毎月10,000人がカップルに!
タップル誕生 - 恋活・マッチングアプリ
ダウンロード
失恋
2020.7.3

婚活に失敗する人の特徴と失敗例。成婚するためのポイントを伝授

婚活で失敗しがちな人の特徴

失恋

婚活で失敗してしまう人には、いくつかの共通点があります。男性と女性それぞれの立場から、失敗しがちな人の特徴を見ていきましょう。

男性が失敗する原因

男性が婚活で失敗する原因としては、主に以下の四つがあげられます。

  • 会話力がない
  • 外見のマナーや雰囲気がよくない
  • 横柄・ケチ
  • 優柔不断

お見合いの場では、相手との会話を楽しむ姿勢が大切です。自分のことばかり話す・聞かれたことに答えるだけなど、このような男性とは会話が弾まず、相手の女性も疲れてしまいます。

身だしなみなどに清潔感がない人や、暗い雰囲気の人も女性に人気がありません。店員に対する横柄な振る舞いや、お会計を細かく割り勘にするといったあからさまにケチな態度も失敗の原因となります。

謙遜のつもりで優柔不断な態度を取ってしまうことも、婚活がうまくいかない要因と考えられるでしょう。

女性が失敗する原因

一方、女性の場合は、以下のような言動が失敗の原因となっているようです。

  • スペックを聞きたがる
  • 失礼な態度を取る
  • 何でも男性まかせ
  • お金がかかりそうな趣味

初対面の男性に年収や学歴などスペックに関することばかり聞く女性は、失敗する可能性が高くなります。スペックが低めの男性はもちろん、高めの男性もそこにしか興味がないのかなと感じて興ざめするでしょう。

また、会話そっちのけで料理や風景の写真をSNSに投稿したり、食事をごちそうになってもお礼を言わなかったりといった、失礼な態度もよくありません。

何を聞いても「何でもいい」と答える男性まかせの人や、ゴルフや乗馬などのお金がかかる趣味をアピールする人も、避けられる傾向にあります。

パターンがある?失敗談から学ぼう

スケジュール帳

婚活中は、誰でも一度や二度は「あれは失敗だったな」と思える経験があるものです。中でも婚活が長引いている人は、明らかな失敗のパターンが見られます。

失敗談を元に、婚活を成功させるポイントを学びましょう。

条件を付けすぎて失敗

条件を付けすぎることは、婚活に失敗する人にありがちなパターンです。条件を付けること自体が悪いのではなく、設ける条件が多すぎることが問題なのです。

金銭感覚が合う・価値観が合う・家庭的・思いやりがある・趣味を理解してくれるなど、一つ一つの条件はクリアできても、全てをかなえる人物にはなかなか巡り合えないでしょう。

自分に自信がなくて失敗

恋愛経験が少ない人や、自慢できるものがない人が、自分に自信が持てずに出会いのチャンスを逃すパターンもあります。

特に、相手のスペックが申し分ない場合、なぜ自分が選ばれたのかととまどい、釣り合わないからと断ってしまう事例が見られます。

また、異性と付き合ったことがない人や振られた経験が多い人は、お見合いの場でも「振られたらどうしよう」などと委縮して、自信なさげな態度を取ってしまいます。

自分に自信がない人はおどおどして頼りなく見えるため、お見合いをしても盛り上がらず、婚活に失敗するという状況に陥ってしまうことが少なくありません。

婚活自体が目的になってしまうことも

婚活自体が目的になってしまうのも、婚活失敗のよくあるパターンです。

最初は結婚相手を探すために始めた婚活が、いつの間にか趣味の仲間を探すサークルのような場に変わってしまうケースもあります。

婚活でお見合いやデートをすることが日課になってしまうと、スケジュールをこなすのに忙しく、肝心の相手に関心を向けられなくなります。そのため、なかなかゴールに辿り着けないのです。

成婚させるポイント 男性編

ビジネス

婚活でこれ以上失敗を繰り返さないために、成婚させるポイントを男女別に紹介します。まずは男性のケースから見ていきましょう。

「仕事が忙しい」を言いワケにしない

仕事が忙しいことを言いワケにして、お見合いの申し込みやデートのさそいを断るのは失敗の元です。

結婚を考える年代の男性は、基本的に仕事が忙しいものです。責任のある業務を任されていることも多く、プライベートな時間を確保することが難しい場合もあるでしょう。

しかし、仕事が忙しくても婚活のために時間を作り、成婚している男性はたくさんいます。女性側も、男性が忙しいのは分かっているので、自分のために時間をやりくりして会ってくれる男性には、誠意と心意気を感じます。

仕事が忙しいことを言いワケにせず、婚活のために自分の時間をどう有効につかうか考えることが大切です。

女性の気持ちを推し量って

女性の気持ちを推し量れる力を付けるのも、婚活で失敗しないためのポイントです。

いちいち言わなくても気持ちを察してほしいというのが、女性が結婚相手に持つ願望です。とはいえ恋愛経験が少なくて、女性の気持ちが分からないという男性も多いでしょう。

女性の気持ちを完全には理解できなくても、気持ちを察しようとする姿勢があれば、その努力はいずれ相手にも伝わります。

普段から周りの人を思いやり、気遣う習慣を身に付ければ、女性の気持ちにも自然に寄り添えるようになるでしょう。

気になる人はきちんとデートにさそおう

婚活で気になる女性が見つかっても、2人で会う時間を作らなければその先へ進めません。

プロフィールやメッセージのやり取りなどで好感触だった女性がいるなら、早めにデートにさそいましょう。

女性にその気があっても、いつまでもデートにさそわれなければ、脈ナシなんだと判断してほかの男性の元へ行ってしまいます。

もし断られても、また次の女性を探せばよいのですから、勇気を出すことが成婚へのステップです。

成婚させるポイント 女性編

笑顔の女性

最後に、女性が婚活を成功させるポイントを解説します。笑顔で前向きに、ポジティブに活動することが、成婚への近道です。

対人関係の基本「笑顔」を大切に

幸せな結婚生活を考えるとき、笑顔の絶えない家庭を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

男女に関係なく、笑顔は人間関係を良好に保つ潤滑油のようなものです。どんなに美人でスタイルがよい女性でも、デート中にニコリともしないようでは敬遠されてしまうでしょう。

そのような女性では、男性も気疲れしてしまい、関係が終了してしまう可能性が高まってしまいます。お見合いや婚活パーティーでは、笑顔を忘れないことが成功のポイントといえます。

婚活を長引かせない

婚活は期限を決め、長引かせないように意識することも大切です。

婚活はあくまでも結婚相手を見つけるために行う一時的なものです。長く続けたからといって、よい成果が出るというものでもありません。

ゴールを決めないままスタートすると、いつまで頑張ればよいのか分からず、途中で息切れしてしまうでしょう。

「またダメだったらどうしよう」とネガティブになったり、もっとよい相手が見つかるかもしれない」などと淡い期待を抱いたりしていると、成婚する確率はどんどん低くなります。

1年や半年などと期限を決めて、短期集中で進めましょう。この期間内で必ず結婚すると決めていれば、お見合いやデートにも積極的・計画的に臨めるため、成功しやすくなります。

前向きな気持ちで婚活する

婚活中は、常に前向きな気持ちで行動しましょう。お見合い・デートの申し込みにはできるだけ応じ、とりあえず会ってみます。

条件に合わない、自分にはもったいないなどのように、後ろ向きな考え方をしていると、チャンスを逃すばかりです。お見合い・デートした相手とうまくいかなかったとしても、その経験は次に生かせます。

相手を見る目が養われ、良縁をつかみ取る可能性が高まるでしょう。

まとめ

婚活を頑張っているのに失敗続きな人には、相応の理由があります。

失敗の原因は男女それぞれで異なりますが、どちらにしても相手にどう思われるかを意識して行動することが大切といえます。

結婚後の未来は、2人で協力して築いていくものです。自分本位に考えるのではなく、相手を思いやる気持ちを忘れなければ、あなたにふさわしいお相手がきっと見つかりますよ。
出会いを見つける

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る

まずは無料でダウンロード

すでに登録済みの方は こちら

高校生を除く、満18歳以上の独身者向けサービスです。

タップルをはじめる