「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
仕事をする女性
2021.4.29

出会いのきっかけはどこにあるの?社会人流の彼氏彼女の作り方とは

社会人に出会いが少ない理由

仕事をする女性

「学生に比べ、社会人は出会いが少ない」と感じられるのは、いったいどうしてなのでしょうか。主な理由を確認していきましょう。

仕事に時間を取られてしまう

社会人に出会いが少ない理由として、まず挙げられるのが仕事に割く時間が多く、出会いのための時間が取れないというものです。

職種や職場環境にもよりますが、一般的に、社会人の生活は仕事中心になりがちです。

1日の大半を職場で過ごし、時には残業もするとなると、平日に取れるプライベートの時間はほとんどないといっても大げさではありません。

学生時代にプライベートを満喫し、たくさんの出会いに恵まれていた人ほど、そのギャップから「社会人は出会いのきっかけがない」と感じることになるのです。

行動範囲が狭くなりがち

仕事に割く時間が多い社会人は、学生に比べて行動範囲が狭くなりがちです。

一般的な学生が、学校・アルバイト・サークル・飲み会など、曜日や時間帯にとらわれず活動している一方で、社会人には「行動範囲は自宅から職場にかけてのみ」という人が少なくありません。

新たな出会いは、基本的に新しい環境の中で生まれるものです。

決まった行動範囲の中で生活をしている以上、「出会いのきっかけがない」と感じるのも無理もないことといえるでしょう。

実は出会いのきっかけはあちこちに?

会社のミーティングルーム

学生時代に比べて出会いの数が減りがちとはいえ、社会人には出会いのチャンスがないのかといえば、決してそんなことはありません。

社会人がチェックしたい出会いのきっかけを紹介します。

職場の関係を見直す

社会人が出会いを探すなら、まずは仕事にまつわる人間関係を洗い直してみるのがおすすめです。

というのも、一緒に過ごす時間が長く、お互いの人柄や価値観について深く知ることができる職場というのは、本当に相性のよい異性を見極める上でこれ以上ない環境だからです。

日々、何気なく一緒に過ごしている職場の異性の中に、実はあなたにとって理想的な異性が潜んでいるかもしれません。

友達に紹介してもらう

「出会いを次へとつなげるのが苦手」という社会人の出会いのきっかけとしておすすめなのが、友達に紹介してもらうという方法です。

出会いがあっても次のステップへとなかなかつながらない人は、多くの場合、自分が惹かれる異性のタイプと実際に相性のよい異性のタイプとが一致していません。

その点、友達の紹介であれば、第三者の目であなたと相性のよい異性を見繕ってもらえます

共通の友達がいることから会話も弾みやすく、トントン拍子に関係を深めることができるでしょう。

趣味の時間も出会いの場に

「大人数でワイワイ楽しむのが好き」「できるだけたくさんの異性と出会いたい」そんな人は、趣味を利用して出会いを探すのがおすすめです。

人と人とが交流を深める上で、共同作業をするというのはとても効果的な方法です。一緒に趣味を楽しめる場は、まさに理想的な出会いのシチュエーションといえるでしょう。

なお、出会いにつなげるのであれば、スポーツや料理など、一緒に楽しむ中で自然に会話ができるタイプのものがベターです。

趣味の時間を出会いの場にすることにより、共通の趣味を持つ恋人との幸せな日々を実現できるかもしれません。

出会いのきっかけを有効につかう方法

化粧をする女性

どんなに出会いのきっかけに恵まれていても、そのチャンスを生かせなければ思うような結果を得ることはできません。

訪れたチャンスを有効につかうために意識したいポイントをチェックしていきましょう。

普段から身だしなみに気を付ける

「出会いのきっかけを有効につかいたい」と望むなら、第一に意識したいのが身だしなみです。

人の印象は、その大半が第一印象で決まってしまいます。あなたがどれだけ魅力的な人物であったとしても、第一印象で「この人はちょっと…」と思われてしまえば、残念ながら恋愛対象にはなれないでしょう。

とはいえ、ここで求められているのは、社会人としての最低限の身だしなみです。必要以上に身に着ける物にお金をかけたり、センスをアピールしたりする必要はありません。

清潔感やTPOを意識した身だしなみを心がけることで、異性に好印象を与えるのはもちろんのこと、あなた自身が自信を持って堂々と振る舞えるようになるはずです。

受け身にならず積極的に

相手からの行動を待つのではなく、自分から積極的に動くというのも、出会いのきっかけを有効につかう上での大切なポイントです。

出会った異性がこの上なく相性のよい相手だったとしても、お互いに受け身なまま相手の出方を待っていては、関係が進展することはありません。

自分から動けば動くほどにチャンスは増えること、また、自分から動かなければたくさんのチャンスを棒に振ってしまうという点を肝に銘じておく必要があるでしょう。

焦って結果を出そうとしない

出会いのきっかけを手にすることができたなら、すぐに結果を求めず、じっくりと2人の関係を深めていきましょう。

中には、ちょっとしたテンポの違いや違和感から「何だか合わないな」と早々に見切りを付けてしまう人もいますが、これはあまりにももったいないことです。

もしかすると、相手は人見知りなどが原因で出会って間もない相手とは思うようにコミュニケーションを取れないだけなのかもしれません。

本当に相性のよい異性を見逃してしまわないためにも、焦って結果を出そうとするのは避け、長い目で2人の関係を育んでいくのがおすすめです。

忙しい人におすすめなのはマッチングアプリ

スマホを見る女性

仕事にプライベートにと、日々忙しく過ごしている社会人が出会いを探すなら、マッチングアプリの利用がおすすめです。その理由を詳しく確認していきましょう。

実はたくさんの人が利用している

マッチングアプリの利用について「周りにつかっている人がいないから…」と、不安を感じる人は多いのではないでしょうか。

しかし、立教大学の学生と株式会社ネオマーケティングが共同で行った調査によると、「恋人が欲しい」と考えている20~30代の未婚男女の内、実に21.5%がマッチングアプリの利用経験があると回答しています。

20~30代の未婚男女のおよそ5人に1人がマッチングアプリを利用していると考えると、マッチングアプリの認知・利用度は一般的に考えられているよりも高い水準にあるといってよいでしょう。

参考:なぜマッチングアプリは”当たり前”になりつつあるのか?立教大学経営学部の学生が気になることを大調査!!全国の20~39歳の未婚の男女に聞いた「マッチングアプリに関する調査」|株式会社ネオマーケティングのプレスリリース

マッチングアプリのメリット

では、忙しい社会人の出会いのきっかけとしてマッチングアプリが選ばれる理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

以下、マッチングアプリならではのメリットを紹介します。

  • ちょっとしたスキマ時間で出会いが探せる
  • 出会いを探している人限定で出会える(相手に恋人がいるなどのミスマッチがない)
  • 普段は出会えないような人と出会える
  • 希望条件で相手を絞り込める
  • いきなり顔を合わせる必要がない

出会いのために時間を割く必要がなく、自分のペースで希望条件に合った相手と効率的に出会えるのは、ほかの出会いでは実現できないマッチングアプリならではの魅力といえるでしょう。

マッチングアプリで恋人を作るコツ

スマホを持つ男性の手

社会人の出会いのきっかけとして有効なマッチングアプリですが、では、実際にマッチングアプリをつかって恋人を作るにはいったいどうすればよいのでしょうか。

あらかじめ覚えておきたい恋人作りのコツを紹介します。

写真やプロフィールにこだわる

出会いを次の展開へと進める上で、第一印象はとても重要な要素ですが、マッチングアプリでもそれは同じです。

特にマッチングアプリの場合、写真とプロフィールのみでしかお互いを知ることができないため、ここでどれだけ自分の魅力をアピールできるかによってチャンスの数は大きく変わることになるでしょう。

意識したい具体的なポイントとしては、見る人に明るい印象を与えられる笑顔の写真を選ぶ・出会いへの真剣度が伝わるよう、丁寧で漏れのないプロフィールを用意するといった点が挙げられます。

アプリ上にあなたが表示されたとき、異性が思わず「人柄のよさそうな人だな」「この人と仲良くなってみたい」と感じるような写真やプロフィールを用意することが大切です。

メッセージは基本礼儀正しく

マッチングアプリの出会いは、マッチングが成立すればそのまま恋人になるというワケではありません。

まずはメッセージのやりとりでお互いの相性を見極め、お互いの合意のもと関係を進展させていくのが一般的な流れです。

つまりこれは、メッセージのやりとりで相手に不快な思いをさせてしまえば、2人の関係はそれ以上進展しないということでもあります。

必要以上に気をつかう必要はありませんが、いきなりのタメ口や、早々にLINEや電話番号といった個人情報を聞き出そうとするような行為は基本的に避けましょう。

相手への敬意を忘れず、礼儀正しいメッセージを意識することがマッチングアプリでの出会いを成功させるコツといえるでしょう。

デートに誘うのは早めがおすすめ

相手をデートに誘うなら、「少し早いかな?」と感じるくらいのタイミングがおすすめです。

というのも、マッチングアプリの出会いでは、相手を警戒させないようにという配慮からお誘いのタイミングを逃してしまい、関係が自然消滅してしまうといったケースが多く見られるからです。

具体的な目安としては、マッチング後2週間程度が早過ぎず、かといって遅すぎないベターなタイミングです。

仮に、相手の趣味がカフェ巡りであるのなら、このタイミングで「よさそうなカフェを見つけたんですけど1人では行きにくくって。一緒に行ってみませんか?」など、さり気なくお誘いをしてみましょう。

過剰にデート感を出さない誘い方をすることで、相手も気負わずあなたの誘いに乗ることができるはずです。

まとめ

仕事に時間を取られ、行動範囲が狭くなりがちな社会人は、学生に比べて出会いが少ない傾向にあります。

そんな社会人が出会いのきっかけを探すなら、職場の人間関係を見直す・友人に紹介してもらう・趣味をきっかけにするといった方法のほか、マッチングアプリの利用もおすすめです。

スキマ時間に自分のペースで希望条件に合った異性との出会いがかなうマッチングアプリは、忙しい社会人の出会いのきっかけとして申し分のないツールといえるでしょう。

自分に合った出会いのきっかけを生かし、すてきな恋人との幸せな未来を手に入れましょう。
出会いを見つける

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る