 恋活・マッチングアプリ
ダウンロード
ホーム
タップルとは
安心・安全
料金
サポート
レポート
コラム
出会い
マッチングアプリ
恋愛
星座占い
笑顔の女性
2018.10.17

マッチングアプリでモテる写真の撮り方やおさえておきたい写真のポイント

マッチングアプリでたくさんの「いいかも!」をもらうには、どのような写真を載せるかが重要なポイントです。外見だけではなく、内面を見てほしい…というかたもいらっしゃるかと思います。ですがまず外見に好意を持ってもらわないことには、内面を見てもらう機会すら得ることができないのです。そこで今回は、どんな写真を載せればいいのか、どんなふうに撮ればいいのか、避けたほうがいい撮りかたはどういったものかを詳しくご紹介したいと思います。

マッチングアプリで最も重要なポイントは「写真」

マッチングアプリでたくさんの「いいかも!」をもらうには、どのような写真を載せるかが重要なポイントになってきます。
まだマッチングアプリを始めたばかりの人は、

・実際にどんな写真を載せればいいのか?
・どんなふうに撮れば効果的なのか?
・逆に避けたほうがいい撮り方もあるのか?

といったことが分からず困っていませんか。また、

そもそも写真って必要なの? 恥ずかしいからできれば載せたくないんだけど…

というかたもいるのではないでしょうか。

性格重視でお相手を選びたい、お相手からも性格重視で選んでもらいたい、そういう気持ちも分かります。
ですが、マッチングアプリにおいてはやはり写真が第一印象となります。
あなたの写真を見た段階で、異性のユーザーたちが“恋愛対象”のカテゴリーにいれてくれなければ、マッチングすることはむずかしいでしょう。いくら性格が良くても、マッチングしなければその性格を知ってもらうことができないのです。
ですから、性格で選びたい・選んでもらいたい人も、マッチングアプリで恋活をスムーズに進めるために写真にこだわってみましょう
そこで今回は、どんな写真を載せればいいのか、どんなふうに撮ればいいのか、避けたほうがいい撮りかたはどういったものか、といった内容を紹介していきたいと思います。

 

男女別 おさえておきたい写真のポイント

一括りに写真と言っても「男女どちらともに共通するポイント」と「性別ごとに異なるポイント」があります。それぞれを詳しく見ていきましょう。

[男女共通]写真の役割や必要な枚数はどれくらい?

メイン写真・サブ写真とは?

多くのマッチングアプリでは、登録できる写真はメイン写真・サブ写真の2種類あります。
メイン写真というのは1枚だけ選ぶもので、あなたのアイコンのように使われる写真。第一印象を大きく左右するものですから、顔写真を載せている人が圧倒的に多いです。
サブ写真は複数枚アップすることができるため、メイン写真とは別の表情や角度の写真や趣味の写真などを載せている人が多いです。自分の趣味嗜好やひととなりを伝えられるでしょう。
サブ写真の上限枚数はマッチングアプリによって違い、2枚まで載せられるアプリもあれば、10枚まで載せられるアプリもあります。『タップル誕生』(以下『タップル』)ではサブ写真は2枚登録できますので、2枚選んでアップするといいでしょう。
あなたのメイン写真とサブ写真を見た異性のユーザーが気に入ってくれれば「いいかも!」してくれるはずです。

メイン写真の特徴と役割

1枚だけ登録することができるメイン写真について改めて紹介しましょう。

メイン写真とは、異性があなたを「いいかも!」・「イマイチ…」のどちらにするか選ぶときや、異性があなたのプロフィール画面を見ているときに一番目立つところに大きく表示される写真になります。

つまり、マッチングアプリでたくさん「いいかも!」をもらうためのもっとも重要なポイントとなります。

アプリ規約やモラルに反しない写真であれば、基本的にどのような写真を載せるかは本人の自由となります。ただ、やはり第一印象となる写真ですので、自分の顔が写った写真にするかたが圧倒的に多いですし、なかには本人の顔が写った写真を指定しているアプリもあります。

そして、異性のユーザーの注目を集めやすいのは正面から顔をばっちり写した写真でしょう。

顔が小さくしか写っていない写真や横顔の写真などをメイン写真としている人もいます。しかし、引きの写真で顔が大きく写っていない場合、異性のユーザーは好みの顔かどうかを判断できないため「いいかも!」をしにくいでしょう。同様の理由で、横顔の写真も異性のユーザーからすると「いいかも!」をしにくそうです。

サブ写真にきちんと顔がわかる写真を載せていたとしても、『タップル』のようにメイン写真が次々に表示されて、「いいかも!」・「イマイチ…」をスワイプで直観的に選ぶアプリの場合、サブ写真まで見ずに決めてしまうユーザーもいるため「いいかも!」をもらえるチャンスを減らしてしまうことに…。

ですから、「いいかも!」をできるだけ多くもらいたいのであれば、やはり正面から撮った顔写真にしたほうがいいでしょう。

サブ写真の特徴と役割

サブ写真とはその名のとおりメイン写真のサブ的扱いの写真のこと。
メイン写真とは違い、サブ写真は複数枚載せることができるのが特徴です。

アプリによって異なりますが、サブ写真は2〜10枚登録できます。

『タップル』では、「いいかも!」・「イマイチ…」を選ぶときの画面やプロフィール画面でメイン写真の下のほうに小さく表示されており、タップするとそのサブ写真を大きく見られるようになっています。

メイン写真の主な役割が顔をしっかりアピールすることだとすると、サブ写真の役割はほかの表情の顔を見せたり、自分の好きなものや趣味をアピールしたりすることといえます。

一般的に異性ユーザーに好印象を与えられる写真の組み合わせは、メイン写真が”顔のよく分かる写真”を使用するとして、サブ写真は“全身が写っている写真”・“趣味の写真” の組み合わせが多く感じます。

写真を載せたくない場合

メイン写真もサブ写真も、載せるか載せないかは本人の自由です。実際、顔写真を1枚も載せていない人もいます。

おそらく「顔を載せるのがはずかしい」「性格で選んでもらいたい」といった理由があるのではないでしょうか。

もちろん一切写真を載せなくても利用できるマッチングアプリもあります。

ですが、異性のユーザーからすると写真はあなたを知ってもらうきっかけになるもの。せっかくプロフィールを丁寧に書いていてもその内容を読んでもらえないことも…。ですから残念ながら、写真を載せていないとマッチングしにくくなってしまうでしょう。

写真があったほうが「いいかも!」をもらいやすくなりますので、写真登録を前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

ちなみにメイン写真もサブ写真も載せていないお相手とマッチングし、リアルで会うことになるケースもあるかもしれません。

その際、写真による先入観がないため、メッセージのやりとりやプロフィールの内容から、お相手の性格重視で相性の良し悪しを判断できるという、メリットがあるでしょう。

しかし、顔が分からない状態で待ち合わせることになるため、まったくイメージと違った見た目の人が現れて幻滅してしまうことも…。

また、万が一の可能性ですが、写真を見ていなければ本人かどうか判断できないため、別人が待ち合わせの場に現れるかもしれない…そんなデメリットもあるのではないでしょうか。

[男女共通]写真を撮る前に/スマホはOK? 自撮りはOK? 加工はOK?

自撮りするのはアリ?

「自撮りでも大丈夫?」と心配する人もいるかもしれませんが、こちらも基本的には自撮りでもOK。実際、顔写真を自撮りしメイン写真やサブ写真に登録しているユーザーも多いです。

ただ、メイン写真もサブ写真も全部自撮りにしてしまうと、「この人、自分大好きすぎでしょ…」と感じる異性もいるかもしれません。ですから、友達と遊びに行ったときなど、誰かに撮ってもらえる機会があるならば、他人に撮ってもらった写真もあるといいのではないでしょうか。

写真を加工するのはアリ?

「撮った写真を加工してもいいの?」と迷ってしまっている人もいるかもしれません。

賛否両論あるかもしれませんが、ちょっとの加工ならアリではないでしょうか。

もちろん、アニメのように目が大きくなっていたり、陶器のようなツルツル肌になっていたり、極端にフェイスラインを修正するような“詐欺写真”は推奨しません。

ですが、写真の色味を変えたりエフェクトをかけたりするなど、普段の自分より1.2倍ぐらい、可愛く・かっこよく見せられる程度なら、加工しても問題ないでしょう。

実際にユーザーのなかにも多少の加工を加えている人多いので、自分だけ不利にならないための方法だとも考えられるかもしれません。

[男女共通]メイン写真の撮りかたのコツ

メイン写真/“表情”の良い撮り方・気をつけるポイント

やはり笑顔をメイン写真にすると話しやすい印象を与えられるので、「いいかも!」がもらえやすくなるのではないでしょうか。

上の歯がすこし見えるぐらい口を開けて笑顔にしておくと、より明るい印象になるでしょう。口を閉じ、口角をすこしだけ上げてほほ笑むと、大人っぽい雰囲気を出すことができそうです。

ちなみに、笑っていないクールな表情をメイン写真にしているかたもいます。クールな表情でも大人っぽい雰囲気で見てもらえますが、同時に「ちょっと怖そう」と、とっつきにくい印象を与えてしまうことも…。

メイン写真/“構図・角度”のいい撮り方・気をつけるポイント

メイン写真ではあなたの顔を正面から大きめに写るように撮るのがおすすめです。

ですが、正面といっても証明写真のように本当に真正面から撮るよりは、顔を左右のどちらかに少しだけ傾け、胸元から顔までがおさまるぐらいで撮影をする人が多いようです。

撮る角度としては、カメラの高さを目線より少しだけ上にし、わずかだけ上目遣いにすると、ナチュラルに可愛く・かっこよく見せられるでしょう。

今さら上目遣いなんてテクニックは古い!と考えている人もいるかもしれません。

確かに、カメラ位置を上方にしすぎると、あからさまな上目遣いになってしまい、「昔のぶりっ子みたい」「ナルシストっぽい」と、思われてしまうので注意が必要でしょう。しかし、だからといって、上目遣いは絶対にしないほうがいい! というわけではないんです。

見る人に“上目遣いだと思わせない程度のわずかな上目遣い”にするのが、ナチュラルに可愛く・かっこよく見せられるポイントです。

逆に、下方アングルからあおって自撮りするのはやめておいたほうがいいでしょう。下方からの撮影は鼻の穴が強調されたり、あごのラインが通常より丸みをおびて見えたりするもの。普段よりかわいさ・かっこよさが、下がって見えてしまいがちです。

特に、夜間や屋内で明るさが足りないからと、スマホのライトで照らしながら、下方アングルから自撮りするのはおすすめできません。照明で鼻の穴やあごのラインがより目立ってしまい、見る人にマイナスの印象を与えてしまうかも。

メイン写真/“服装・背景”の良い撮り方・気をつけるポイント

ファッションは、“自分がどう見られたいか”を表現するものですから、自身の気に入っているコーディネートでよいでしょう。

メイン写真なので顔を中心に撮る前提で考えた場合、服はトップスが写りこむ程度のため、顔と比べ印象を大きく左右する要素ではありません。

明るい印象を与えたければ、ホワイトやオレンジなどのトップス。大人っぽい印象に与えたいのであれば、ブラックやネイビーなどのトップスというように、色味に気を配るとよいかもしれません。

撮影場所は屋外でも屋内でもどちらでも大丈夫ですが、ゴチャゴチャした背景にならないように気をつけましょう。壁がとてもカラフルだったり、部屋の中でモノが溢れていたりする写真だと、本人の顔が目立たなくなってしまうことも。

また、画面全体が暗いと、その人まで暗い印象に見えてしまうこともあるので、全体的に明るい写真になるように心がけるとよいでしょう。

昼の屋外であれば自然光で撮影できますし、屋内でも窓の近くで撮れば自然光を利用できるので画面全体のトーンが明るくなりやすいです。ただ、夜間は屋外内どちらも画面全体が暗いトーンになりがちなので注意して撮影してくださいね。
ちなみにサブ写真にメイン写真とは違うシチュエーションで撮影した顔写真を載せる人も多いです。サブ写真に顔写真を載せる場合もこのメイン写真パートで紹介した方法で撮影してみてください。

ストアバナー

[男女共通]サブ写真の撮りかたのコツ

彼女を撮影する彼氏

サブ写真/“全身”の良い撮り方・気をつけるポイント

メイン写真では自分の顔を写している人が一般的でしたが、顔に寄った写真では全体の雰囲気が伝わりにくいですよね。なので、サブ写真で全身、もしくは膝上から頭までが写った写真を載せていると気になるお相手のことをもっとよく知れるので「いいかも!」がもらいやすいです。

コーディネートを見てもらうことにもなるので、顔だけではなく全体の雰囲気が伝わるという効果を期待できるでしょう。

ただし、鏡越しの自撮りで全身を写すことは避けた方がよいでしょう。スマホを持っている手で顔が隠れてしまったり、洗面所やトイレなどの照明は顔が暗く写ったりなどして、あまりかわいい・かっこいい写真になりにくいんです。

引きで写真を撮るのであれば、友達と買い物にでかけたときなどにおしゃれな街並みやおしゃれな壁をバックに撮るといいのではないでしょうか。

また、棒立ちで写ると不自然になってしまいますので壁に寄りかかったり膝をまげたりして力の抜けたポージングができると上級者ですね。

サブ写真/“趣味”の良い撮り方・気をつけるポイント

趣味に関するサブ写真を載せておくことで、あなたの外見以外の情報を伝えられるでしょう。また、マッチング後のメッセージで話題にあげやすいので、メッセージのやりとりを盛りあげる役割にもなりますね。

さて、趣味についてのサブ写真は、自分が写っているパターンと自分が写っていないパターンがあります。

自分が写っているパターンでは、スポーツ観戦が趣味であれば観戦中に熱狂している姿、キャンプが趣味であればBBQを楽しんでいる姿など趣味を満喫している姿で写ることになるでしょう。

熱中している、楽しんでいるといった自分の姿は、自撮りではなく友達や家族に撮ってもらうのがおすすめです。

自分が写っていないパターンでは、料理が趣味であれば手料理の写真、アートが趣味であれば好みのグラフィックの写真などを撮れればOKですので自撮りで問題ないでしょう。

サブ写真/“レジャー”の良い撮りかた・気をつけるポイント

友達とテーマパークへ遊びにいったとき、フェスに参戦したとき、旅行したときの写真などのレジャー系はサブ写真としてうってつけの素材でしょう。

素で楽しんでいるときの笑顔や友達とわちゃわちゃ絡んでいるときの姿は、異性のユーザーに好印象を与えやすいんです。

こちらは自撮りでも友達や家族に撮ってもらっても大丈夫ですが、ポイントは本当に楽しそうな姿を写すということ。

メイン写真のようにな細かく表情や構図を考えるというよりも、その場の楽しい雰囲気をきりとることに意味があるため、あまりカメラを意識しない方が良いサブ写真となりそうですね。

友達も写ってしまっている場合は、友達の顔はスタンプで隠すなど顔が分からないように加工するのがマナーです。

[女性向け]メイン写真/おすすめ写真&残念な写真

頬杖をつく女性

メイン写真/おすすめ写真① すっぴん風ナチュラルメイク

女性のすっぴんが好きという男性は多いもの。とはいえ、本当のすっぴんを載せる必要はありません。要するに、男性にすっぴんだと思ってもらえればよいので、すっぴん風のナチュラルメイクなら男性からの好感度が高くなるでしょう。

メイン写真/おすすめ写真② 肌ちょい見せコーデ

肩見せやノースリーブのトップスなどで、肌をちょい見せしたファッションは、その写真を見た男性をドキッとさせらるため興味をもってもらいやすいかも。ただし、極端に肌を見せると下心を持った男性ばかりから「いいかも!」してくる可能性があるため、あくまでちょい見せを意識してみてくださいね。

メイン写真/残念な写真① 盛り盛りの濃すぎメイク

アイシャドウ濃すぎ、マスカラ塗りすぎ、チーク濃すぎ、などのあきらかに盛りまくっているメイクは男性から不評を買うことも…。男性は、「もともとの顔がよくわからない」「ごまかされてる気がする」と感じ「いいかも!」をためらってしまうのかもしれません。

メイン写真/残念な写真② 顔が分からないほどアプリで加工してある

動物の耳や鼻やひげなど自動で顔に装飾してくれる加工アプリを使った画像をメイン写真にしている女性は少なくありません。適度な加工なら男性も「可愛いな」と思ってくれるでしょう。ただ、もとの顔が分からないほど加工しまくっていると、ちょっと引いてしまう男性もいるかもしれません。

メイン写真/残念な写真③ あからさまな上目遣い

ほどほどの上目遣いであれば、男性から好意的に見てもらえるでしょうが、角度があからさますぎると、“あざとさ”が見え隠れしてしまい、男性が引いてしまうことも…。

[女性向け]サブ写真/おすすめ写真&残念な写真

サブ写真/おすすめ写真① ペットとたわむれている姿

愛犬や愛猫とたわむれていたり、くつろいでいたりする姿をアップすることで、「優しそう」というイメージを抱いてもらいやすくなるでしょう。同じようにペットを飼っている男性から共感が得られマッチングしやすくなるかもしれません。

サブ写真/おすすめ写真② 楽しそうにお酒を飲む姿

楽しそうにお酒を飲んでいる写真からは気さくな雰囲気が漂って、良い意味で男性からアプローチしやすくなるもの。自分自身もちょい飲みデートがOKならぜひおすすめのカットです。マッチング後、男性から「お酒お好きなんですか? 今度一緒に飲みませんか?」と、おさそいを受けやすくなることもあるでしょう。

サブ写真/おすすめ写真③ 他撮りの自然体の写真

上記の「楽しそうにお酒を飲む姿の写真」と通ずる話ですが、何をしている写真かというのにかかわらず、自然体の写真は異性から高評価です。自撮りのほうがレンズが近い分顔も近も分かりやすく写真映りの良い角度で撮れるでしょうが、だからこそ、「自撮りがかわいいだけかも」という疑念も生まれます。

その点、他撮りのほうが「これが真の姿だろう」という安心感がありますし、楽しそうにしている姿がいいというのはもちろん、そんなふうに撮ってくれる友達がいるという明るい印象にも繋がります。「盛れる自撮り」よりも、「自然体の他撮り」のほうが、結果として明るくポジティブな印象につながり、なおかつ信頼感も増す、ということですね。

ただし、他の友人も映り込んでいるものはNG!どちらがあなたの写真なのか分かりにくいですし、アプリという不特定多数が見る場所に友達の写真をさらすという配慮のなさはマイナスイメージです。また、まわりに男性がいそうな写真もNG。異性の友人もいるでしょうが、異性の影がちらつくものはどことなく軽い印象につながるので、プロフィール写真にはおすすめしません。

サブ写真/残念な写真① 高額なブランドもの

ハイブランドの服を着ていたり、バッグ持っていたりする写真を載せると「僕の経済力ではつきあうのはむずかしいかも」と、男性が臆してしまうこともありそうです。

サブ写真/残念な写真② 威圧感のあるサングラス

海水浴やBBQなど屋外でサングラスをかけている写真をアップすると、それを見た男性が威圧的なイメージを抱いてしまい、「いいかも!」しにくくなることも…。レンズの面積が大きいほど威圧感は増してしまうかもしれません。

サブ写真/残念な写真③ 恥ずかしさ隠しの変顔

いくらスマホに向かってニッコリするのが苦手だとしても、恥ずかしさ隠しの変顔は載せないほうが無難かもしれません。男性から「楽しそうな人だな」とは思ってもらえるかもしれませんが、恋愛対象から外されてしまう可能性も…。

[男性向け]メイン写真/おすすめ写真&残念な写真

メイン写真/おすすめ写真① 海などのアウトドアが背景

顔を大きく写したメイン写真の場合、基本的にはあまり背景は写りません。ですが、背景にチラッと海や川などが写っていると、女性はその男性にアクティブな印象を抱くのではないでしょうか。顔と上半身をあえて中心から少しずらして背景の海などが見えるように撮るのがポイントでしょう。

メイン写真/おすすめ写真② 目線を外した自然な笑顔

男性の場合、あまりキメすぎず、“ふとした瞬間を勝手に友達に撮られた”といった雰囲気のメイン写真が女性から好意的に見られることも。目線をカメラに向けずにナチュラルに微笑むのがポイントかもしれません。

メイン写真/残念な写真① カメラ目線でキメている

メイン写真はカメラ目線でもOKなのですが、微笑まずにクールでキリッとした表情だと、女性から「ナルシストっぽい!」と思われてしまうことも。笑顔が苦手でどうしてもクールな表情になってしまうならば、カメラから目線を外した方が印象は良いかもしれません。

メイン写真/残念な写真② 自宅の洗面所で自撮り

わざわざ気合いを入れて撮る必要はないと考えているのか、自宅の洗面所の鏡と照明を使って自撮りをする男性もいるかもしれません。ただ、洗面所での自撮りは手抜き感や悪い意味での生活感が漂ってしまうため、女性からの評判はあまりよくないんです…。

メイン写真/残念な写真③ snowなどのアプリで加工した写真

snowなどの写真加工アプリは当然映りが良くなったり、かわいらしい写真になります。日常的に使っている女性も多いので、むしろ使った方が親しみやすくなる…?と考える男性もいるかもしれませんが、これはNG。絶対避けるべきです。

そもそも加工アプリでの写真=実際とは違うということですから、「実際はイマイチなんだろうな」と女性に感じさせてしまいます。また、アプリで顔にスタンプをしたりしているのも、チャラついた印象になり、こちらもマイナスです。

さらに言えば、そういった「ちょっと遊び心のある写真」は、もともと仲のいい関係だからこそ楽しめるだけで、初対面で見れば「いい歳した大人が何やってんだ」という痛々しさしか生まれません。

基本的に加工アプリは使わない、使うとしても色味や明るさを調整するのみにとどめておきましょう。加工アプリで実物以上に良く見せたって、実際に会うときに悪いギャップが生まれるだけで、良いことはありませんからね!

[男性向け]サブ写真/おすすめ写真&残念な写真

サブ写真/おすすめ写真① スポーツを楽しんでいる姿

ボルダリング、フットサル、ランニング、スノボー、サーフィンなど、アクティブな趣味を持っていると女性からの好感度が高くなりやすいでしょう。健康的に見えるのはもちろん、マッチング後に「ボルダリング好きなんですか?」など女性から会話のきっかけにしやすくなるのでメッセージが盛りあがるかも。

サブ写真/おすすめ写真② 美味しそうに食べている姿

自分の好きな食べ物を美味しそうにほおばっている写真をアップしておくと、気さくな雰囲気がぐっと高まり女性側からアプローチしやすくなるのではないでしょうか。マッチング後、おすすめのグルメを教えあうご飯デートにも繋がるかもですね。

サブ写真/残念な写真① 今さらパリピ感をアピール

ネオンカラーのトップスにミラーレンズのサングラスをかけ、クラブなどでアガッているパリピ感出まくりの写真。クラブ好きやフェス好きの女性には、引かれないかもしれませんが、それ以外の女性からは「今さらパリピですか…」と、ドン引きされてしまう可能性も…。

サブ写真/残念な写真② アニメのコスプレやTシャツ姿

サブ写真での趣味アピールは基本的にはおすすめです。ただ、オタクカルチャーへの理解がまだ浅い女性がいることも確かなので、アニメのコスプレ姿やアニメキャラのTシャツ姿の写真などは、「趣味を否定するつもりはないけどわたしには合わなそう」と、敬遠されてしまうこともあるかもしれません。

マッチングアプリのメイン写真とサブ写真について、紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

どうして写真にこだわるべきなのか? 写真にこだわるとどういうメリットがあるのか? どういう写真が好感度を上げるのか? など、おわかりいただけたかと思います。

特にメイン写真は、マッチングアプリにおける第一印象となりますので、自身の顔を載せることをおすすめしています。メイン写真のよしあしで、「いいかも!」の数に大きく差が出ることもありますので、できるだけこだわった写真を用意しましょう。

ストアバナー

ライター:A4studio
雑誌、ムック、書籍、WEBサイトの編集・執筆などをメインに手掛ける編集プロダクション。出会い、恋愛などをテーマにした記事の実績も多数。
恋活・婚活の新スタンダード
マッチングアプリの
出会いって?
マッチングアプリとは、さまざまな目的で出会いたい人たちを結びつけるアプリで、おもに恋活・婚活目的が最近では主流です。

2018年時点で恋活・婚活をするためにマッチングアプリを利用する人が44%と合コン・街コンを抜いて1位になりました。

タップルは毎月7,200人に
恋人誕生中のマッチングアプリ!

タップルは毎月7,200人に恋人誕生中のマッチングアプリ!

タップル利用をきっかけに出会い、マッチングアプリでしあわせになった
カップルたちからの報告が毎日増え続けています。

タップル利用をきっかけに出会い、マッチングアプリでしあわせになったカップルたちからの報告が毎日増え続けています。

タップルレポートをもっと見る
使い方はカンタン3ステップ
使い方はカンタン
3ステップ

好きなことをクリックしたら、異性の写真を選ぶだけ♪ 相手から「ありがとう」がもらえればメッセージのやりとりができます。
会員登録は男性・女性共に完全無料です。
会員登録後、男性はお相手を選んでマッチングが成立するまで無料で体験出来ます。

1
2
3
1

自分に興味があるものを
選択してください。

Step 1 Step 1
2

好みの異性をチョイスして
アプローチしましょう。

Step 2 Step 2 Step 2
3

お互い「いいかも!」と思ったら
メッセージを送ることができます。

Step 3 Step 3

国内No.1 趣味でつながるマッチングアプリ

1分で完了!カンタン無料登録
Webではじめる アプリではじめる

すでにアカウント登録済みの方は

「タップル誕生」は高校生を除く、
満18歳以上の独身者向けサービスです。

タップルで恋活しよう
毎月7,200人に恋人誕生中!今すぐカンタン無料登録!
毎月7,200人に恋人誕生中!
今すぐカンタン無料登録!
高校生を除く、満18歳以上の独身者向けサービスです。
Webで
はじめる
アプリで
はじめる