「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
パーティーで乾杯をしているシーン
2021.4.29

あなたにぴったりの婚活方法は?タイプ別の特徴と成功ポイントを紹介

婚活にはどんな方法がある?

パーティーで乾杯をしているシーン

「婚活をしよう」と決めたとき、まず考えるべきは「どんな方法でスタートするか」です。あなたの性格やシチュエーションにマッチしていて、ストレスの少ないものを選びましょう。

婚活パーティー

「パーティー」と言いつつもカジュアルなものが多く、必ずしも華美なドレスをまとって「婚活!」と構える必要はありません。

種類としては主に次のようなものがあります。

  • 対面形式
  • 個室形式
  • ツアー形式
  • レジャー形式

このうちオーソドックスなのが対面形式です。参加者は各自番号とプロフィールカードを持ち、制限時間までさまざまな異性と交流します。最後に気になる相手の番号を伝え、マッチングすればカップル成立です。

個室形式もほぼ同じスタイルですが、「会話は個別で行われる」点が異なります。

一方、ツアー形式とレジャー形式は、遊びやレジャーを通して男女の交流を深めます。バーベキューやスポーツなどの楽しいイベントが多く、気軽に参加できるのが魅力です。

婚活アプリ

婚活アプリは、オンライン上で行う婚活です。ユーザー数100万人以上のアプリもあり、出会いのチャンスは豊富にあります。

スマホ一つで完結するため、婚活する上での手軽さ・気軽さは1番かもしれません。

また、婚活アプリのメリットとして、複数人と並行してやりとりできる点があります。やりとりしながら人数を絞り、最終的に好印象の人だけを残すということが可能なためムダがありません。

婚活アプリの種類はさまざまありますが、基本的な使い方は同じです。

  1. 会員登録する
  2. プロフィールや相手に求める条件を詳細に入力する
  3. 好みの相手にいいねする
  4. 相手もいいねを返してくれたらマッチング成立
  5. メッセージのやりとりをする

マッチング後は2人だけでメッセージを交わします。ここでお互いに印象がよければ、さほど間を置かずに「会おう」という流れになるでしょう。

結婚相談所

結婚相談所は、結婚したい男女に出会いの場やおすすめのお相手を紹介する、婚活サービスのプロです。

利用したい人は会費を支払って入会し、会員の中から条件に合う人を紹介してもらいます。

「婚活の本気度が高い人が多い」「スタッフがフルサポートしてくれる」などの特徴から、会員は「絶対に結婚したい」という強い意志を持った人が少なくありません。

結婚相談所は大きく「仲人型」「データ活用型」に二分されます。

「仲人型」は、会員付きの担当者が、婚活の全てを取り仕切ってくれるスタイル、「データ活用型」は、会員データから好印象の相手を自分で探すスタイルです。

スピーディーに婚活したい場合は前者、マイペースに婚活したい場合は後者がよいでしょう。

自分に合う婚活方法の選び方

バラのが置かれたテーブル

「婚活の方法は分かったけれど、自分にはどれが合っているんだろう?」と感じた人は、自分の性格やニーズとしっかり向き合うことが大切です。

それぞれの婚活スタイルにマッチするのはどのような人なのか、詳しく見ていきましょう。

自己アピールができるなら「婚活パーティー」

婚活パーティーでは、社交性やコミュニケーション能力の高い人が有利です。あなたが他人と話すのが苦手ではなく自己アピールも得意なら、婚活パーティーが向いているでしょう。

また、婚活パーティーは対面したときの印象がほぼ全てです。学歴や年収などはひとまず後回しにされるため、自身のスペックに自信を持てない人も参加しやすくなります。

ただし、フィーリングの占める部分が大きい分、見た目の印象がよい人に人気が集中しがちです。どちらかというと自分の外見に自信のある人の方が、お相手を見つけやすいでしょう。

スキマ時間を利用するなら「婚活アプリ」

婚活したくなったら、婚活アプリを開いてお相手を探すだけです。時間も場所も問わないため、通勤・退勤時間やちょっとしたスキマ時間を活用できます。

加えてマッチング後の連絡は、基本的にメッセージのみです。必ずしもクイックレスポンスが必須ではなく、忙しい人もマイペースに婚活できます。

また婚活アプリなら、人と話すのが苦手なことは必ずしもデメリットになりません。対面コミュニケーションが苦手な人でも、婚活しやすいといえるでしょう。

サポートがほしいなら「結婚相談所」

仲人型の結婚相談所なら、専門のカウンセラーやコンサルタントが婚活プランの設定からお相手紹介までをトータルでサポートしてくれます。

孤独や不安を感じやすい婚活でも心が折れにくく、モチベーションをキープしやすいのが魅力です。

また、結婚相談所の中には、婚活を成功させるためのセミナーや講習を開催するところもあります。積極的に参加すれば、自分自身をよりブラッシュアップできるでしょう。

ただし結婚相談所は、ほかの婚活方法と比較して高額です。料金は一概にいえませんが、年間コストが500,000円を超える結婚相談所も散見されます。

結婚相談所を利用する際は、費用とサービスのバランスをしっかりと見極める必要があるでしょう。

婚活を成功させるためのポイント

ワイングラスを持つ女性

どのような婚活方法を選ぶにせよ、何となく婚活していたのでは成功率は低くなります。婚活を始める場合は、「成功のポイント」を意識して実践していくことが大切です。

婚活を成功させるポイントとは何なのか、具体的に見ていきましょう。

結婚相手の条件を明確にする

婚活の前に「結婚生活を送るならこんな人」という具体的な基準を明確にしておきましょう。

基準が曖昧だと、相手と会ったときに「アリ」「ナシ」の判断ができません。全く好みではなかったり条件が違ったりする人とつながりやすく、婚活が非効率的になってしまいます。

ただし注意したいのが、あまりにも条件を付け過ぎると相手がいなくなることです。

実際のところ、理想の相手に巡り会うのは簡単なことではありません。「年収」「外見」などについて譲れるところは譲り、ときには条件を下げていくことも大切です。

婚活の条件を考えるときは、絶対に譲れない条件を三つ挙げ、ほかの条件については「臨機応変に対応する」とすればよいでしょう。

積極的に行動する

婚活を制する人は、出会いにどん欲な人です。婚活すると決めたら、出会いを求めて積極的に行動しましょう。

「婚活を始めたら、すぐに理想の相手が見つかった」、これはごくレアなケースです。

現実では付き合うまでに「50人以上と会った」という人も少なくありません。

数人とやりとりしただけで「うまくいかない…」と諦めず、「どこかに自分に合う人がいるはず」とポジティブに行動するのがおすすめです。

また、婚活アプリなどで気を付けたいのが、「マッチングできた」と満足しないことです。メッセージだけでは、相手のリアルな姿は分かりません。「気が合う」と感じたら、まずは会って相手を見極めるようにしましょう。

相手のよいところを見る

婚活では「○○が嫌だ」「苦手だ」で終わってしまう人ほど、なかなか相手を見つけられません。相手の欠点を見つけては減点していくため、ほとんどの人が「ナシ」に分類されてしまうのです。

婚活で結婚している人は、相手の短所よりも長所を重視します。少しくらい嫌なところが見つかっても、「この人はここがすてきだし」と前向きにとらえて気にしません。

「服装の趣味はイマイチだけれど優しくていい人だな」「優しくていい人だけど服装の趣味がイマイチだな」、どちらも言っていることはほぼ同じですが、婚活に成功しやすいのは前者です。

婚活で好印象を与える方法

アジア人女性が笑っているところ

婚活の成否は、いかに相手に好印象を与えられるかにかかっています。第一印象で「感じのよい人だな」と思ってもらえるよう、対面時の様子や振る舞いには注意しましょう。

婚活で異性と会うとき、好印象を与える方法を紹介します。

常に笑顔で接する

男女問わず、第一印象を良くしたいなら笑顔は必須です。ポジティブで明るい人と思われやすく、話し掛けやすい雰囲気になります。

基本的に、知らない異性と会うのは緊張するものです。不安な気持ちから無表情になってしまうことは多々ありますが、緊張は相手にも伝染します。

あなたにつられて相手まで固い表情になってしまっては、お互いが打ち解けるのに時間がかかってしまいます。

異性と初めて会うときは、鏡の前で笑顔の練習をしてみてはいかがでしょうか。口角を上げるように努めるだけでも、表情はグッと柔らかくなります。

清潔感を大事にする

婚活では「見た目が重要」と言われがちですが、「おしゃれをしていればOK」というワケではありません。どんなに最先端のファッションに身を包んでいても、「清潔感がない」と感じられれば敬遠されてしまいます。

清潔感とはどのようなものなのか、男女別に見てみましょう。まず女性の清潔感のポイントは以下の通りです。

  • つやのあるきれいな髪
  • 長過ぎず派手過ぎないネイル
  • コンディションのよい肌
  • ナチュラルメイク
  • シンプルでシワや汚れのない服装
  • 華美過ぎないアクセサリー

一方、男性の清潔感のポイントは、以下のようなものです。

  • ヒゲやムダ毛のお手入れが行き届いている
  • バランスのよい体形
  • 整った髪・肌
  • シンプルでシワや汚れのない服装
  • タバコ臭がない

基本的に、清潔感がある人とは、相手を不快にさせない人です。初めて異性と会うときは、身だしなみや言葉づかい・態度について、十分に注意しましょう。

聞き上手になる

初対面から自分のことばかり話す人は、自分本位な印象を与えやすくなります。相手の話に興味を示して耳を傾ける聞き上手な人の方がモテるでしょう。

「この人話しやすいな」「話していて楽しいな」と思われれば、それが「感じのよい人だな」「もっと会いたいな」にスイッチしていくのです。

聞き上手になるためのポイントは、相手を否定しないことです。相手の話には笑顔で相づちをうち、先を促しましょう。

婚活で悪印象を与えるNG会話

手にばつ印のメモを張っている女性

婚活で対面する異性とは、一定の礼儀を持って接しましょう。会話しているときも相手はあなたの考え方や性格についてチェックしているかもしれません。

好印象を狙うなら、相手が不快に感じることは口にしないようにすることが大切です。婚活で避けたいNGな話題を紹介します。

愚痴や悪口などのネガティブな内容

愚痴や悪口の多い人は、ネガティブな印象です。話していても楽しいとは感じにくく、早々に「ナシ」と判断される可能性が高いでしょう。

たとえあなたにそのつもりがなかったとしても、愚痴や悪口に聞こえる話題は避けるのが無難です。

婚活をしている人は「将来を共にする人」を探しています。ネガティブな人よりポジティブな人がよいのは当然で、一緒にいて楽しいと思えない人は好印象を持たれません。

愚痴や悪口のほか、品のない話題なども避けるのがベターです。

プライバシーに踏み込んだ質問

「年収はどのくらいですか?」「どちらにお勤めですか?」などは、ストレート過ぎる質問です。不快感を覚える人は多く「感じ悪いな」と敬遠されやすくなります。

「婚活なのだから、相手の条件を知ることは大切」と思う人もいるかもしれません。

しかし、最初から相手のスペックばかりに興味を持つ人は、人の外側しか見ていない印象を与えます。「計算高そう」「スペックで人を選びそう」などと思われて、お相手を見つけるのが難しくなるでしょう。

まとめ

「結婚したい」と考える人の婚活方法には、「婚活パーティー」「婚活アプリ」「結婚相談所」などがあります。

気軽に始めるなら婚活パーティーや婚活アプリ、本気で腰を据えて相手を探したいなら結婚相談所がおすすめです。

ただし、いずれの方法を選んだとしても、常に自分をブラッシュアップしていくことは必要です。

少しでも異性に魅力をアピールできるよう、婚活では笑顔やポジティブさ、清潔感などを忘れないようにしましょう。
行動してみる!

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る