「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
2020.5.26

婚活疲れの原因とは?男女別の原因と婚活に疲れたときの対処法

婚活で疲れやすい人の特徴

花束を手にする男性

婚活疲れを感じやすい人には、いくつかの共通点が存在します。その主なものを確認していきましょう。

傷つくことを極端に恐れている

婚活をしていると、「いいな」と思った異性からお断りをされることもしばしばです。むしろ、傷つく経験なしに成婚に至る人はごく稀といえるでしょう。

婚活疲れに陥りやすい人は、異性から断られることを必要以上に恐れる傾向があります。気に入った異性に受け入れてもらえない現実に深く傷ついて、「もう疲れた…」と婚活そのものに及び腰になってしまうのです。

しかし、婚活でのお断りは、一般的な失恋とは全くの別物です。あくまでも結婚相手としては条件が合わないというだけのことであり、決してその人に魅力がないというわけではありません。

婚活でのお断りを失恋と捉え、「もう断られて傷つきたくない」と感じてしまうのは、婚活疲れしやすい人の大きな特徴といえるでしょう。

結婚が人生の全てになっている

「結婚したい」という思いが強すぎるあまり、結婚=人生の目標になっている人も婚活疲れしやすい傾向にあります。

どんなに高い意欲を持ち、多くの努力をしてみても、自分一人の力ではどうにもならないのが婚活です。人やタイミングにもよりますが、多少の挫折や遠回りは誰もが経験することといってよいでしょう。

しかし、結婚が人生の全てになっている人は、エネルギーの全てを婚活に注いでいるからこそ、うまくいかない現実に対して人一倍強いストレスを感じてしまいます。結果として、婚活疲れを引き起こしやすくなるといえるでしょう。

婚活疲れの原因とは?男子編

女性とのデート

では、婚活疲れというのはそもそもどのような原因で引き起こされるものなのでしょうか?まずは、男子に多く見られがちな原因から確認していきましょう。

出費が続いてしんどい

男女平等が叫ばれる現代ではありますが、婚活の場での経済的負担はやはり男子側に多くのしかかります。こうした経済的な負担から婚活疲れを感じてしまう男子は少なくありません。

婚活の場で男子が支払う主な出費には、マッチングアプリや婚活パーティー・結婚相談所などの登録・利用料などがありますが、一般的にこれらは女子であれば無料もしくは割安で利用できるものです。

また、実際にデートにこぎつけたとしても、「食事代などは男子が多く出すべき」という無言のプレッシャーを感じる男子は多いでしょう。

一つ一つの出費はそれほど大きなものでなかったとしても、婚活を長く続ければ、積もり積もって大金となってしまいます。ふと我に返った男子が、「婚活はもういいかも…」と感じてしまうのは無理もないことなのかもしれません。

プライドを傷つけられた

一般的に、男子は女子よりもプライドが高い傾向にあるといわれています。普段は穏やかだったとしても、プライドを傷つけられたら平常心ではいられないという男子は多いのではないでしょうか。

しかし、婚活の場では、プライドが傷つけられる事態が頻繁に起こります。

理想の女子にアプローチをして空振りに終わるのはまだしも、「この人ならいけるだろう」と思った相手からあっさり拒絶されたときのショックや屈辱は言葉では言い表せません。

そんな経験が度重なってしまうと、男子は「もう嫌だ」と婚活から距離を置いてしまいます。このタイプの男子にとって、婚活疲れというのは、傷つきやすいプライドを守るために必要な一種の防衛本能といえるでしょう。

自然消滅ばかりで諦め気味

女子からの反応がそれなりにあるにもかかわらず、毎回いつの間にか自然消滅してしまうというのも、男子が婚活疲れを感じてしまう原因の一つです。

どんなにポジティブなタイプの男子でも、いつ報われるか分からない中で努力をし続けるのは簡単なことではありません。頑張れば頑張るほど、「またダメだった」という落胆も大きなものとなってしまうでしょう。

「いい感じと思っていたのに音信不通になった」「連絡先を交換してもそれっきり」そんな経験が重なる中で、「もう諦めた方がいいのかな…」という気持ちが生まれるのは自然なことです。

諦めの気持ちが大きくなればなるほどに、男子はますます婚活に対して消極的になってしまうのです。

婚活疲れの原因とは?女子編

スマートフォンを見ている女性

では、女子ならではの婚活疲れの原因にはどのようなものがあるのでしょうか?主なポイントを確認していきましょう。

理想の人となかなか出会えない

婚活をしている女子は、多くの場合それぞれの理想の男子像を持っています。自分に合う相手かどうかを見極める上で、ある程度の理想像を持つことはとても大切なことといえるでしょう。

とはいえ、その理想に強くこだわりすぎてしまうと、それなりに出会いがあったとしても「この人は違う」「あの人も違う」と思うような結果に結びつけることができません。

理想と現実のギャップの大きさに、徐々に婚活そのものに疲れを感じることになるでしょう。

一見よい出会いに恵まれているように見えるにもかかわらず、成婚に至らない女子は、このタイプの婚活疲れを感じている可能性が高いといえそうです。

人と会う・連絡することに疲れた

婚活では、新しく異性と出会う度にゼロから関係を築いていく必要があります。出会いのチャンスが多ければ多いほど、異性とのコミュニケーションに費やす時間や労力も大きくならざるを得ません。

もともと人付き合いが得意な女子であればそれほど問題にならないかもしれませんが、人見知りの女子や、警戒心の強い女子にとって、知らない男子に会ったり、連絡を取ったりというのはとても神経をつかうものです。

結婚したいという思いはあったとしても、それまでの過程に疲れてしまい、婚活から遠のいてしまう女子は決して少なくないといえるでしょう。

出会いが多すぎて消耗した

婚活では、一般的に男子よりも女子の方がたくさんの出会いに恵まれる傾向があります。

同じ婚活サービスに登録してみても、これといった出会いにつながりにくい男子と違い、女子の場合は特に行動しなくても多くのアプローチを受けることができるでしょう。

しかし、出会いが多いというのは、必ずしもよい面ばかりではありません。それぞれの出会いに真剣に向き合おうとすればするほどに、「失礼があってはいけない」「丁寧に対応しなければ」と気疲れしてしまうものなのです。

こうした点から考えてみると、一人一人の異性を大切に考える誠実で真面目な女子ほど、より婚活疲れを感じやすいといってよいのかもしれません。

婚活疲れを放っておくとよくない?

悩んでいる女性

婚活疲れをそのままにした場合、どのような問題が考えられるのでしょうか。具体的な可能性についてチェックしていきましょう。

婚活うつになってしまう危険性

婚活疲れをそのまま放置してしまうと、人によっては婚活うつと呼ばれる状態になってしまいます。

婚活うつの状態では、婚活への意欲が失われるだけでなく、何事にもやる気や楽しさを感じにくくなる・自己否定の気持ちに囚われてしまうなど、精神面に及ぶ悪影響が決して小さくありません。

場合によっては、婚活のみならず、日常生活全般の質を大きく落としてしまうことになるでしょう。

そうした事態を防ぐためにも、婚活疲れを感じたら、できる限り早めの段階で対処するのがおすすめです。

異性が怖くなることも

婚活がうまくいかない時期が続いてしまうと、人はどうしても「自分には魅力がないんだ」「誰にも愛されないんだ」という自虐的な感情に囚われてしまいがちです。

通常の心理状態であれば、そうした考えが正しいものではないことに気づいて考えを軌道修正できますが、婚活疲れで疲弊した心理ではそれができません。

最終的に、異性=自分を否定する存在として、異性そのものを怖いと感じてしまうことになるのです。

当然ながら、異性を怖いと感じた状態で行う婚活は、より一層困難なものになってしまいます。スムーズな婚活を望むならなおのこと、婚活疲れを放置するのは避けた方がよいでしょう。

婚活に疲れたときの対処法

ショッピングの女性

では、実際に婚活疲れを感じたときはどのような対処をすればよいのでしょうか。特におすすめの方法をチェックしていきましょう。

一時的に婚活を休む

婚活疲れを解消するのなら、まずはやはり婚活からいったん距離を置くのがおすすめです。

中には「婚活を休んでいる間にチャンスを逃してしまうのでは…」と心配になる人もいるかもしれませんが、それほど気にする必要はありません。

婚活疲れを抱えたままで婚活を続け、これまで同様チャンスを生かせず終わってしまうことを考えれば、むしろ一時的に婚活を休み、リフレッシュしてからチャンスを求めた方が効率的といえるでしょう。

いったん婚活から離れ、自分と向き合う時間を持つことで、本当に自分が求める結婚の形について新たな発見があるかもしれません。

友達と遊ぶ・趣味に没頭する

婚活疲れに陥っているときは、多くの場合、生活の中心が婚活になっています。「よくよく振り返ってみると、プライベートの時間は婚活ばかりしていた」というのも珍しいことではありません。

そこでおすすめなのが、友達との交流や趣味など、婚活を始める前に楽しんでいたことに時間をつかってみるという方法です。

婚活以外の時間を充実させることは、「結婚が人生の全てではない」という大切な気づきにもつながります。

婚活疲れから解放され、本来の自分を取り戻すという意味でも、ぜひ挑戦したい方法といえるでしょう。

理想の相手を追求しすぎない

婚活疲れというのは、基本的に婚活がうまくいかないことが原因で起こります。この問題を解決する一つの手段として、理想の結婚相手について見直してみるのもよいでしょう。

幸せな結婚を願えばこそ、婚活ではつい理想の異性を求めてしまいがちですが、求める基準が高くなれば、そのぶん条件に合う人に出会える可能性は低くなってしまいます。

また、仮に条件通りの異性に出会えたとしても、その人物が自分を選んでくれる保障はどこにもありません。婚活において、過剰に理想を追い求めるのは、自分で自分の首を絞めることにほかならないのです。

理想の相手を追求しすぎず、どうしても譲れないポイントだけに絞ることで、行き詰まっていた婚活はスムーズに進展し、婚活疲れも自然に解消されていくでしょう。

スケジュールを考え直す

婚活に積極的に取り組んでいると、婚活パーティーなど出会いの場への参加をはじめ、デートやメッセージの送り合いなど、何かと忙しくなりがちです。

そんな忙しさが負担になった結果、知らず知らずのうちに婚活疲れを起こしてしまったという人は決して少なくありません。

「最近忙しいな」と感じたら、婚活にまつわるスケジュールに無理がないかどうか、一度しっかりと見直してみましょう。

余裕のあるスケジュールにすることで精神的なゆとりが生まれ、あなた本来の魅力をより一層アピールできるようになるはずです。

婚活を再開するなら 成婚のポイント

結婚式

一時的に婚活を休んだのち、「さあもう一度挑戦しよう」と思ったら、どのような点を意識するのが正解なのでしょうか。成婚につなげるための大切なポイントを紹介します。

結婚相手のイメージを明確に

婚活は、たくさんの異性の中から自分に必要なたった一人の誰かを探し出すためのステップです。

選択肢が多い中で時間と手間をできるだけ省き、スムーズかつ効率的に婚活を進めるためには、第一に求める異性のイメージを明確にする必要があるでしょう。

どんな相手を求めているのかが明確になれば、そうした相手に出会うためにはどのような行動をすればよいのかも自然とはっきりします。

一緒に趣味を楽しめるような相手が理想であれば趣味のサークルに入ったり、安定した生活を求めるのであれば職業や年収の条件がある婚活パーティーに参加したりと、それぞれの条件に応じた無駄のない婚活ができるでしょう。

受け身ではなく積極的に行動

どんなに強く「結婚したい」と思っていても、ただじっと待っているだけでは残念ながら思うような結果は得られません。

特に女子の場合、ただ出会いの場に参加するだけで多くのアプローチを受けることが多いため、つい待ちの姿勢になってしまいがちですが、自分から動くことで得られるチャンスを逃してしまうのはあまりにももったいないことです。

婚活を成功させるには、「いいな」と言ってくれる人を大切にするのはもちろんのこと、自分から「いいな」と思える異性を見つけることも同様に大切です。

自分から行動を起こす機会を増やせば増やすほど、結婚のチャンスも数多く巡ってくるようになるでしょう。

条件よりフィーリングを大切に

婚活をしていると、新しく出会った異性をついつい条件で判断してしまいがちです。「この人は条件に合わない」と、相手の人となりについて知る前に見切りをつけてしまうこともあるのではないでしょうか。

確かに、安定した幸せな結婚生活を求める以上、ある程度の条件は必要不可欠ではありますが、そもそも結婚相手とは、誰よりも近くでお互いを見守り助け合うパートナーです。

何気ない日常を長く一緒に過ごす人であることを考えると、婚活の際は条件よりもむしろフィーリングを重視するのが正解といえるでしょう。

多少の条件のズレはあったとしても、「この人は居心地がいいな」「ずっと一緒にいたいな」と心から思える相手を選ぶことが幸せな結婚をかなえるためのコツなのです。

婚活をやめるときの基準

男子が女子にアプローチするキャラクター

どんなに努力をしても婚活が実らず、婚活疲れでどんどん疲弊してしまうようならば、思い切って婚活をやめる決断をするのも一つの方法です。婚活のやめ時を見極める基準について確認していきましょう。

苦痛が大きく楽しくないとき

「婚活が面倒くさい」「婚活のことを考えると憂鬱になる」そんな、婚活に対する苦痛が楽しさを上回る状態が続いたら、それは婚活をやめるタイミングと判断してよいでしょう。

婚活を楽しいと思えないときというのは、婚活が義務になっている場合がほとんどです。

「結婚しないと恥ずかしい」「結婚しなければいけない」という気持ちで婚活をしていれば、その思いは自然と表情や態度に表れ、ますますよい出会いを遠ざけてしまうでしょう。

婚活を苦痛に感じたら、「今は婚活をする時期ではない」と割り切って、婚活以外のものに目を向けるのがおすすめです。

経済的に厳しくなったとき

婚活に出費がかさんだ結果、経済面で不安を感じるようになったときというのも、婚活を切り上げる目安の一つです。

どのような手段で婚活をするかにもよりますが、「いざ婚活をしてみたら、思ったよりもお金が必要だった」と感じる人は意外に多いものです。

その出費が生活に支障がない程度に抑えられていれば問題ありませんが、婚活にお金をつかいすぎてしまった結果、結婚に必要なお金が残らないようでは本末転倒です。

将来まで見据えた上で、やはり経済的な負担が大きいと感じたら、婚活の中止も選択肢として検討した方がよいでしょう。

年齢と相談してみても

「長く婚活を続けていても、思うような成果が出ない…」そんなときは、一定の年齢を目安として婚活の期限を決めてみるのも一つの方法です。

婚活に、「何歳までにやめなければならない」というルールはありません。しかし、だからこそやめ時が分からず、ズルズルと惰性で続けてしまうのです。

「○歳になったら婚活はやめる」と決めてしまえば、やめ時に迷う心配はありません。また、期限が明確になることで、婚活に対してこれまで以上に真剣に取り組むことができるでしょう。

人生の可能性を広げるためにも、自分にとってベストな婚活のやめ時についてじっくりと考えてみるのがおすすめです。

まとめ

婚活疲れとは、婚活を続ける中で陥ってしまうネガティブな精神状態のことです。

婚活疲れの主な要因には、異性に拒絶されることによる自信の喪失や金銭的な負担・諦めなどがあり、きっかけ次第で誰もがなり得る心理状態といえるでしょう。

もしも婚活疲れを感じたら、婚活を休んだり、趣味に没頭したりと、いったん婚活から離れて本来の自分を取り戻すことがおすすめです。

自分が求める結婚相手像を明確にし、楽しみながら婚活をすることが、自分にぴったりの結婚相手に出会う秘訣といえるでしょう。
出会いを見つける

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る