毎月10,000人がカップルに!
タップル誕生 - 恋活・マッチングアプリ
ダウンロード
ワインで乾杯
2020.7.8

婚活の相手とお見合いする際の会話術!意識したいポイントを解説

婚活相手とお見合い 会話のコツは?

ワインで乾杯

お見合いで会話が盛り上がれば、次のデートにつながる可能性が高まります。限られた時間で好印象を与えられるように、まずは会話のコツを身に付けましょう。

最初のあいさつはきちんと

お見合いでは、第一印象がとても大切です。お見合い写真やプロフィールを完璧にしても、初めて会ったときの印象が悪ければ台無しになってしまいます。

重要なのは、最初のあいさつがきちんとできるかどうかです。あいさつがきちんとできない人は、相手に悪い印象を与えてしまい、その後の会話で盛り返すことも難しくなってしまいます。

にこやかな笑顔とはっきりとした口調が、第一印象をよくするポイントです。相手の目を見ながら、笑顔であいさつできるように意識することが大切です。

自己紹介だけで終わらせず、「お会いできてうれしいです」のように、感謝の気持ちを一言添えると、好感度が上がるでしょう。

会う前に話題のネタを考えておこう

あいさつが済んだら、いよいよ食事やお茶をしながらの会話が始まります。ここで沈黙が訪れてしまうと、気まずい雰囲気になってしまいます。

お見合いの前に何を話題にすればよいのか、あらかじめネタを整理しておきましょう。仕事の内容や趣味・休日の過ごし方・出身地などの話題はハードルが低く、話しやすいネタといえます。

また、お見合いですから、結婚後の仕事のことや子どものことなど、お互いの結婚観について話し合っておくのもよいでしょう。

ただし、過去の交際経験や現在の婚活状況など、相手が答えづらい質問は控えましょう。このほか、店の対応に不満を漏らすようなネガティブな発言も、不快感を与える原因になってしまいます。

将来の結婚相手になるかもしれない人だということを忘れず、未来に希望が持てるような会話を心掛けることが大切です。

共通点があったら積極的に話して

一つでも共通点があると、お互いに親しみを感じ、会話も自然と盛り上がります。事前に相手のプロフィールをよく読んでおき、自分との共通点があったら積極的に話題に取り入れましょう。

好きな食べ物や音楽・行ってみたい場所など、共通点を見つけやすい質問をしてみるのも手です。

そもそもお見合いできない場合

カメラを操作する姿

婚活を始めたものの、なかなかお見合いをするに至らない場合はどうすればよいのでしょうか。

お見合いまで進めない理由は、プロフィールにあるといっても過言ではありません。お見合いを実現させるプロフィール作りのコツを見ていきましょう。

自己紹介文を見直してみる

お見合いできない人は、自己紹介文に魅力がない可能性があります。お見合いまで進むためには、数多いライバルの中からあなたを選んでもらわなくてはなりません。

自己紹介文を読んで興味がわかなければ、そこで終わってしまいます。名前や職業・出身地など最低限の情報しか書いていなかったり、人見知りです・○○が嫌いですなどマイナスなことを書いたりしていませんか?

自己紹介文では、自分の長所や特技を分かりやすく、客観的に記載するのがポイントです。仕事で得ている評価や夢中になっている趣味など、何でもよいのであなたのイメージがプラスになることをアピールするとよいでしょう。

プロフィールの写真も重要

婚活では、プロフィールに添える写真も重要です。自己紹介やスペックがよくても写真の印象が悪いと、会いたいと思ってもらえません。

印象がよくない写真の特徴は以下の通りです。当てはまっている人はすぐに新しい写真に変更しましょう。

  • 無表情
  • 雰囲気が暗い
  • 加工してある
  • ほかの人が写っている
  • 生活感がありすぎる

撮影する場所は明るい屋外で、自然な笑顔を心掛けましょう。さわやかに見えるように、服装や髪型に気をつかうのもポイントです。自撮りは不自然になりがちなので、家族や友人に撮ってもらうのがおすすめです。

お見合いするときの注意点とは

夕暮れの時計

最後に、お見合いするときの注意点を紹介します。出会いのチャンスを生かし、成婚につなげるためにも、しっかりと頭に入れておきましょう。

服装や髪型は清潔感を重視して

お見合い当日は、落ち着いた清潔感のある服装を心掛けます。新しい洋服をそろえなくても、きちんとクリーニングされ、シミやシワがなければ大丈夫です。

男子はジャケットとパンツ、女子はワンピースやセットアップスタイルが無難です。浪費家であるかのような印象を与えないように、アクセサリーやバッグなども含めて、高価なブランド物は避けましょう。

清潔感は髪型にも現れます。ボサボサの髪や寝ぐせ・枝毛のある髪は印象を悪くします。カットやトリートメントで、しっかりと手入れをして臨みましょう。

待ち合わせ時間は厳守!

お見合いに遅刻するようでは、先が思いやられます。自己管理ができない人と判断され、交際を断られてしまうかもしれません。

お見合いに限らず、時間を守ることは社会生活を送る上で欠かせないマナーです。約束の待ち合わせ時間には、決して遅れないようにしましょう。

もちろん、予定通りに行動しても電車の遅延などで仕方なく待ち合わせに遅れてしまうこともあるでしょう。

早めに家を出る・代わりの交通手段を調べるなど事前に対策しておくと安心です。どうしても遅れそうな場合は、早めに然るべき連絡先に電話をしましょう。事情があって遅れたことが伝われば、相手も理解してくれます。

会っている間は笑顔を忘れない

お見合い中に表情が硬くなっていたり、つまらなそうな顔をしていたりすると相手からの好感度は下がります。会っている間は、常に笑顔を忘れないようにしましょう。

不自然なまでに笑う必要はありませんが、楽しんでいる雰囲気を伝えることが大切といえます。あなたが笑顔でいれば、相手も笑顔を返してくれるでしょう。

相手の印象がよくないときであっても、お別れするまでは笑顔でいた方が気持ちよく過ごせます。お互いに大切な時間を割いて会っているのですから、後味の悪い結果にならないように配慮しましょう。

まとめ

婚活のお見合いでは、第一印象と会話の内容が大切といえます。当日は明るいあいさつと清潔感のある見た目を心掛け、楽しい会話ができるように準備するのが成功のポイントです。

お見合いにこぎつけるために、自己紹介文や写真を見直すことも忘れてはいけません。お見合いが決まったら会話のネタや着ていく服を準備して、当日を楽しみに待ちましょう。
モテ試しする?

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る

まずは無料でダウンロード

すでに登録済みの方は こちら

高校生を除く、満18歳以上の独身者向けサービスです。

タップルをはじめる