毎月7,200人がカップルに!
タップル誕生 - 恋活・マッチングアプリ
ダウンロード
ホーム
タップルとは
安心・安全
料金
サポート
レポート
コラム
出会い
マッチングアプリ
恋愛
星座占い
2019.11.21

年上彼女がほしい。アプローチ方法やうまく付き合うコツを伝授

「年上の彼女がほしい!」そんな願望を持つ男子は少なくありません。実際に行動を起こす際の参考として、年上彼女のメリット・デメリットや付き合い方のポイントをチェックしておきましょう。上手なアプローチのコツについても紹介します。

男子の本音、年上彼女はあり?何歳まで?

コーヒーカップを持つ女性

同じ年代の男子でも、恋愛対象となる女子の年齢層は人それぞれです。まずは、一般的な男子が抱く年上彼女に対する本音から確認していきましょう。

約半数が付き合った経験あり

意外に思われるかもしれませんが、実は男子の約半数が年上女子との交際経験を持っています

これは、社会情勢やそれに伴う個人の人生観の変化により、常識や暗黙の了解に縛られない自由な生き方が浸透しつつあることが大きく関係しているといえるでしょう。

『年上男子×年下女子』の組み合わせが今なお主流であることに変わりはないものの、かつてに比べ恋愛対象の選択肢は広くなっていると考えられます。

男子は年下もしくは同世代の女子と付き合うものという既成概念は、もはや過去のものになっているといっても過言ではないのかもしれません。

5歳から10歳差までOK

では、年上彼女がありと考える男子が具体的にイメージする年齢差とはいったいどのくらいなのでしょうか?

個人差はあるものの、以下のような理由から、実際に付き合うのなら5~10歳差までという考えを持つ男子が多いようです。

  • 年齢差をあまり気にしなくてよいラインがこのくらいだから
  • これ以上離れると異性として考えにくくなるから
  • 世間体を考えると、このくらいまでが無難だから

「彼女は何歳年上でもOK」という男子も少なくないものの、現実的には5~10歳差程度がパートナーとして現実的に考えられる年齢差といえるでしょう。

どんなときに年上彼女がかわいいと思う?

女性

彼女をかわいいと感じられるかは、恋愛感情を育む上でとても重要なポイントです。年上彼女にかわいらしさを感じる主なシチュエーションをチェックしていきましょう。

弱い一面を見たとき

年上彼女が見せる弱い一面を「かわいい」と感じる男子は少なくありません。

年上彼女について、男子はついつい「自分よりもしっかりしているはず」「多少のことには動じないはず」と思ってしまいがちです。

だからこそ、涙を流したり、肩を落として落ち込んでいたりといった年上彼女の弱い部分を見ると、意外なギャップに心をつかまれてしまうのでしょう。

心の奥に弱さを抱えながらも、表には出さずに日々頑張っている…そんな年上彼女を「自分が守ってあげなくては!」と、より愛情が深まっていくのです。

2人になると甘えてくるとき

ほかの人の前ではそうでもないにもかかわらず、2人きりになると甘えん坊になるというのも、男子が年上彼女を「かわいい」と思うポイントの一つです。

具体的には、以下のようなしぐさがあげられるでしょう。

  • 一緒に座っているとき、肩に頭を乗せてくる
  • 自分でできることもあえて頼ってくる
  • 手をつなごうとしてくる
  • 声のトーンが変わる

普段クールな印象が強ければ強いほど、男子の目にはこのような甘えた振る舞いがよりかわいらしく感じられ、ますます年上彼女の虜になってしまうのです。

照れた顔を見たとき

年上彼女を「かわいい」と感じる瞬間として、照れた顔を見たときをあげる男子も多く見られます。

中でもありがちなのが、年上彼女がちょっとした失敗をしてしまったとき、その恥ずかしそうに微笑む表情に目を奪われてしまうといったシチュエーションです。

しっかり者の年上彼女が見せる予想外の一面は、「自分が付いていてあげなくては」と、男子の庇護欲をかき立てるのでしょう。

経験からくる頼りがいピュアなかわいらしさを合わせ持つ年上彼女は、ある意味男子にとって理想の恋人像なのかもしれません。

年上彼女と付き合うメリット

マガジンとブランケット

では、実際に年上彼女と付き合うことで得られるメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

優しくリードしてくれる

年上彼女は、年下の男子よりも人生経験が多いぶん、スムーズに恋愛を進展させるコツについても自然に身に付けている傾向があります。

たとえ男子側が2人の関係の進め方に戸惑いを感じていたとしても、無理に急かそうとはせず、自分から優しくリードしてくれるでしょう。

また、大半の年上彼女は、過去の経験から男子は基本的に自分を立ててほしいと感じていることも知っています。

年齢的には自分が上だとしても、男子のプライドを傷付けないよう上手に振る舞おうとしてくれるでしょう。

経済的な余裕がある

社会人としての経験が長く、経済的に余裕があるというのも年上彼女と付き合うメリットの一つです。

男子の中には、「お金に余裕はないけれど、恋人にあまり負担させるのも…」というジレンマを抱えている人が少なくありません。

しかし、恋人が自分よりも年上であれば、メンツを気にすることなく割り勘をしたり、時には丸々ごちそうになったりもできるでしょう。

よりお金に余裕のない若い年代の男子にとって、経済的に無理せず付き合える年上彼女はとてもありがたい存在といえるでしょう。

包容力がある

ちょっとしたワガママは許してくれる、一緒にいるだけで安らげる…そんな大人の包容力も年上彼女が持つ大きな魅力です。

恋人にありのままの自分を受け入れてほしいと望む男子は少なくありませんが、年上彼女の持つ包容力は、まさにその理想形といえるでしょう。

「男だから」と無理に強がったり、「かっこいいところを見せなければ」と気を張ったりする必要がないというのは、年上彼女と付き合うからこそ経験できる大きなメリットといえそうです。

大人の魅力がある

恋人にセクシーさ余裕などの大人の魅力を求める男子にとって、年上の女子は恋人候補の筆頭といっても過言ではありません。

実際に年上彼女との交際経験がある男子の中には、上辺だけ取り繕った魅力とは全く別の、実体験からにじみ出る独特の色香に骨抜きになってしまい、「付き合うならもう年上以外は考えられない」という人も珍しくないのです。

また、「テンションの高い女子は苦手」「落ち着いた交際がしたい」というタイプの男子にとっても、年上彼女の持つ落ち着いた大人の魅力は交際をする上で大きなメリットとなります。

「せっかく彼女ができても一緒にいるとなぜだか疲れてしまう」「しっくりこないことが多い」という人は、ぜひ一度年上の女子を選択肢に入れてみるとよいでしょう。

年上彼女と付き合うデメリット

本と花

年上彼女との交際では、うれしいメリットが数多くある一方で、避けられないデメリットも複数存在しています。事前の心構えとして、主なポイントを確認しておきましょう。

尻に敷かれる

彼女の性格にもよりますが、年上彼女と付き合うのなら、ある程度の尻に敷かれる覚悟が必要になるでしょう。

年上彼女と付き合っていると、その経験値の違いから、「彼女の方が正しい」「彼女には敵わない」と感じることが多くなります。

そうした経験が重なるにつれ、2人の意見が対立するような場面では彼女の考えを優先することがあたりまえになっていき、気が付けば尻に敷かれた状態になっているといったことが少なくありません。

恋人とのパワーバランスを重視するタイプの男子にとって、年上彼女は何かと不満の募る交際になりやすい相手といえるでしょう。

ジェネレーションギャップを感じる

無理をしなくても話が合うというのは、円満な交際を続ける上で重要なポイントです。

しかし、生まれ育った年代が違う年上彼女との交際では、同世代との交際に比べ、共通する話題を見つけることが難しく、また、価値観の違いも感じやすくなるでしょう。

こうしたジェネレーションギャップは、「同世代の恋人ならもっと分かり合えるのに…」と、お互いの心が離れてしまう原因にもなるものです。

年上彼女と付き合うのであれば、お互いの違いを楽しむ余裕が必要なのかもしれません。

母と子のような関係になってしまう

恋人というよりも、母と子のような関係になりがちというのも、年上彼女と付き合うデメリットの一つです。

全てを許し、受け止めてくれる年上彼女の包容力や精神的・経済的な余裕は、安らぎを求める男子にとってかけがえのない大きな魅力といえるでしょう。

しかし、年上彼女に与えられる過剰な居心地のよさは、恋人というよりもお母さんに近いものです。

とことん甘やかされている内に、ふと気が付くと異性としては見られなくなっていたといった事態に陥ってしまうのも珍しいことではありません。

異性としてのときめきを保つためには、お互いがもともと他人であることを忘れず、一定の緊張感を保ち続ける必要があるでしょう。

結婚について考えなければいけない

年上彼女と付き合うデメリットとして、結婚を視野に入れなければならないことをあげる男子は多いものです。

恋人のライフプランを真剣に考える誠実な男子ほど、「付き合っても結婚に至らなかった場合、彼女の時間を無駄にしてしまうのでは?」という不安から年上彼女との交際をためらう傾向にあるでしょう。

のちのち後悔しない選択をするためにも、将来について考えられる相手なのか、また、万が一の破局も受け入れられるかを、お互いがあらかじめ自分自身に問いかけておく必要があるでしょう。

年上彼女がほしい!アプローチのコツは?

ハート

年上彼女を作るためには、同世代や年下の彼女を作る際とは違ったアプローチが必要です。特におすすめのアプローチのコツをチェックしていきましょう。

最初は礼儀正しく、丁寧な言葉で

年上の女子にアプローチをするのなら、まず大切にしたいのが礼儀正しさです。

中には、相手が女子というだけで、年齢に関係なく始めから上から目線で振る舞ってしまう男子もいますが、こうした男子は恋人候補という以前に一人の人間として拒絶されてしまう可能性が高いでしょう。

年上の女子にアプローチをする際は、同性の年上に対するのと同様に、まずは丁寧な言葉や振る舞いで敬意を示しつつ、距離が近付くにつれて徐々にくだけた関係性に持っていくのが正解といえるでしょう。

積極的にコミュニケーションをとる

年上女子は、自分の方が年上という引け目から、年下男子に惹かれたとしても自分から動くのをためらってしまう傾向があります。

そんな年上女子のデリケートな心情に配慮して、アプローチの際は男子側から積極的にコミュニケーションをとっていくのがおすすめです。

男子が自分から距離を縮め、好意をストレートに表現することで、年上女子も安心して次の一歩を踏み出せるようになるでしょう。

かわいらしさと男らしさの両面を見せる

年下の男子について、ついつい「かわいいな」と保護者のような視線で見てしまう女子は少なくありません。

そんなかわいらしさを武器に懐に入り込むのも一つの方法ではありますが、異性としての魅力をアピールするのならやはりそれだけでは不十分です。

自分よりも経験値の高い年上女子の心を動かすには、年下としてのかわいらしさを持ちつつも、いざというときには頼りになる男らしさをしっかりとアピールすることが重要になるでしょう。

恥ずかしがらずにどんどん褒める

恥ずかしがらずにどんどん褒めるというのも、年上女子の心を動かす効果的なアプローチ法です。

一般的に、女子は年齢を重ねるごとに褒められる機会が減っていくものです。特に外見については、自分自身でも衰えを自覚しているため、やや自虐的になってしまうこともあるでしょう。

そんな年上女子だからこそ、年下男子からのストレートな褒め言葉にはグッと心をつかまれてしまいます。

年下男子ならではの無邪気さや率直さを生かし、あれこれと考えすぎず、「いいな」と感じたことをそのまま表現していきましょう。

年上彼女との上手な付き合い方

手をつなぐ男女

アプローチが功を奏し、年上彼女を作ることに成功したのなら、次に知っておきたいのが円満な関係を維持していくための上手な付き合い方です。特に重要なポイントをチェックしていきましょう。

彼女に甘え過ぎない

年上彼女との交際では、相手の優しさにあぐらをかいて甘え過ぎてしまうことのないよう注意することが大切です。

年上彼女は、よほどのことがない限り、「自分の方が年上だから」と年下彼氏の振る舞いを受け入れ、許す傾向があります。

そんな年上彼女に甘え、油断をしていると、積もり積もった彼女の不満が大爆発し、いきなり別れを突きつけられるといった事態を招かないとも限りません。

唯一無二の恋人になったからこそ、年上彼女の心情に配慮して、大切にする姿勢を忘れないようにしましょう。

ケンカをしたら先に折れる

もしもケンカになったなら、意地を張らずに自分から折れるというのも年上彼女と上手に付き合うための重要なポイントです。

年上彼女と年下彼氏との交際では、お互いに年上としてのプライドと男としてのプライドがぶつかり合ってしまい、和解しにくいという特徴があります。

仮に彼女の側の言い分に正当性があった場合、意地になっている年下彼氏のことを「やっぱり年下は子どもっぽくて付き合いにくい」と見限られてしまうことにもなりかねません。

年上彼女との関係を大切にしたいのであれば、先に折れることを厭わない姿勢が必要といえるでしょう。

気持ちは言葉で伝える

年下彼氏と付き合っている女子は、多かれ少なかれ「若い子に目移りされるんじゃないか」「結局は捨てられるんじゃないか」という不安を抱えているものです。

その不安がエスカレートした結果、捨てられる前に自分から別れることを選んでしまう人も珍しくありません。

年上彼女との安定した関係を築くのであれば、そんなデリケートな年上彼女の心情をふまえ、気持ちを言葉でしっかりと伝えるよう心がけることが大切です。

日々たくさんの愛情や感謝を言葉にして伝えることで、年上彼女があなたへ抱く愛情や信頼も揺るぎないものになっていくでしょう。

年上彼女との結婚のタイミングは?

プロポーズする女性

年上彼女との交際が順調に続けば、やがて結婚についても具体的に考えるようになるはずです。お互いに自然な形で結婚を決断できる、おすすめのタイミングを確認していきましょう。

仕事が一段落したとき

男子が年上彼女との結婚を決断するタイミングとして多いのが、仕事が一段落して、将来への見通しが立ったときです。

家計を支えるという意識が強い男子は、仕事が安定し、自分の経済的基盤を築いてから結婚を決断する傾向にあります。

とはいえ、あまりにも慎重になり過ぎてしまうと、年上彼女の方がしびれを切らしてしまう可能性もあるでしょう。

「この人と結婚したい」という強い気持ちがあるのなら、「たとえ完璧な環境ではなかったとしても、2人で力を合わせれば何とかなる」という、ある程度楽観的な姿勢も大切なのかもしれません。

30歳の誕生日を区切りに

「彼女と結婚したいけれど、これといったタイミングがない」そんな人におすすめなのが、年上彼女の30歳の誕生日を一つの区切りとして結婚へと動き出すという方法です。

個人の考え方は時代と共に多様化しつつありますが、女子の中には、未だ「30歳までに結婚したい」「30代で独身なのは恥ずかしい」という考えを持つ人が少なくありません。

29歳の誕生日にプロポーズをして、ちょうど1年後を目安に結婚式などを行うというプランなら、そんな女子の夢を無理なく実現できるでしょう。

まとめ

大人の女子ならではの色気と、包容力・経済力などを合わせ持つ年上彼女は、男子にとってとても魅力的な存在です。「自分もそんな年上彼女がほしい…」そんな風に考える男子も少なくないでしょう。

とはいえ、年上彼女というのは決して男子の欲求を全て満たしてくれる都合のよい存在ではありません。

実際に付き合いたいと思うのであれば、まずは年上彼女に対する敬意を忘れず、自分自身が相手を満たす存在になれるよう努力する必要があるでしょう。

年上彼女と付き合うメリット・デメリットや上手な付き合い方を理解して、お互いに心から大切に思い合えるような年上彼女を作るためのヒントにしていきましょう。
モテ試しする?

恋活・婚活の新スタンダード
マッチングアプリの
出会いって?
マッチングアプリとは、さまざまな目的で出会いたい人たちを結びつけるアプリで、おもに恋活・婚活目的が最近では主流です。

2018年時点で恋活・婚活をするためにマッチングアプリを利用する人が44%と合コン・街コンを抜いて1位になりました。

タップルは毎月7,200人に
恋人誕生中のマッチングアプリ!

タップルは毎月7,200人に恋人誕生中のマッチングアプリ!

タップル利用をきっかけに出会い、マッチングアプリでしあわせになった
カップルたちからの報告が毎日増え続けています。

タップル利用をきっかけに出会い、マッチングアプリでしあわせになったカップルたちからの報告が毎日増え続けています。

タップルレポートをもっと見る
使い方はカンタン3ステップ
使い方はカンタン
3ステップ

好きなことをクリックしたら、異性の写真を選ぶだけ♪ 相手から「ありがとう」がもらえればメッセージのやりとりができます。
会員登録は男性・女性共に完全無料です。
会員登録後、男性はお相手を選んでマッチングが成立するまで無料で体験出来ます。

1
2
3
1

自分に興味があるものを
選択してください。

Step 1 Step 1
2

好みの異性をチョイスして
アプローチしましょう。

Step 2 Step 2 Step 2
3

お互い「いいかも!」と思ったら
メッセージを送ることができます。

Step 3 Step 3
記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る

国内No.1 趣味でつながるマッチングアプリ

1分で完了!カンタン無料登録
Webではじめる アプリではじめる

すでにアカウント登録済みの方は

「タップル誕生」は高校生を除く、
満18歳以上の独身者向けサービスです。

タップルで恋活しよう
毎月7,200人に恋人誕生中!今すぐカンタン無料登録!
毎月7,200人に恋人誕生中!
今すぐカンタン無料登録!
高校生を除く、満18歳以上の独身者向けサービスです。
Webで
はじめる
アプリで
はじめる