「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
ボーっとする女性
2020.12.25

人生が楽しくないと感じる原因。毎日を充実させる方法とは?

人生が楽しくないと感じるとき

ボーっとする女性

そもそも、「人生が楽しくない」と感じてしまうのはどのようなときなのでしょうか。主なタイミングをチェックしていきましょう。

平凡な毎日を繰り返しているとき

人生を楽しめないタイミングとして、まず挙げられるのが代わり映えのしない平凡な日々を送っているときです。

これといった感動も刺激もないままに毎日同じことを繰り返すのは、景色の変わらない一本道を延々と歩き続けるも同然の行為にほかなりません。

このような状態では、どんなに安定を好む人であったとしても、いずれ「このままでいいのかな…」と疑問を感じる瞬間が訪れるでしょう。

人生を楽しんでいる人の日常生活は、絶えずさまざまな変化が起きているものです。人が人生を楽しむ上で、ある程度の刺激は必要不可欠なのかもしれません。

自分の思い通りにいかないとき

「どんなに努力しても報われない」「恋愛が思うようにうまくいかない」そんなときも、人生が楽しくないと感じるタイミングの一つです。

どんなにささいなことだったとしても、物事が思い通りに運ばないというのは大きなストレスになるものです。

ましてやそれが仕事や恋愛のような人生の一大事にまつわるものだった場合、心理的な負荷はとても大きくなってしまうでしょう。

思い通りにいかない現実に打ちのめされた人が、「人生が楽しくない」と感じるのは無理もないことといえそうです。

人生が楽しくない人の特徴

机にうつ伏せになる女性

人生の楽しみやすさは、個人の性格によっても大きく変わります。「人生が楽しくない」と感じやすい人に共通して見られる特徴を確認していきましょう。

ネガティブな性格

物事のマイナス面に自然と目が行ってしまうネガティブな性格の人は、そうでない人に比べ人生を楽しみにくい傾向があります。

このタイプの人は、心が踊るようなうれしい出来事があったり、何らかの分野で成功を収めたりしても、それを素直に喜ぶことができません。

「ぬか喜びになるのでは…」「次は失敗するかも…」と、つい悲観的な考えに傾いてしまうのです。

「楽しい」というのがポジティブな感情である以上、ネガティブな性格の人が人生を楽しみにくいのはむしろ自然なことといえるでしょう。

特にやりたいことがない

前向きに人生を楽しんでいる人は、多くの場合自分自身の欲求に正直です。

「これがやりたい」「あれが欲しい」と、たくさんの目標や夢を抱いてはその進展や結末に一喜一憂する日々を過ごしているでしょう。

たとえそれが趣味のような社会的・経済的に特別なメリットのないものだったとしても、やりたいことをやるというのはただそれだけで人生の充実度をグッと高めてくれる行為なのです。

対して、そもそもやりたいことがない場合、日常生活は仕事や家事のようなやらなければならないことのみで埋め尽くされてしまい、これといった充実感を得ることができません。

目の前の現実にただ流されてゆく日々の中で楽しさを感じるのは、やはりとても難しいことといえそうです。

新しいことへの挑戦が苦手

環境の変化に対する不安が大きく、新しいことに挑戦することが苦手なタイプの人も、人生を楽しみにくい傾向にあります。

このタイプの人は、無意識ながらも「無理をして失敗するくらいなら、現状維持でいい」という考え方をしがちです。

自分から何かに挑戦する勇気をなかなか持てないため、大きな失敗がない代わりに人生を切り開く原動力となるような成功体験を得ることもできません

安定した生活を送ることこそできるものの、「人生が楽しい」と感じられるような刺激や変化とは縁遠い日々を過ごすことになりがちでしょう。

完璧主義者

自分に厳しく、完璧を求めて高いハードルを課してしまいがちというのも、「人生が楽しくない」と感じやすい人に多く見られる特徴の一つです。

こうした完璧主義者タイプの人は、すでに手に入れているものよりも、まだ持っていないものに価値を感じやすい傾向にあります。

「まだ足りない」「もっとできるはず」と、何を得ようとも成し遂げようとも現状に満足することができません。

常に今以上のものを求め、満たされることがないがために「人生が楽しくない」と感じずにはいられないのです。

人生を楽しめない原因

頭を抱える女性

では、人が「人生を楽しめない」と感じる具体的な原因にはいったいどのようなものがあるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

嫌なことを続けている

環境や性格がどうあれ、自分の好きなことをしている人というのは基本的に人生を楽しんでいるものです。多少の不満や苦労があったとしても、前向きに人生に取り組むことができるでしょう。

対して、嫌なことを続けている人というのは、当然ながらネガティブな気持ちに支配されがちです。

「嫌だ」という自分の本音を押し殺していることもあって、日々ストレスが蓄積するのはもちろんのこと、精神的に追い込まれてしまうことも少なくありません。

人生に楽しさを見出すには、ガマンを当然のこととするのではなく、自分自身の心の声へと意識的に耳を傾ける姿勢が大切といえるでしょう。

自分を好きになれない

人が「人生が楽しめない」と感じる主な原因の一つに、自分のことが好きになれないというものがあります。

あらゆる感情や思考の源である自分自身を受け入れられないというのは、自分を中心とする世界そのものを受け入れられないということにほかなりません。

何をするにせよ「どうせ自分なんか…」という思考が先立ってしまうため、人生に対しても受け身かつ消極的になりがちです。

どんなに楽しく、幸せな気持ちになれるチャンスがあったとしてもつかみ取ることができず、結果として「人生が楽しくない」と感じることになるでしょう。

社会人は人生を楽しめない?

働く女性

社会人としての生活が長くなるにつれ、「学生のときと比べて楽しくないな」「あの頃はよかったな」と感じるようになる人は少なくありません。

社会人が人生を楽しめないとされる、その主な理由を確認していきましょう。

自由な時間が減ってしまう

社会人が人生を楽しめないとされる理由として、まず挙げられるのが自由につかえる時間が限られてしまうというものです。

一般的に社会人は、1日のうち多くの時間を仕事に費やします。職種や社風にもよりますが、連日のように残業が続くという人も珍しくありません。

そうした環境では、休日も体を休めるだけで終わってしまうことが多く、やりたいことがあったとしても実行は難しいといえるでしょう。

時間に余裕が持てない人は、おのずと心にも余裕がなくなります。学生時代にたっぷりと自由な時間があった人ほど、そのギャップから社会人になると「人生が楽しくない」と感じることになるでしょう。

人間関係で悩むことも

職場の人間関係にまつわる悩みも、社会人が人生を楽しみにくい主な原因の一つです。

学生時代の人間関係では、基本的に「合わないな」と感じた人と無理をして付き合う必要がありません。直接顔を合わせる回数を減らしたり、距離を置いたりすることも比較的簡単です。

しかし、社会人になると状況は一変します。職場では、「この人とは合わない」と感じたからといって感情のまま関係を断つことはできません。

それどころか、相手が先輩や上司といった目上の立場の人物だった場合、相手に嫌われないよう不本意な言動をせざるを得ないでしょう。

一緒に過ごす時間が長いこともあって、職場での人間関係は精神的な健康に大きな影響を与えます。

ここで悩みを抱えてしまうと、やはり人生を楽しむのは難しいといえるでしょう。

仕事が楽しくないときの対処法

yogaをする女性

では、実際に「職場が嫌だ」「仕事が楽しくない」と感じるようになってしまったら、どのように行動するのが正解なのでしょうか。おすすめの対処法を紹介します。

やりがいを見つけよう

仕事に楽しさを感じられないときというのは、多くの場合、仕事に対するやりがいを見失っているものです。

やりがいを感じられない場所で頑張り続けるのは、誰にとっても簡単なことではありません。

そこでおすすめなのが、仕事にまつわる小さな目標を作る・自分の仕事が誰かの役に立っていることをイメージするといった方法です。

目標をクリアしたり、誰かの役に立っている実感を得たりすることは、仕事に対するモチベーションの回復に大いに役立ってくれるでしょう。

たった一つのやりがいを見つけるだけで、仕事に対する考え方は驚くほど大きく変わることになるはずです。

趣味の時間を充実させよう

中には、仕事の内容や人間関係などが原因で、職場で過ごす時間そのものを苦痛に感じてしまうという人もいるのではないでしょうか。

そんなときは、無理に仕事を楽しもうとするのではなく、趣味の時間を充実させることに焦点を当てるのがおすすめです。

自分の好きなことに没頭する時間を持つことは、悩みのために狭くなっていた視野を大きく広げることにつながります。

また、趣味の仲間を通じて多様な価値観に触れる中で、仕事だけが人生ではないことを改めて実感できるでしょう。

場合によっては、生涯を通じて付き合える友人や恋人との出会いすらかなうかもしれません。

人生を楽しむコツ!

ジャンプする女性

「人生を楽しむのは、自分にはやっぱり難しいかも…」そんなふうに感じる人もいるかもしれませんが、心配はいりません。

いくつかのコツを押さえておけば、人生は驚くほど簡単に楽しめるものなのです。以下、特におすすめな人生を楽しむコツを紹介します。

出会いを大切にしよう

「人生を楽しみたい」と望むなら、訪れる出会いの一つ一つを大切に、真摯な姿勢で向き合いましょう

人生の充実度は、どんな人と関わるか次第といっても大げさではありません。

それが恋人であれ、友人であれ、心地よいと感じる人に多く出会えれば、それだけで毎日は楽しくなるものです。

仮に、第一印象で「この人は合わないかも」と感じることがあったとしても、まずは思い込みにとらわれず、一から相手を知る努力をしてみましょう。

勇気を出して話しかけてみたら、思いがけずとても気が合う人物だったというのはよくある話です。

「幸せな恋愛がしたい」という思いが強い人であればなおのこと、全ての出会いをチャンスと考えるくらいがちょうどよいのかもしれません。

周りと比較をしない

自分は自分と割り切って、むやみに周りと比較しないというのも、人生を楽しむために覚えておきたい大切なポイントの一つです。

どんな分野であれ、上には上がいるものです。自分の成功や価値・魅力を周囲との比較で判断する限り、いつまでたっても心から自分自身に満足することはできません。

「自分は周りと自分を比べがちだな…」と感じるのであれば、まずは自分と他人とは違う人間だということを再確認することから始めましょう。

比べる相手は、周りの他人ではなく過去の自分にすることで、自分自身を正当に評価することができるはずです。

環境を変えてみよう

「いろいろ頑張ってみたけれど、やっぱり人生が楽しくない」そんな人は、思い切って環境を変えてみるのもおすすめです。

実は人生を楽しめる状態にありながら、置かれた環境がマッチしていないがために、十分に満喫できずにいるという人は決して少なくありません。

もしもあなたがそのタイプであるのなら、違った環境に身を置くことで人生に対する感じ方をガラリと変えられる可能性があるでしょう。

なお、実際に環境を変えるにあたっては、引っ越しや転職といった大掛かりなものから、習い事や趣味を始めるといった気軽に挑戦できるものまでさまざまな方法があります。

自分の心に正直に、時には思い切った選択肢を選ぶことが、人生を心から楽しむための大切なポイントといえるでしょう。

自分磨きをしよう

楽しめない人生に一石を投じたいと思ったとき、ぜひ挑戦したいのが、外見・内面併せての自分磨きです。

似たタイプの人同士が自然と親しくなることからも分かるように、交友関係や環境は、その人の個性に大きく左右される傾向があります。

今の自分自身や置かれた環境に満足ができないのなら、第一に自分を変える努力をするのが効果的といえるでしょう。

特におすすめなのが、「あんな人になりたい」という人を見つけて親しくなったり、その外見や振る舞いを研究したりするといった方法です。

あなたが磨かれていくにつれ、関わる人や出来事も徐々によい方向へと変化していくことでしょう。

まとめ

「人生が楽しくない」と感じやすい人には、多くの場合ネガティブな性格・やりがいことがない・新しいことへの挑戦が苦手・完璧主義者といった共通する特徴があります。

これら性格的な特徴に加え、刺激のない平凡な毎日を過ごしていたり、自分を好きになれなかったりといった状況が加わることで、「人生が楽しめない」という気持ちが引き起こされるといえるでしょう。

そんな楽しめない毎日を克服するためには、周りと比較するのではなく、自分を磨く努力をすることが大切です。

自分が変わっていくことで自然と環境も変化して、充実した仕事や幸せな恋愛など、ワクワクでいっぱいな楽しい人生を実現することができるでしょう。
行動してみる!

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る