「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
男女の手でハート
2020.10.28

社会人が付き合うきっかけを作るには?出会い方から仲良くなる方法も

付き合うきっかけが作れない人の特徴

男女の手でハート

異性と付き合うきっかけが作れない人には、共通して見られるいくつかの特徴があります。まずは、その詳しい内容から確認していきましょう。

恋愛に対して消極的

異性と付き合うきっかけが作れない人は、一般的に恋愛に対して消極的で受け身な傾向にあります。

自分から積極的に異性と関わることができないため、恋愛経験自体も比較的少ないことが多いでしょう。

このタイプの人は、気になる人ができたとしても、まずうまくいかない可能性について考えてしまうため、自分からはなかなか行動できません。

結果として、大きなチャンスが目の前に現れたとしても、上手に生かせずに終わってしまいがちでしょう。

根本的な自信のなさが、恋愛を始める上での大きな障害になっているタイプといえそうです。

同性とばかり遊んでいる

同性の友達が多く、基本的に同性とばかり遊んでいるという人も、恋愛のきっかけを作りにくい傾向にあります。

このタイプの人は、ほとんどの場合において現状に十分満足しています。社会人として働き、プライベートも充実しているとなれば、これといった危機感がないのも当然のことといえるでしょう。

とはいえ、周囲の同性の友達が、いつまでも同じように遊んでくれるとは限りません。

いずれ周りが恋人を作ったり、結婚したりするようになったとき、一気に寂しくなって焦りを感じるというのはよくある話です。

どんなに親しい友達だとしても、その関係性が変わる日が訪れる可能性についてしっかりと理解しておく必要があるでしょう。

友達以上になれない

同性異性分け隔てなく付き合う人や、異性を感じさせるのが苦手な人も、付き合うきっかけを作りにくいタイプです。

こうしたタイプの人は、異性と人一倍フレンドリーに交流できるだけに、相手から異性として見てもらえず、結果として友達以上になれないというジレンマを抱えています。

仮に好きな人ができたとしても告白できずに終わってしまったり、勇気を出して告白しても「そういう目で見られない」と言われて終わってしまったりするケースが多くなりがちでしょう。

異性と仲のよい友達になることはできるのに、それ以上の関係になるきっかけがつかめないというのが、このタイプの特徴といえそうです。

社会人が付き合うきっかけって?

ウェディング

では、社会人が付き合うきっかけにはいったいどのようなものがあるのでしょうか。一歩を踏み出しやすい主なシチュエーションを紹介します。

同窓会や友人の結婚式

社会人が付き合うきっかけとして、まず挙げられるのが同窓会や友人の結婚式など、学生時代の仲間に再会できる場です。

再会というシチュエーションは、うれしさと懐かしさが相まってお互いの魅力がより際立って感じられるものです。

かつての恋人や淡い恋心を抱いていた相手が立派な社会人として目の前に現れれば、「やっぱりこの人なのかも…」と運命を感じてしまうのも自然なことです。

お互いに気持ちが盛り上がりやすく、付き合うきっかけとしては申し分のないシチュエーションといえそうです。

職場での悩み相談から

悩みごとの相談は、男女が特別な関係になるきっかけの定番中の定番です。

そもそも、悩みごとの相談というのは、心から信頼している人を選んで行うものです。相談をした・された時点で、2人はすでに一定以上の親密な関係にあるといってよいでしょう。

特に、職場の同僚のような一緒にいる時間が長い関係の場合、相談を通じてお互いへの理解が深まり、トントン拍子に関係が進展するというのはよくある話です。

職場に気になる人がいるのであれば、あえて軽い悩みを相談してみるとうれしい展開が期待できるかもしれません。

社会人が異性と出会うには?

パーティー

日々忙しく過ごす社会人には「そもそも出会いすらない」という人も多いのではないでしょうか。そんな社会人におすすめの出会いの場を紹介します。

さまざまな飲み会に参加する

飲み会のような、リラックスムードで交流を深められる場は、初対面の異性との距離を縮める上でもってこいのシチュエーションです。

合コンや職場の飲み会など、誘いがあればできる限り参加することで、恋が始まるきっかけを逃さずつかむことができるでしょう。

中には「飲み会に参加しても、出会いがなければ時間とお金の無駄」と考える人もいるかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。

たとえその場では期待通りにいかなかったとしても、そこで出会った人をきっかけに運命の出会いへとつながる可能性も十分に考えられます。

出会いそのものが少ない社会人だからこそ、たくさんの異性に出会えるよう自分から積極的に行動することが大切といえるでしょう。

友人に紹介してもらう

「合コンのようなにぎやかな場が苦手」「1人の異性と丁寧に向き合いたい」そんな人におすすめなのが友人の紹介です。

友人に異性を紹介してもらうメリットとして、まず挙げられるのが、自分に合う人を事前に選んでもらえるという点でしょう。

あなたのことをよく知る友人に紹介を頼むことで、あなた自身でさえ知らないようなあなたの性格や魅力に合う異性と出会うことができます

また、友人が仲介してくれることから、お互いに警戒心のないリラックスした状態で関係をスタートできるというのも友人の紹介ならではの大きなメリットといえるでしょう。

出会いに安心や効率のよさを求める人にぴったりな出会いの手段といえそうです。

マッチングアプリを利用する

出会いを求める気持ちはありつつも、「人に知られるのは恥ずかしい」と考える人は少なくありません。

誰にも知られることなくたくさんの異性と出会えるというのは、ある意味出会いの理想の形といえるでしょう。

そんな理想を簡単に実現できるのが、スマホ一つで利用できるマッチングアプリです。

マッチングアプリの出会いなら、時間や場所にとらわれず、普段は知り合えないたくさんの異性との出会いが実現できるでしょう。

「恋人が欲しい」「異性と出会いたい」と感じたら、ぜひ検討したい選択肢の一つといえそうです。

マッチングアプリがおすすめな理由

タブレット端末を操作する人

出会いの場で広く人気を集めているマッチングアプリですが、その具体的な魅力とはいったいどのようなものなのでしょうか。

マッチングアプリがおすすめな理由を詳しく見ていきましょう。

忙しくても気軽に利用ができる

社会人の出会いにマッチングアプリが重宝される理由として、第一に挙げられるのがどんなに忙しい人でも無理なく利用できるという点です。

一般的な出会いでは、まず出会いの場まで自ら足を運ぶ必要があります。

その上で一定時間食事や会話などをすることを考えると、そもそもまとまった時間が用意できなければ参加自体が難しいのが現状といえるでしょう。

その点、マッチングアプリであれば、いつでもどこでも常に出会いにアクセスできます

移動中の電車の中や、寝る前のベッドの中など、リラックスして気軽に出会いを探せるのは、日々忙しく過ごす社会人にとってこの上ないメリットといえそうです。

価値観や趣味の合う異性と出会える

「頑張って出会いの場に足を運んでも、これだと感じる人に出会えない」そんな悩みを持つ人は多いのではないでしょうか。

運命の出会いを見つけるには、ただ出会いの数を増やすのではなく、価値観が近かったり、共通の趣味を持っていたりするような自分に合った人との出会いを増やすことが大切です。

その点、マッチングアプリの出会いでは、あらかじめお互いのプロフィールをチェックして、相手の人となりを知ってからアプローチできます

出会うべき人を事前に絞り込めるため、進展が期待できない異性に時間を割く必要がありません。

「たくさんの可能性の中から自分に最適な1人をスムーズに選びたい」と望むなら、ぜひ挑戦したい出会いの手段といえそうです。

気になる人と仲良くなる方法

レインボーのハート

無事すてきな人との出会いが実現し、関係を進展させたいと思ったら、どのような点を意識するのが正解なのでしょうか。

気になる人と仲良くなる上で覚えておきたいポイントを紹介します。

積極的に話しかけて

一般的に、人は接する機会が多ければ多いほど、相手に対して親しみや好感を抱くものです。

「気になる人と仲良くなりたい」と思うのであれば、やはり自分から積極的に話しかけて親しい異性のポジションを確立することが大切といえるでしょう。

なお、気になる人と話をする際は、できる限り明るく、ポジティブな印象を与えられるよう意識するのがおすすめです。

相手の話に共感し、前向きなリアクションをすることで、「この人といると楽しいな」「もっと話がしたいな」と、相手の気持ちをグッとあなたに惹きつけることができるでしょう。

好意をアピール

気になる人との関係をスムーズに進展させるのであれば、ぜひ挑戦したいのが折に触れて自分の好意をアピールするという方法です。

たとえ相手もあなたと同じく「2人の関係を進展させたい」と考えていたとしても、あなたの気持ちが見えない状態ではなかなか一歩を踏み出す勇気が持てません。

2人の性格によっては、せっかくお互いに好意を持っているにもかかわらず、きっかけがつかめないまま関係が自然消滅してしまう可能性すら考えられるのです。

そんな事態を防ぐためにも、「○○さんみたいな人が恋人だったらいいのにな」「そういうところすてきだね」など、意識して好意をアピールしていきましょう。

あなたの好意を感じ取った相手は、きっと安心して自分の好意も打ち明けてくれることになるはずです。

思い切ってデートに誘おう

どんなに会話の機会を増やし、気になる人との心の距離を縮められたとしても、そのままでは2人の関係はあくまでも友人のうちの1人にしか過ぎません。

恋人になることを目指して関係を育むのであれば、やはりデートへ誘うという特別なステップが必要不可欠といえるでしょう。

とはいえ、あまり考えすぎる必要はありません。

具体的には、相手との会話の中でおいしいお店の話題が出たときや、行ってみたい映画の話題が出たタイミングで「一緒に行こうよ」と誘うといった方法で十分です。

2人きりで一緒に過ごす時間を持つことで、お互いの気持ちがより明確なものとなり、その後の展開もスムーズになるでしょう。

まとめ

社会人が異性と付き合う主なきっかけには、同窓会や友人の結婚式といった場や、職場での悩み相談などがあります。

もしも、そういったチャンスがなかなか訪れなかったり、そもそも出会い自体がなかったりという場合には、飲み会や友人の紹介・マッチングアプリなどを利用して希望の異性を探すことから始めるのがおすすめといえるでしょう。

積極的に出会いを探し、また、見つけた出会いを精一杯生かせるよう努力することで、いずれ理想の異性と正式な恋人として付き合える日が訪れることになるはずです。
出会いを見つける

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る