毎月7,200人がカップルに!
タップル誕生 - 恋活・マッチングアプリ
ダウンロード
ホーム
タップルとは
安心・安全
料金
サポート
レポート
コラム
出会い
マッチングアプリ
恋愛
星座占い
2019.10.28

年の差恋愛でうまくいく秘訣を紹介。礼儀と尊敬を忘れないことが大切

年の差カップルはジェネレーションギャップなどの問題はあるものの、良好な関係を維持できるケースが多いようです。その秘訣はなんでしょうか?年の差カップルがうまくつきあうための秘訣や、起こりがちなトラブル、つきあうメリットを紹介します。

年の差恋愛は楽しい

カップル

年の差恋愛は、同年代とつきあうのとは勝手が違うと感じる人も多いようです。しかし、年の差があるからこその楽しさもあります。どんな風に楽しいのか、まずは楽しみ方を見ていきましょう。

同世代にはない刺激を得られる

年の差があると、同世代にはない刺激を得られます。たとえば相手が年上の場合、経済的に自分より裕福な場合も多く、そうなるとデート先には今まで行ったことがない大人の魅力あふれるスポットが選ばれることもあるでしょう。

逆に若い世代だと、若い子の間ではやっているイベントや、懐かしい場所でデートをする機会があるかもしれません。

他には、年上にリードされたり、年下の場合は自分がリードしたりと、同世代とは違うつきあい方を楽しめるのも、年の差カップルならではと言えます。

困難がある分、絆も強くなる

年の差カップルならではの障害もあります。共通の話題の少なさや経済感覚の差、デートの場所を選ぶにしても「活気のある場所がいい」「落ち着いた場所がいい」という感じで、趣向に差が出る可能性があるでしょう。

しかし、そういった困難をお互いに協力して乗り越えることができれば、強い絆が生まれます。気が合うだけでは距離を詰めるのは難しいことがありますが、困難がある分だけお互いに対する信頼や愛情が増すことに期待が持てるかもしれません。

年の差カップルの魅力とメリット

デート

年の差カップルならではの魅力やメリットにどのようなものがあるのかを紹介します。

ケンカしにくい

ケンカは基本的に、相手と考え方や視野のレベルが同じだから発生します。どちらか一方が大らかな気持ちで接することができればケンカにはなりにくいでしょう。

年上からすれば、相手の言うことが幼くかわいいと感じたり、年下だから許してあげようという気持ちになったりします。相手が落ち着いて話をしてくれるので、年下からしてもクールダウンしやすく、ケンカになりにくいのです。

パートナーとのケンカが多いと、つきあっていても疲れます。ケンカが少ないのは、年の差カップルの魅力と言えます。

恋愛以外の相談ができる

年の差があると、お互いに生活圏が違います。お互いが知らないことを多く知っているため、恋愛以外のことでも相談しやすいのです。

特に年上への相談については、豊富な経験から人間関係や仕事の悩みなどについて的確な助言をくれることに期待が持てます。落ち着いて話を聞いてもらうだけで問題が解消することもあるでしょう。

一方、年上からしても「若い子の気持ちがわからない」「はやっているものについて知りたい」といった若い子の立場に立った相談ができます。

同世代同士のカップルより、問題解決に向けて広い意見や多角的な解決方法が見つかるでしょう。

年下とつきあうと若返る

年下の異性とつきあうと、肌のハリなどの健康面もそうですが、言葉づかいやファッションなど、やはり自分よりも若々しいと感じます。

パートナーから情報を聞いて、自分も若い子のファッションを取り入れてみたり、自分も若返ろうと美容に力をいれたりして、つきあう前よりも若々しく見えることがあります。

逆に年上とつきあうと、大人のファッションやマナーなどを相手から学べるので、落ち着いた大人の雰囲気を身につけることが可能です。

年の差恋愛でありがちなトラブル

妊娠したカップル

年の差カップルはメリットや魅力も多いですが、やはりトラブルになってしまうことも多くあります。

つきあい始めてから「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないように、起こりやすいトラブルをあらかじめおさえておきましょう。

結婚したい時期にズレがある

年下のパートナーからすれば「20代はもっと遊びたい、結婚は30代になってからがいい」と思う人もいるでしょう。しかし、自分が30代なら、10年たって結婚するとき、自分はアラフォーです。

そのため年下は結婚したい時期を遅く考え、逆に年上は結婚時期を早めたい傾向にあります。

結婚を考えてつきあうのであれば、お互いがいつ頃結婚するのか、時期についてある程度、妥協点を見つけておかないと、つきあい始めてからトラブルになってしまいます。

出産や子育てに関する不安も生まれる

女子の場合は特に、年齢が高くなるほど不妊や出産に伴うリスクが高くなります。男子の場合も、女子ほどではないですが高齢になるほど子どもは作りにくくなると言われているのです。

育児についても同様の問題が起こります。

40代の結婚となると、子どもが成人する頃には定年退職を迎えることになるでしょう。体力的にそこまで子どもの面倒をみられるのか、また子どもを大学に入れ、なおかつ老後のことを考えた上での経済的余裕が必須です。

経済面や体力の問題もあって、そもそも子どもを作らないことを選択するか、作っても1人だけというカップルも多くいます。

ジェネレーションギャップを感じる

流行した音楽やドラマなどは、世代によって違います。カラオケで歌うにしても、お互いにまったく知らない歌ばかり歌っていれば盛り上がりようがありません。

言葉づかいが妙におじさん臭かったり、ファッションセンスが古かったりして、恥ずかしく思えてしまうこともあるでしょう。考え方についても、年の差を意識する場面は多く出てきます。

つきあってからさらに親密になっていくのに、同世代と比べると時間がかかるかもしれません。

しかし、いったん仲良くなることができれば、その後も良好な関係を続けられる可能性は高いので、ジェネレーションギャップがあることをわかった上でつきあうことが求められます。

年下が甘えすぎて疲れる

つきあいたての頃は年下が甘えてくるのはかわいく、思わずキュンとくることもあるかもしれません。しかし長くつきあっていると、一方的に甘えてくる関係に疲れてくることがあります。

そのうち甘え方にも遠慮がなくなっていき、仕事で疲れているときも休みのときも甘えてきて参ってしまう…なんてケースも珍しくありません。

かといって途中から一方的に突き放しても、相手は不満を持つでしょう。年の差があると距離感のつかみ方も難しいので注意が必要です。

年の差恋愛のコツ。年上彼氏の場合

彼氏

年の差カップルでうまくいくためのコツを紹介します。まずは、年上彼氏とつきあう場合のポイントから見ていきましょう。

年齢を意識させない

お互いに年齢のことを意識しない、意識させないような会話をすることが重要です。年齢に関する話題をどちらからも出さないようにルールを作っておくといいかもしれません。

自分の得意な話題に持ち込もうとすると、どうしても年齢を意識せざるを得ません。2人で見に行った映画の話題やデートの思い出など、共通の思い出を話題にするのも良いでしょう。

若者言葉など、若者ではやっている言葉はつかわないように心がけるのもポイントです。わからない言葉があると聞き返してきて、気まずい空気になってしまうこともあります。

「年上だから」「年下だから」と年齢を引き合いに出した振る舞いをせず、自然体でいられるようになることが重要です。

甘えすぎない

相手が年上だと、ついついリードされがちです。年上の相手がデートの行き先から全部決めてしまい、支払いまで全部持ってくれることもあるでしょう。

そういうエスコートをされるとつい甘えてしまいそうになりますが、相手は金銭的に無理をしているのかもしれませんし、さらにプレゼントなどをねだるようになると、お金目当てでつきあっているのだと勘違いされることもあります。

年の差はあっても、対等の関係でいることがカップルとして長続きするコツです。相手がいくら頼りがいがあっても、頼りすぎないように自重しましょう。

感謝を伝える

年上の相手からは食事代を出してもらったり、プレゼントをもらったりすることも多くなります。ここで大切なのは、感謝の気持ちをしっかり伝えることです。

相手からすれば「喜んでもらいたい」「感謝の言葉を言ってもらいたい」という気持ちはあるでしょう。

何かをしてもらってお礼も言わずに当然だと思っているような人とはつきあいにくいものです。それはたとえ、お互いの距離の近しいカップルでも違いはありません。

小さなことでも感謝を伝えることで、相手ももっと尽くしてあげたくなります。

年の差恋愛のコツ。年上彼女の場合

年上の彼女

今度は男子の視点から、年上彼女とうまくつきあうコツについて紹介します。女子が読む場合は、年下彼氏の態度について考えてみてください。

真剣に結婚を考えていることを伝える

30代、あるいは40代になってくると結婚を視野に入れているのは当然です。相手に対しても遊びではなく、結婚を前提に考えていることも多いでしょう。

年上彼女からすれば、「この人は本当に結婚する気があるのだろうか」と常に不安に思っているものです。あまり曖昧な態度を取っていると、内心では不満を募らせてしまうことがあります。

そのため、結婚について考えているのであれば、そのことを伝えるようにしましょう。時期や内容を具体的に話し、彼女の不安を和らげてあげれば、彼女も余裕を持って接してくれます。

頼りたいと思ってもらう行動を見せる

結婚を視野に入れている相手なのですから、単なる恋人としてではなく、人生のパートナーとしても見られています。一方的に甘える関係だと「婚約者としては頼りない」と見放されてしまうかもしれません。

また「年下は頼りにならない」と思い込んでいる年上女子は多いものです。荷物を持ってあげたり、心配してあげたりといった気づかいを見せて、頼りになることを示しましょう。

単なる年下の男子ではなく、パートナーとして意識してもらえるようになります。

彼女に依存しすぎない

彼女の方が経済力があるため、依存しすぎるのは別れる原因になり得るので、注意しましょう。

いつも食事代やデート代を出してもらったり、デートのプランを常に彼女に立ててもらったりという関係は、彼女にとって負担が大きくなります。

まして、それが当たり前になってお礼も言わないとなると、彼女からすれば彼氏に対して強いストレスを感じてしまいます。「食事代は払ってもらったけど、直後に別れを告げられた」なんて事例もあるほどです。

年上女子ほど、自分のパートナーとして相手がふさわしいかを見ていますので、独立した男子であることをアピールすることが重要になります。

年の差恋愛をしたい。年上に振り向いてもらう方法

年の差カップル

いつも仕事で助けてくれる優秀な上司や、リードしてくれる年上の先輩など、年上で魅力のある人が周囲にいる人もいるでしょう。そして「あんな素敵な人とつきあってみたい」と思うこともあります。

しかし、年上の相手に振り向いてもらうのは、やはり同世代に振り向いてもらうのとは勝手が違います。どうすれば振り向いてもらえるのか、具体的な方法を紹介しましょう。

若さをアピールする

年上男子の中には、自分より若い女子とつきあいたいと思っている人が多くいます。

そのため、年上男子に若さをアピールするのはとても効果的です。プールやボーリングなど、体力をつかう遊びにさそってみたり、時にはちょっとセクシーな服を着て迫ってみたりするのもいいかもしれません。

かわいいと感じてもらう

年上男子は甘えられるのが大好きです。自尊心を刺激され、ついつい好感を持ってしまいます。

仕事上でわからないことがあれば、素直にストレートにお願いしてみてください。かわいさをアピールするのに、変に着飾ったり甘えた声を出したりする必要はありません。

素直に頼って、お礼を言えば十分です。わかっていることをあえて聞いてみてもいいかもしれません。頼りにしていることをアピールするだけでOKです。

話が合うと思ってもらう

年下の女子とつきあいたいと思っていても、「実際に何を話したらいいかわからない」というのが、多くの年上男子の本音でしょう。そのため年下女子とはつきあいに一線を引いている人もいます。

そんな男子に意識してもらうには、話しやすい存在だと思ってもらうことです。相手の趣味をリサーチするなどして、相手に合わせた話題を提供するのが効果的でしょう。

年下の女子としてではなく、きちんと恋愛対象として見てもらうことがポイントです。

年上と出会いたいならマッチングアプリがおすすめ

アプリ

「魅力的な年上の彼氏・彼女とつきあってみたい」と思いつつも、現実で考えた場合、つきあいたいと思えるほどの魅力ある年上はなかなかいません。

それでも年上にたっぷり甘えて大人の魅力を体感したいという人におすすめの方法は、マッチングアプリを利用することです。

マッチングアプリをつかうメリットや、どんなアプリをつかうのがいいのかを解説します。

日常でつながりがない人と出会える

マッチングアプリは、インターネット上で恋人・結婚相手を見つけるためのアプリです。出会い系とは違って、真剣におつきあいする人が集まるサービスもたくさんあります。

全国の登録者の中から相手を探すので、日常ではつながりを持っていない人とも出会えますし、自分にぴったりの相手を見つけやすいのも特徴です。

それにマッチングアプリは、色々な条件から探すことができます。年齢だけでなく、趣味や年収、身長や学歴などからも検索できるので、理想の相手を探すことが可能です。

相手が見つかったら、まずはスマホでメッセージを送り合うことになります。その中でやっていけそうな相手かを見定め、お互いに気に入ったならデートという流れになります。

真剣な人が多い有料アプリがおすすめ

マッチングアプリのサービスは多くあります。中には無料でつかえるアプリもありますが、真剣な交際相手を探しているのなら、無料アプリは避けましょう。

無料アプリの場合、サービス内容やサポートが有料版と比べて劣ることも多く、満足できる相手を見つけられる確率が下がるからです。中には出会い系のような質の低いものや、個人情報が欲しいだけのものもありますので注意しなければなりません。

有料アプリはサービスや質が良いものも多く、さらに1番のメリットは真剣に交際について考えている人が集まりやすいという点です。わざわざお金を払っているのですから、恋人や結婚相手探しにみんな本気です。

パートナーを探すのであれば、有料アプリの利用をおすすめします。

まとめ

年齢差のあるカップルはジェネレーションギャップや結婚に対する考え方など、障害が多いのは確かです。それが理由で別れるカップルも少なくありません。

しかし、そういった障害を乗り越えたときには強い絆を持つカップルになれます。年上・年下ならではの魅力や面白さもありますので、年が離れているからといって遠慮せずに、積極的にアプローチをしてみましょう。

お互いが尊重しあって、対等に接することができるようになれば、同世代カップル以上にうまくいく可能性が高いです。
理想の人、見つかるかも

恋活・婚活の新スタンダード
マッチングアプリの
出会いって?
マッチングアプリとは、さまざまな目的で出会いたい人たちを結びつけるアプリで、おもに恋活・婚活目的が最近では主流です。

2018年時点で恋活・婚活をするためにマッチングアプリを利用する人が44%と合コン・街コンを抜いて1位になりました。

タップルは毎月7,200人に
恋人誕生中のマッチングアプリ!

タップルは毎月7,200人に恋人誕生中のマッチングアプリ!

タップル利用をきっかけに出会い、マッチングアプリでしあわせになった
カップルたちからの報告が毎日増え続けています。

タップル利用をきっかけに出会い、マッチングアプリでしあわせになったカップルたちからの報告が毎日増え続けています。

タップルレポートをもっと見る
使い方はカンタン3ステップ
使い方はカンタン
3ステップ

好きなことをクリックしたら、異性の写真を選ぶだけ♪ 相手から「ありがとう」がもらえればメッセージのやりとりができます。
会員登録は男性・女性共に完全無料です。
会員登録後、男性はお相手を選んでマッチングが成立するまで無料で体験出来ます。

1
2
3
1

自分に興味があるものを
選択してください。

Step 1 Step 1
2

好みの異性をチョイスして
アプローチしましょう。

Step 2 Step 2 Step 2
3

お互い「いいかも!」と思ったら
メッセージを送ることができます。

Step 3 Step 3
記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る

国内No.1 趣味でつながるマッチングアプリ

1分で完了!カンタン無料登録
Webではじめる アプリではじめる

すでにアカウント登録済みの方は

「タップル誕生」は高校生を除く、
満18歳以上の独身者向けサービスです。

タップルで恋活しよう
毎月7,200人に恋人誕生中!今すぐカンタン無料登録!
毎月7,200人に恋人誕生中!
今すぐカンタン無料登録!
高校生を除く、満18歳以上の独身者向けサービスです。
Webで
はじめる
アプリで
はじめる