「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
抱き合うカップル
2020.7.3

婚活市場は女余り?選ばれる女子になるためのポイントを紹介

婚活女子がなかなか成婚できない理由

抱き合うカップル

「婚活を頑張っているのに、なかなかよい縁に恵まれない…」こうした悩みを持つ女子の多くには、ある三つの共通点があります。

自分が当てはまっていないかどうかチェックしてみましょう。

周りのアドバイスを聞かない

聞く耳を持っている人とそうでない人では、前者の方が恋愛上手といえるでしょう。

恋愛観は人それぞれですが、時には他人の意見を取り入れることも大切です。結婚は相手がいて成立するものですから、他人と価値観をすり合わせていくことは重要なプロセスです。

アドバイスを受けたとき、自分を否定されたと捉えずに、他人にはそう見えているのだと自分を振り返ってみましょう。少し意識を変えるだけで、男子の反応が大きく変わるかもしれません。

年収や年齢など条件を高望みしている

相手に求める条件が厳しすぎる女子は、自ら出会いの幅を狭めているといえます。

高収入・高学歴・高身長な男子は、数多くの女子からアピールされています。そのようなハイスペック男子の目に留まるのは至難の業といわざるを得ません。

それよりも、一生を共にできる人かどうかをじっくり見定めましょう。一緒にいて心地よさを感じる相性のよい相手は貴重な存在です。相手が若ければ、将来性に目を向けてみるのもよいでしょう。

自分から積極的に動くのが苦手

連絡もデートのおさそいも、男子任せにしてはいないでしょうか。心当たりがある場合は要注意です。実は、「いつも受け身の女子は疲れる」と感じている男子は少なくないのです。

多くの女子が、「男子から求められて結婚にたどり着くという道」を理想としていることでしょう。しかし、待ってばかりいては、いたずらに時間だけが過ぎてしまいます。

もし、もっとよく知りたいと思う男子が現れたら、積極的に自分からアクションを起こすことも大切です。うまくアピールできるようになると、関係が進展しやすくなるでしょう。

男子に敬遠されがちな女子とは?

ひまわりの中の女子

モテる女子がいる一方で、男子からの評判がいまいちな女子もいます。非モテ女子に陥ってしまう三つの特徴についてもチェックしておきましょう。

度が過ぎたワガママ

適度なワガママはかわいいものですが、度が過ぎたワガママを言ってばかりいると男子の気持ちが離れていってしまいます。

度が過ぎたワガママとは、自己中心的で周囲の気持ちを思いやらない言動のことです。ネガティブな発言をするときには、いったん心の中で誰かを不快にさせないかどうか考えてみましょう。

もちろん、我慢してばかりというのもよくありません。伝え方一つで印象は変わるものですから、自己主張するときには柔らかな口調を心掛けてみましょう。

意見がすれ違ったときは、主張を押し通すのではなく相手の意見も聞き入れます。その上で、どうしても譲れない部分だけお願いしてみるなどの工夫をしてみましょう。

依存心が強い

何でも男子任せの依存心が強い女子も、男子が敬遠したいタイプの一つです。恋愛や結婚における2通りの依存について見ていきましょう。

一つ目は、金銭的依存です。デート費用は男子が持つものと決め付け、自分の財布を出さない女子や、結婚後は専業主婦になりたいという女子がこのタイプに当てはまります。

二つ目は、心理的依存です。日に何度も連絡をほしがったり、相手の都合を考えずに会いたがったりというタイプの女子は、こちらに当てはまります。

結婚とは、自立した2人が支え合って成り立つものです。幸せにしてもらうばかりではなく、自分をしっかり持って相手を幸せにしてあげることも考えてあげられるとよいでしょう。

浪費家など金銭感覚

結婚を前提としたお付き合いとなると、金銭感覚のない女子は敬遠されがちです。

結婚後は生計を共にすることになります。妻が家計を管理する家庭も少なくないため、浪費家な女子よりも、身の丈に合った生活のできる堅実な女子の方が選ばれやすくなるでしょう。

付き合っているからとあれこれおねだりしたり、ハイブランドの物ばかり持っていたりすると、「金銭感覚が合わないな」と思われてしまう可能性は高くなります。

まずは自分の収入に見合った生活を送り、地道に貯金できる女子を目指しましょう。

そもそも婚活市場が女余りって本当?

パーティ

婚活する場所を間違えると、出会える男子の絶対数が不足していることがあるでしょう。その理由は、婚活市場における男女比の差にあります。

結婚相談所では若干女子の方が多い

結婚相談所で登録者の男女比をチェックしてみると、男子よりも女子会員の方がやや多いのが現状です。つまり、可能な限りマッチングしたとしても、あふれてしまう女子が出てくるのです。

婚活パーティーに参加した経験のある女子の中には、男子の参加者が少ないと感じたことがある人もいることでしょう。

こうした状況の背景には、男女の結婚に対する関心度の違いが挙げられます。仕事が忙しく婚活に割く時間が取れないことや、女子のように妊娠のリミットがないことも原因の一つでしょう。

方法・地域によっては逆転することも

都心では、やや男子不足感が否めない婚活市場ですが、地方によっては一転して男子が集まる場所もあります。

おしゃれな店が近くになく、女子の少ない職場に勤めている男子には、なかなか女子と出会う機会がありません。そのため、都心に比べて婚活市場へ乗り出す男子が多くなるのでしょう。

成婚への道!選ばれる女子になるポイント

結婚指輪

婚活を成功させるには、あなた自身のモチベーションが必要です。もし今、どうしたらよいのか悩んでいるのなら、次に紹介する三つのポイントを実践してみませんか。

婚活に期限を決めておこう

婚活を始めるときは、1年後までに結婚するといった具体的な期限を決めておきましょう

積極的な人は、日に2人の男子とのお見合いをこなすこともあります。土日のどちらかに1人だけと会う女子より、土日で4人の男子と会う女子の方が、単純に出会える男子の多さは4倍になるのです。

婚活は楽しいばかりではありません。むしろ、同じことを繰り返す忍耐力が必要となる地道な作業です。ズルズル長引かせるのではなく、短期集中で婚活に挑みましょう。

自分磨きは男子目線で

婚活を成功させるには自分磨きも欠かせません。ただし、その結果が婚活している男子に魅力的に映ることを意識することが重要です。

連れて歩いてよい気分になる女子を選ぶときと、結婚相手となる女子を選ぶときでは、見る部分が違ってきます。

例えば、露出が多い服を着てきれいなネイルをした女子がモテるとしても、真面目に婚活する男子の目にはネガティブな印象を与えることもあるのです。むしろ、清潔感があるおとなしめの服装が好まれることも多々あります。

家事スキルやコミュニケーション力を上げる努力をした方が、真面目な出会いを求める男子からの人気を集めやすくなるでしょう。

相手のよいところを積極的に見つけよう

婚活は、減点方式ではなく加点方式を採用しましょう。条件から選んだ相手と会ったら、ダメなところではなくよいところを加算していくのです。

不思議なもので、好感を持ったポイントを積み上げていくと、だんだん相手のことを好きになってきます。

好意は口にしなくても相手に伝わるものです。男子の方も心を開きやすくなるので、2人の距離は急速に縮まっていくでしょう。

まとめ

理想の男子と巡り会えないと悩んでいるときは、一度自分の婚活に対する姿勢を振り返ってみることも大切です。もしかしたら、自分に結婚を遠ざけている原因があるかもしれません。

あまり条件にとらわれずに相手の人柄に目を向け、男子が結婚相手に求めるようなスキルを磨いてみてはいかがでしょうか。

婚活は短期集中がおすすめです。大変なこともありますが、努力の先にはきっと幸せな未来が待っています。
モテ試しする?

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る