「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
夕陽の中のカップル
2020.10.27

彼女が欲しいけどめんどくさいのは嫌。そんな人にぴったりの方法は?

彼女が欲しいと思うのはどんなとき?

夕陽の中のカップル

ふと「彼女が欲しいな」と思う瞬間はありませんか?その気持ちを思い出すことで、めんどくさがりな人でも彼女探しに火がつくかもしれません。

まずは、彼女が欲しいと思う代表的なシチュエーションを見ていきましょう。

誕生日やイベントが近づいたとき

彼女が欲しくなるタイミングの代表といえば、誕生日やイベントが近づいたときではないでしょうか。

中でも、クリスマスやバレンタインのように、恋人たちが盛り上がりやすい時期は、幸せそうに歩くカップルが増えます。

そんな光景を目にすると「こんなときに彼女がいたら楽しいだろうなぁ」と寂しさを感じやすいものです。

また、学生時代はイベントの度に友人同士で集まって盛り上がっていたという人もいるでしょう。

ところが大人になると、忙しさやほかの人間関係ができることで、思うように集まれず、孤独から彼女の必要性を感じるケースもあります。

友人に彼女ができたとき

身近な友人に彼女ができると、影響されるように彼女が欲しくなる人もいるのではないでしょうか。

特に、定期的に会っていた友人に彼女ができ、自分よりも彼女との時間を優先するようになると、独り身の寂しさを強く感じがちです。

それまでは友人と遊ぶのが楽しく「まだ自由でいたい」と感じていた人が、暇な時間を持て余すようになり「そろそろ彼女欲しいかも…」と思うようになるのは、自然なことといえるでしょう。

また、同じように彼女がいない同士だった友人に彼女ができ、悔しさや羨ましい気持ちをバネにするように恋愛に打ち込むパターンもあります。

弱っているとき

仕事でミスをしたり落ち込んだりする出来事があると、人は誰しも寂しい気持ちになります。弱っているときは誰かに癒されたいと思うものです。

友人や家族に声をかけてもらうのも励まされますが「彼女に癒されたいな」と夢見る人もいるでしょう。

また、風邪をひいているときに、誰にも看病されずに1人で寝ていると、体だけでなく心まで弱ってしまうものです。

こんなときに女子から心配の連絡がくると、それまで意識していなかった相手でも「優しいな」「いい子かもしれない」と意識してしまうことも珍しくありません。

彼女は欲しいけどめんどくさいのはなぜ?

仕事をしている男性

彼女が欲しい気持ちがありながら、めんどうな気持ちを捨てきれないことに悩んでいる男子も少なくありません。

では、どうしてめんどうに感じてしまうのでしょうか。よくある原因をチェックしてみましょう。

毎日が充実している・忙しい

仕事やプライベートが充実していると、日常生活の忙しさから、彼女を作ることをめんどうに感じてしまいます。

毎週のように遊ぶ友人がいる場合は、純粋に友人と過ごす時間が楽しく「彼女がいなくても別にいいかも」と思うことでしょう。

また、男子の脳はマルチタスクが苦手といわれています。物事を同時進行することが苦手で、一つのことに集中して取り組む・考える傾向があるのです。

そのため、夢中になれることがある時期は、彼女が欲しい気持ちがあったとしても、めんどくさい気持ちが勝ってしまうのでしょう。

付き合うまでの過程がめんどう

交際が一朝一夕で始まるのは稀なケースです。基本的にはデートを重ねる・連絡を取り合う・告白するなど、付き合うまでに必要なステップがあります。

その過程が億劫に感じてしまい「それなら1人でいいや」と恋愛に対して消極的になってしまう人もいるでしょう。

また、相手の態度に振り回されることに疲れて「もうめんどくさくなってきた」「やっぱり恋愛向いてない」と諦めたくなることがあるかもしれません。

恋愛は楽しいことばかりではなく、大変なことや苦しいこともつきものです。

恋愛関係を望むのであれば、恋愛に対するめんどうな気持ちを解消する必要があるといえます。

1人でいるのが気楽だから

1人の時間が充実している人は、彼女を必要としない傾向があります。

むしろ彼女ができると自分の時間が減ったり、気づかいしたりしなければいけないことを億劫に感じて、1人でいることを望む人もいるでしょう。

また、過去の恋愛で辛い思いをした人は、そのときの出来事がトラウマになり、新しい恋愛に踏み切れないこともあります。

心の片隅では次の恋に進みたいと感じているものの「また同じ結果になったら」「もう辛い思いをしたくない」という気持ちがブレーキになり、1人で過ごす気楽さから離れられないこともあるのです。

「めんどくさい」を言い訳にしてない?

一人たたずむ男性

彼女ができないのは「めんどくさがりな性格のせい」と言い訳していませんか?実はその背景には、別の理由が隠れていることがあります。

考えられる理由をチェックして、改善策を考えてみましょう。

自分に自信がない場合

自分に自信がないというネガティブな気持ちを、恋愛がめんどうという気持ちで隠してしまっているケースがあります。

女子とうまく接する方法が分からず、劣等感を覚えてしまっているのです。

このような場合「どうせ誰にも相手にされない」という劣等感から、女子に対して積極的になれない人もいるのではないでしょうか。

しかし、そのような気持ちを捨てきれないままでは、たとえ彼女ができたとしても、愛想を尽かされてしまいかねません。

まずは自分に自信をつけることが大切です。自分磨きをする・女子と関わる機会を増やすなど、前向きな思考を育てることから初めてみましょう。

理想が高い場合

理想が高すぎることが原因で、よい縁に恵まれない人もいるでしょう。

外見や性格、炊事洗濯が得意かどうかなど、理想の条件を全て満たす女子を探そうとすると、彼女ができる可能性は低くなります。

また、自分が気づかないうちに、上から目線になっていることも多く、女子からネガティブな印象を持たれることも少なくありません。

彼女が欲しいと思うのであれば、理想を下げる努力が必要です。

理想とする条件を絞る・相手のよいところに目を向ける・まずは仲良くなってみることで、恋愛に対するハードルが下がり、出会いやすくなるでしょう。

めんどくさがりな人が彼女を作るには

女性と手を繋ぐ男性

めんどうくさがりな性格をすぐに変えるのは難しいものです。それならば、自分の性格に合った方法で彼女探しにチャレンジしてみましょう。

ここではめんどくさがりな人におすすめの彼女の作り方を紹介します。

友人に紹介してもらう

街コンや合コンなど、いきなり出会いの場所に出向くのは性格的に難しいという場合、まずは身近な友人に紹介をお願いすることをおすすめします。

友人の紹介であれば、最初は友人を含めて会うことができるはずです。共通の友人がいることで、話題に悩まずサポートも期待できるでしょう。

また、2人でやり取りを開始してからも、自分と相手、どちらのことも理解している相談相手がいるのは強みになります。

ただし、いつまでも友人頼みになっていると、友人の負担になるだけでなく、相手に不安を抱かせるきっかけになりかねません。

あくまでも仲介や困ったときの相談役としてサポートをお願いし、基本的には自分の力で頑張ってみましょう。

マッチングアプリを活用する

マッチングアプリは、インターネット環境さえあれば出会いを探せるため、めんどくさがりな人と相性がよいでしょう。

「インターネットで出会うのは不安」と感じる人もいるかもしれませんが、近年ではインターネットを活用した出会いはスタンダードになりつつあります。

MMD研究所が実施した「2020年マッチングサービス・アプリの利用実態調査」によると、20~49歳の独身男女のマッチングアプリの認知度は27.0%、うち利用経験者は57.1%でした。

この結果から見ても、マッチングアプリで出会いを探す人は珍しくありません。不安な人は、本人確認やセキュリティがしっかりしているアプリを選ぶと、安心して楽しめるでしょう。

出典:「2020年マッチングサービス・アプリの利用実態調査」

身近な人にも目を向けてみる

一から出会いを探すのは億劫という人は、今ある環境の中で出会いを探すのも手です。

職場や友人関係、よく行くお店など、意識していなかっただけで身近なところに魅力的な女子がいる可能性はあります。

特にたくさんの人間が集う職場は、出会いもたくさんあるはずです。

一緒に時間を過ごすことも多く、相手の魅力的なところや共通点を知ることもできるでしょう。

身近な人間関係の中で気になる人がいなければ、自分が出会いたいタイプの人がいそうなスポットに足を運んでみることもおすすめです。

例えば、ゲームを一緒に楽しめる彼女が欲しいと考えるのであれば、ゲーム好きが集う場所に行くことで、すてきな出会いがあるかもしれません。

おすすめはマッチングアプリ

スマートフォン

スマートフォンさえあれば出会いを探せるマッチングアプリは、めんどくさがりな人にぴったりの出会い方といえるでしょう。

ここではマッチングアプリのおすすめポイントを紹介します。実際に活用して、よい出会いを探してみませんか?

隙間時間を有効活用できる

めんどくさがりな人にとって、わざわざ時間を決めて何かに取りかかるのは、苦痛に感じやすいのではないでしょうか。

マッチングアプリはインターネット環境さえあれば、好きな時間・場所で出会いを探せるというメリットがあります。

電車の移動中・寝る前・休日の暇な時間帯など、隙間時間を有効活用できるため、めんどくさいと感じにくいでしょう。

加えて年齢や移住地、趣味など条件を入力することで、たくさんの利用者の中から好みの女子を見つけられることも魅力です。

基本的に簡単な作業が多いため「どうすればいいか分からない」というめんどくささを感じにくいこともメリットといえるでしょう。

付き合うまでの過程がスムーズ

マッチングアプリを利用する人は、あなたと同じように「恋人が欲しい」と考えています。

そのため一般的な出会いよりも付き合うまでの過程がスムーズです。

例えば一般的な出会いの場合は、好意をもたれているか・連絡先を交換できるか・デートに誘えるかなど、付き合うまでに数々のイベントをクリアしなければなりません。

一方、マッチングアプリの場合は、マッチング成立した時点で、お互いに「気になるかも」と思う気持ちが芽生えています。

そのため、各イベントをクリアしやすく、交際に発展させやすいのです。

まとめ

「めんどくさいから」と受け身に徹しているだけでは、恋愛のスタートラインに立つことは難しく、チャンスを逃してしまうこともあり得ます。

彼女が欲しいと思うのであれば、実際に行動することが大切です。

出会いを探すのがめんどうに感じるのであれば、マッチングアプリのように、手軽に出会いを探せる方法もあります。

まずは自分の性格に合った出会い方を見つけて、行動に移すことから始めてみましょう。
出会いを見つける

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る