毎月7,200人がカップルに!
タップル誕生 - 恋活・マッチングアプリ
ダウンロード
ホーム
タップルとは
安心・安全
料金
サポート
レポート
コラム
出会い
マッチングアプリ
恋愛
星座占い
2019.11.26

大人の友達作りの方法は?一緒に休日を過ごせる友達を見つけよう

年齢を重ねるにつれ、「友達が少なくなったな…」と感じるようになる人は少なくありません。友達がいるメリットや、大人でも実践しやすい友達作りの方法を知り、より充実した日々を過ごすヒントにしましょう。おすすめの友情の深め方も紹介します。

なぜ?大人になると友達が少なくなる理由

PCを操作する女性

大人になると友達が少なくなるのにはどのような理由があるのでしょうか?具体的に確認していきましょう。

仕事が忙しく、遊ぶ余裕がなくなる

多くの場合、社会人になると、学生時代に比べて時間的な余裕がなくなります。

社会人は、学生のように長期休みが少ない上に仕事が忙しく、残業や休日出勤など、プライベートの時間まで削られてしまうことが少なくありません。

短いプライベートタイムは休息や家事などに費やされてしまい、結果として友達と遊ぶ余裕がなくなってしまうのです。

「時間ができたらあの子と遊ぼう…」そう思いながらも実行できないままどんどん時間だけが過ぎていく…これはまさに社会人あるあるの事態といえるでしょう。

休みが合わず、なかなか会えない

自分自身の休みが定期的に取れているとしても、友達の休みも同じタイミングとは限りません。

特に、販売やサービス・医療関係などに従事している場合、週末や長期連休などは休みにくいことが多いため、自然と友達に会う機会は減ってしまうでしょう。

さらに、集まりたいメンバーの人数が多ければ、そのぶん全員の予定を合わせることは難しくなります。

「予定が合わず会えずにいる内に、気が付けばどんどん疎遠になってしまった」というのも、大人の友情においてよくあるパターンといえるでしょう。

就職で地元を離れてしまった

就職を機に地元を離れ、昔なじみの友達と会いにくくなったというのも、大人になって友達が少なくなる大きな原因の一つです。

地元を離れるきっかけが、大学入学など進学のためであれば、その進学先で新たな交友関係を築くことが十分可能です。

しかし、就職を機となると、自然に知り合えるのは主に職場関係の人ばかりになってしまうため、プライベートで遊べるような友達を作るのは簡単なことではありません。

友達を作ることに対してよほどの積極性がない限り、休日は1人で過ごすことが多くなってしまうでしょう。

やっぱり友達がいた方がいい?

友達と夕日を眺める

中には、「でも、友達ってそんなに必要?」と感じる人もいるのではないでしょうか。自分に合ったスタイルを見極めるためにも、友達がいることで得られるメリットをチェックしていきましょう。

一緒に楽しむことができる

友達がいることで得られるメリットといえば、何といっても一緒に楽しめることです。

かわいい雑貨屋やおいしいカフェを見つけたとき・映画やライブに行くとき・旅行を計画するときなど、同じ時間を共有して笑い合ったり、感想を言い合えたりする友達がいれば、その楽しさは格段に大きくなるでしょう。

特に、「1人で行動するのが苦手」という人の場合、行動を共にできる友達がいるかどうかによって行動範囲が大きく変わってしまいます。

このタイプの人にとって、友達の有無というのは、人生の充実度を左右しかねない重要なポイントといえるでしょう。

狭かった視野が広がる

物事に対する視野が大きく広がるというのも、友達がいることで得られる大きなメリットの一つです。

人は、自分の経験や育ってきた環境を軸に、好き嫌いや善悪の基準を作り上げていくものです。

これらの基準となるものが個人的な経験である以上、自覚のないままに特定の思考に偏ってしまったり、偏見を持ってしまったりといったこともあるでしょう。

しかし、自分とは違う環境や経験の中で育ってきた友達は、自分にはない新たな視点を与えてくれる存在です。

友達と交流することでどんどん視野が広がり、それに伴って人間的な魅力も自然と高まっていくでしょう。

悩みや愚痴を聞いてもらえる

友達がいるメリットとして、真っ先に悩みや愚痴を聞いてもらえることをあげる人は多いのではないでしょうか。

大人になると、一社会人としての自立を求められるため、子どもの頃に比べてネガティブな感情を表現しにくい傾向があります。

しかし、大人だからといって、落ち込んだり悲しんだりしないというわけではありません。時には、自分の中で悲しみや怒りを消化できず、誰かに寄り添ってほしいと感じることもあるでしょう。

実際に悩みや愚痴を口にするかはさておき、いざというときに話を聞いてくれる人がいる安心感は、ただそれだけで大きな心の支えになるものです。

友達のありがたみは、人生のネガティブな場面でより一層感じられるものなのかもしれません。

友達ができやすい人の特徴

友達同士

友達を作るには、まず、友達になりたいと思ってもらえる人でいることが大切です。無理なく友達を作るため、まずは友達ができやすい人に共通する特徴からチェックしていきましょう。

悪口や陰口を言わない

友達ができやすい人は、基本的に人の悪口や陰口を言いません。

人のネガティブな側面よりもポジティブな面に自然と目がいくため、一般的には嫌われやすいタイプの人に対しても、「この人のここは好きじゃないけれど、こんないいところもある」と自然に受け入れられるでしょう。

こういったタイプの人は、周囲の人に「この人なら自分を受け入れてくれそうだ」という安心感を与えてくれます。

通常、他人に対して壁を作りがちな警戒心が強い人や、他人にどう思われるかが気になり過ぎてしまう人からも人気が高く、常にたくさんの友達に囲まれているでしょう。

いつも誰に対しても態度を変えない

どんな人にも公平に、態度を変えることなく接するというのも、友達が多い人に共通して見られる特徴です。

相手の地位や状況によって態度が変わる人というのは、自分にメリットのある人にだけ媚びを売る人・機嫌によって相手を振り回す人と判断されるため、多くの場合あまり人望がありません。

対して、誰に対してもどんな状況でも同じ態度で接する人は、裏のない誠実な人と判断され、人望が厚いことが多いでしょう。

「人柄がよく、信頼できる人と仲良くなりたい」と考える人が自然と周囲に集い、下心やかけひきのない、和気あいあいとした人間関係を築いていくタイプといえそうです。

さりげない気づかいができる

周囲の人に居心地のよさを与えられる、さりげない気づかいができることも、友達ができやすい人ならではの大きな特徴です。

人を助けることに対して「やってあげる」という意識がありません。あくまでも、「自分が好きでやっている」というスタンスのため、手助けされる方も必要以上に気後れせずに済むのです。

また、このタイプの人は周囲の空気を読むことも得意なので、困っている人や悩みを抱えている人を自然にサポートできるでしょう。多くの人に愛され、常にたくさんの友達に囲まれているタイプです。

逆に友達が少ない人の特徴

カメラを構える女性

友達ができやすい人がいる一方で、世の中には、本人の意志にかかわらずなかなか友達に恵まれない人というのも数多く存在しています。そんな友達が少ない人に見られる主な特徴を確認していきましょう。

休日は家で過ごしたい

日常の中で出会いの少ない大人が新しく友達を作るには、友達を作る場に自分からアクセスするフットワークの軽さが必要です。

「休日は疲れを取るためにつかいたい」「家でゆっくり過ごしたい」という人は、人と知り合う機会が限られてしまうため、残念ながら新たな友達を作るのは難しいといえるでしょう。

特に、ゲームや読書のような、家の中で1人でできる趣味を持っている場合、自宅で過ごす時間がより一層長くなりがちなため、出会いも期待薄となってしまいます。

大人が一から友達を作ろうとするからには、やはりある程度のアクティブさが必要不可欠といえるでしょう。

コミュニケーションを取るのが苦手

自分から他人とコミュニケーションを取るのが苦手という人も、一般的に友達が少ない傾向にあります。

新しく友達を作ろうという場面では、相手が話しかけてくれるのを待つという姿勢では思うような成果は望めません。「この人と仲良くなりたい」と感じた人に、自分から積極的にアピールすることが大切です。

しかし、コミュニケーションを取るのが苦手なタイプの人は、よく知らない相手に対してついつい一歩引いた姿勢になりがちです。

自分からは動かず、たまたま相手からアクションを起こしてくれたというシチュエーションでしか関係を深められない以上、新たな友達ができる機会は必然的に少なくなってしまうでしょう。

1人でも十分楽しめる

休日はアクティブに過ごし、他人とコミュニケーションを取るのが得意なのにもかかわらず、自然と友達が少なくなりがちなのが1人でも十分に楽しめるタイプの人です。

このタイプの人は、そもそも友達をそれほど必要としていません。仕事や趣味など、自分の向き合うべきものに没頭しているため、自分の時間は全て自分自身のために費やしたいと感じている可能性が高いでしょう。

「友達がほしい」と望めば簡単に作れるものの、現状ではいなくても特に問題がないというのがこのタイプの人の本心といってよさそうです。

大人になってからの友達の作り方

サークル活動

では、大人が実際に友達を作るにはどのようなアクションを起こすのが効果的なのでしょうか。誰でも気軽に挑戦できるおすすめの方法を紹介します。

社会人サークルに参加する

「友達が作りたいけれど、日常生活の中に出会いがない」そんな人は、社会人サークルに参加してみるのがおすすめです。

社会人サークルは、学生サークルの社会人版ともいえる存在で、スポーツをメインにしたものや、友達作りをメインに交流会を行っているものなどさまざまです。

各地域に多数の社会人サークルが存在し、インターネットなどで簡単に調べられるため、自分に向いているものをじっくり探してみるとよいでしょう。

習い事を始める

何らかの趣味を持っている人や、新しく始めたいと考えている人は、ぜひ習い事を通じた友達作りに挑戦してみましょう。

習い事を通じた友達作りには、以下のようなメリットがあります。

  • 参加する曜日や時間帯が決まっていて、毎回同じ人と顔を合わせるため、自然と仲良くなりやすい
  • 価値観やライフスタイルが近い人が集まりやすい
  • 同じ趣味を持つ者同士、話が弾みやすい
  • 親しい友達になってからも、共通の趣味があるため話題が尽きない

習い事がきっかけでできた友達は、同じ趣味を持つ仲間として長く付き合っていけるという特徴があります。

新しい友達作りのきっかけとして、ぜひ実践してみたい方法といえるでしょう。

行きつけの店を作る

行きつけの店を作り、小まめに通うというのも、大人が友達を作る上で非常に効果的な方法です。

選ぶ店の雰囲気にもよりますが、行きつけの店に通っていると、いつの間にか顔見知りが増え、自然と言葉を交わすようになるものです。

特に、居酒屋やバーのようなお酒が入る場所では、アルコールの力もあって、普段は人見知りの人でもスムーズなコミュニケーションが取りやすくなるでしょう。

お酒やグルメが趣味という人にとって、まさに一石二鳥な友達作りの方法といえそうです。

SNSやサイトを活用する

中には、「いざ友達を作ろうと思っても、直接相手の顔を見てしまうと緊張でうまく話せない」という人もいるでしょう。

そんな人におすすめなのが、SNSやサイトを活用した友達作りです。SNSやサイトなら、事前に文字を通じてある程度親しくなれるため、いざ顔を合わせても比較的リラックスした状態で会話を楽しめるでしょう。

気になる相手にメッセージを送ったり、面白そうなコミュニティーに登録したりと、挑戦しやすい方法で始めてみるのがおすすめです。

友達作りで好印象を与える三つのポイント

女性の身だしなみ

新しい友達作りがうまくいくかどうかは、相手に与える第一印象にかかっているといっても過言ではありません。相手に好印象を持ってもらうため、あらかじめ身に付けておきたいポイントを確認していきましょう。

身だしなみ

相手に好印象を与える上で、身だしなみというのはとても重要な要素です。

よく、「大事なのは見た目ではなく中身」といわれますが、そもそも見た目の第一印象で「この人はムリ」と拒絶されてしまえば、中身を知ってもらう段階まで進むことすらできません。

「見た目で好印象を与えられる自分になりたい」と考えるのであれば、まずは清潔感のある常識的な身だしなみを心がけるのがおすすめです。

あまり個性的過ぎることのない、万人受けするスタイルを目指すことで、より多くの友達を作るチャンスが得られるでしょう。

笑顔

親しみやすい笑顔も、人に好印象を抱いてもらうための大切なポイントです。

人は、「相手が自分をどう思っているのか」を、無意識の内にそのしぐさや表情から読み取っているものです。

相手が笑顔であれば自分に対する好意や親しみを感じ、反対に無表情や強張った表情であれば、嫌悪感や不信感を読み取るでしょう。

たとえ心の中は緊張でいっぱいだったとしても、精一杯の笑顔を見せることで、新たな友達が増える可能性がより一層高まるでしょう。

声のトーン

新しく知り合った人と話をする際は、声のトーンについても意識しておくのがおすすめです。

表情と同様に、声も相手に与える印象を大きく左右するものです。「仲良くなりたい」と感じてもらうためには、極端に高過ぎたり低過ぎたりすることのない声の高さで、ゆっくりと話すことを意識するとよいでしょう。

心地よい声のトーンは、聞く人に誠実な信用できる人という印象を与えます。たくさんの友達を作る上で大きな武器になってくれるでしょう。

さらに友情を深めたいと思ったら?

会話する女性たち

新しい友達との仲を上手に深めていくためには、あらかじめ覚えておきたいいくつかのポイントがあります。中でもおすすめの方法をチェックしていきましょう。

お互いの共通点を見つける

一般的に、人は自分に似ていると感じる相手に共感し、親近感を抱くものです。

新しく知り合った友達との仲を深めるのなら、この法則を利用して、お互いの共通点を見つけることから始めてみましょう。

趣味や最寄り駅・職種・出身地・好きな音楽など、いくつか共通点を見つけていく中で、まるでずっと以前から友達だったかのようにお互いを身近に感じられるようになるはずです。

自分から相手に興味を持ち、「もっと知りたい」と思いながら交流することで、意外な共通点がどんどん見つかっていくでしょう。

聞き上手になる

聞き上手になるというのも、友情を深める上で意識したい大切なポイントの一つです。

友達と会話をする中で、ついつい自分の話をするのに熱中してしまい、相手を置き去りにしてしまうという人は少なくありません。

しかし、多くの人はたくさんの楽しい話を聞かせてくれる人よりも、自分の話を真剣に聞こうとしてくれる人に対してより好感を抱くものです。

まだ友情が深まっていない段階だからこそ、聞き上手になって「相手の話を楽しんでいる」という姿勢を見せていきましょう。

悩みを相談してみる

友達との友情を深めたいのなら、思い切って悩みを相談してみるのもおすすめです。

悩みというデリケートな部分を自ら相手にさらけ出すことで、「あなたを信頼し、頼っています」というメッセージを間接的に伝える効果が期待できるでしょう。

特に女子の友情では、お互いの悩みや弱みを知ることでより結びつきが強くなる傾向があります。

まずは相手が戸惑わない程度の軽い悩みを打ち明けて、反応を見ながらお互いの心の距離を縮めていくとよいでしょう。

まとめ

大人の友達作りは、まず出会える場所を探すことから始まります。職場と家の往復という毎日では出会いのチャンスそのものが少なくなってしまうため、自分から積極的に行動する姿勢が必要になるでしょう。

ただし、ただやみくもに動くのはNGです。お互いを尊重し合える友達を作るには、身だしなみや笑顔といった基本を押さえ、相手に「この人と仲良くなりたい」と思ってもらえるよう努力する必要があるでしょう。

お互いに関心を持ち、心から信頼し合いながらいつまでも付き合っていける…そんな大人の友情を築き上げていきましょう。
行動してみる!

恋活・婚活の新スタンダード
マッチングアプリの
出会いって?
マッチングアプリとは、さまざまな目的で出会いたい人たちを結びつけるアプリで、おもに恋活・婚活目的が最近では主流です。

2018年時点で恋活・婚活をするためにマッチングアプリを利用する人が44%と合コン・街コンを抜いて1位になりました。

タップルは毎月7,200人に
恋人誕生中のマッチングアプリ!

タップルは毎月7,200人に恋人誕生中のマッチングアプリ!

タップル利用をきっかけに出会い、マッチングアプリでしあわせになった
カップルたちからの報告が毎日増え続けています。

タップル利用をきっかけに出会い、マッチングアプリでしあわせになったカップルたちからの報告が毎日増え続けています。

タップルレポートをもっと見る
使い方はカンタン3ステップ
使い方はカンタン
3ステップ

好きなことをクリックしたら、異性の写真を選ぶだけ♪ 相手から「ありがとう」がもらえればメッセージのやりとりができます。
会員登録は男性・女性共に完全無料です。
会員登録後、男性はお相手を選んでマッチングが成立するまで無料で体験出来ます。

1
2
3
1

自分に興味があるものを
選択してください。

Step 1 Step 1
2

好みの異性をチョイスして
アプローチしましょう。

Step 2 Step 2 Step 2
3

お互い「いいかも!」と思ったら
メッセージを送ることができます。

Step 3 Step 3
記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る

国内No.1 趣味でつながるマッチングアプリ

1分で完了!カンタン無料登録
Webではじめる アプリではじめる

すでにアカウント登録済みの方は

「タップル誕生」は高校生を除く、
満18歳以上の独身者向けサービスです。

タップルで恋活しよう
毎月7,200人に恋人誕生中!今すぐカンタン無料登録!
毎月7,200人に恋人誕生中!
今すぐカンタン無料登録!
高校生を除く、満18歳以上の独身者向けサービスです。
Webで
はじめる
アプリで
はじめる