毎月10,000人がカップルに!
タップル誕生 - 恋活・マッチングアプリ
ダウンロード
2019.10.28

一人で生きると決断する前に行動しよう。出会いのチャンスはある

一人で生きることを考えるタイミング

1つの花をつかむ女性

最近はインターネットの普及もあって、家で仕事もできますし通販で買い物もできるので、一人で生きていくことも決して不可能ではありません。

しかし、人間は社会的な生き物です。子どものうちは家族がいて学校がありますし、大人になっても仕事という集団生活の中で生きることになります。

そういった中で、一人で生きることを考えさせられるのはどんなときなのでしょうか?

人と合わせられないと思ったとき

近年の社会は、価値観が多様化しており、流行の移り変わりも早いです。そのため、周囲に取り残されているのではないかと感じる人もいます。

会社やサークルに参加しても馴染めないと感じることも多く、「自分は人と合わせることができない人間だ」と思ってしまうこともあるでしょう。

そんなときは、「わざわざ他人に合わせて窮屈な思いをするよりも、最初から一人で生きることを選んだほうがいいのではないか」と考えてしまいがちです。

恋愛がうまくいかない、出会いがないとき

大好きだった恋人やパートナーと別れた直後は落ち込んだ状態から抜けられず、「こんな思いをするならもういっそこれからは一人で生きていく」と決意してしまう人もいます。

パートナーが良い相手であるほど、この人の代わりはいないと思い詰めてしまい、後から現れる人を愛することができなくなってしまうのです。

社会人になるとコミュニティが一気に狭くなっていき、異性との出会いがまったくなくなってしまうことがあります。そうして年齢をある程度重ねてしまうと「もうこのまま一人でいいかも」と思えてしまうのです。

コミュニケーションの挫折から立ち直れず、そのまま一人でいることを選んでしまうケースもあります。

一人で生きるメリットとデメリット

葉っぱに覆われた顔

一人で生きると決断する前に、まずは一人で生きることについて、メリットとデメリットを考えてみましょう。特にデメリットに耐えられるかどうかは、真剣に検討する必要があります。

自由に生きられる

一人で生きるということは、他人にとらわれないということです。

恋人がいるとデートや旅行をしたり、記念日を祝ったりということもありますし、家族を持てばなおさら、財産や時間を自由にはできません。

また、家族や子どもができれば、育児に時間をつかいますし、休日も家族サービスをしなければならず、独身でいたときよりも休めなくなります。

子どもを大学まで入れる費用を捻出しなければならず、独身時代のように、稼いだお金をすべて自分につかうことはできません。

しかし一人でいれば、自分の時間やお金を好きにつかえます。お金がかかる趣味も続けられますし、恋愛も自由です。

そういった気楽さと自由度の高さから、一人を選ぶ人はいます。

ただし頼れるのは自分だけ

一人で生きる上で困ることは、自分に親身になってくれる人間がいないということです。人生を左右するような重要な悩みを抱えていたとしても、それを話せる人がいません。

パートナーがいれば、共に悩んだり意見を聞くことができます。話すだけでも楽になることもあるでしょう。しかし一人の場合、大きな悩みや誰にも打ち明けられないような問題を抱えたときに、一人で考えて答えを出さなければなりません。

他にも何かトラブルがあったときに力になってくれる人がいないのもデメリットです。一人になるとしても、なんでも相談できる友人などは作っておいたほうがいいでしょう。

家族、子どもを持つことができない

「わたしは一生独身でいい」といいつつも、やはり同い年の友人や同僚が結婚して家族を作っていくのは、寂しく感じるものです。子どもや家族の話題に自分だけ入れず、取り残されたような気分を味わうかもしれません。

また、家族旅行や子どもの将来を見守るといったような、家族が持てる幸せを体験できないのも、一人身の欠点といえます。

もちろん、家族がいることで育児や家族サービスなどの手はかかるものの、きょうだいや友人が子どもと遊んでいる姿を見ると、子どもが欲しくなるという人もいます。そういった楽しみや幸福を味わえないのは、一人で生きる場合のデメリットといえます。

一人で生きていくと決めたら。必要な準備

ランニングの女性

一人で生きていくというのは、簡単なことではありません。将来のことを考えて色々な準備をしておく必要があります。

どんな準備をしなければならないのか、具体的に解説します。

仕事をがんばり、お金を稼ぐ

一人で生きるということは、誰の助けも借りられないということです。ケガや病気のトラブルがあったときに、誰かからお金を借りたり看病してもらったりすることもありません。

休職扱いされて給料が出なくなったときや、働けなくなったときに備えて、ある程度の貯金は必要です。お金を蓄える習慣をつけましょう。65歳で定年退職したとしても、そこから20年以上は暮らせるだけの蓄えが必要になります。

そのためにも仕事をがんばることが大切です。キャリアアップによる昇給や資格取得によって、給与額を上げて貯金しやすいようにしておきましょう。

また、社内の地位や役職を上げておけば、リストラもされにくく、再就職もしやすくなります。

家事スキルも身につける

料理や洗濯、掃除など身の回りのことをすべて自分でやらなければなりません。

これらのスキルはもちろん家族がいる場合にもできたほうが良いものですが、一人で過ごすとなるとより高度なスキルを求められます。

また、税金の手続きや家計簿のやりくりなども、一人で行う必要があります。

友達などつながりを増やす

一人で生きるとはいっても、交友関係や会社の関係まで完全に絶つ必要はありません。何かあったときに頼れる友人を増やしておくのも手です。

それに、娯楽を満喫するといっても、一人では楽しむのに限界があります。旅行やカラオケなど、遊びに行くにしても気の合う友人と一緒のほうが楽しめるでしょう。

一人で生きるということは、孤独に生きるということではありません。寂しくならないように、その分交友関係を広げるのがベターです。

一人で生きることが不安になるタイミング

ベッドで突っ伏す女性

一人で生きていると、それなりに不安になることもあります。どういったタイミングで不安が増すのかをあらかじめ覚えておくと、不安が薄れるでしょう。

同調圧力を感じたとき

今の世の中では「結婚すべき」「子どもを作って親を安心させるべき」といった考え方の人も多いです。一人で生きていると、時折同調圧力を感じることもあるでしょう。

親きょうだいからの「いい加減結婚しないの?」という言葉や、会社の上司や同僚からも家族を持つように薦められることもあります。

彼らは善意でいっているのでしょうが、周囲の話を聞くと「自分は一人でいいのか」と不安に思ってしまうこともあるかもしれません。

病気や年をとったときのことを想像したとき

家族というのは、自分がケガや病気にかかったとき、それに年をとって体力が落ちた特に支えてくれる存在でもあります。

介護施設に入るのも、高額なお金がかかるものです。年をとって体が弱っても一人で過ごさなければならないことに、不安を感じる人も多いでしょう。また、自分を訪ねてくれる家族がいないのを寂しいと感じることもあるかもしれません。

近年は孤独死する老人などがニュースで度々取り上げられます。健康なときだけではなく、ケガや体が弱ったときを考えておくことも必要です。

親やきょうだいが亡くなったとき

家族を持たず一人で生きる人の場合、親やきょうだいが自分にとっての最大の理解者であるケースも多いでしょう。

そんな親きょうだいが亡くなったときに、精神的に不安を感じる可能性が高いのです。そういった場面では、パートナーや家族の存在は大きな支えになりますが、一人でいる場合はそうはいきません。

また、遺産相続や遺品整理なども自分でやらなければなりませんし、お墓の問題も出てきます。親きょうだいがなくなるときのことも考えておきましょう。

心残りがあるなら行動してみよう

コスメと花

一人で生きると決意したからといっても、それが一生の選択というわけではありません。望むのならいつでも変えることができます。

ただ、年をとっていくほど体力や時間的な問題で誰かとつながるのは難しくなっていきます。一人でいることに迷いがあるのなら、まずは行動してみてはいかがでしょうか。

行動を変えると道が拓ける

出会いがないという悩みの原因は、実はコミュニティの幅が狭いことがほとんどです。会社と自宅を行ったり来たりするだけの生活で、新しい出会いが増えるはずもありません。

今までの行動で出会いがないというのであれば、今現在の行動を変えてみましょう。サークルやSNSコミュニティへの参加などで、人間関係の幅がぐっと広がります。

また、社内の付き合いであっても、今までよりも積極的に話しかけてみたり、飲みにさそわれたらついて行ったりすると、今まで知らなかったその人の一面が見えて、関係が深くなることもあります。

何歳からでも結婚はできる

結婚適齢期は20代から30代などといわれていますが、しようと思えば結婚に年齢は関係ありません。有名人の中には50代で結婚している人もいますし、もっと上の60代で結婚している人もたくさんいます。

周囲の風潮や話に流されて「自分は結婚適齢期を過ぎているから結婚できない」と考えているのであれば、その考えを捨てて婚活にチャレンジしてみてください。何歳になっても結婚することは可能です。

今すぐできることからチャレンジ

出会いは何歳からあるとはいっても、やはり若い頃のほうが機会が多くあるのは事実です。その観点から考えると、行動を起こすのにもっともベストなタイミングは今現在ということになります。

それに「明日から」や「次の機会」から行動しようと思っていても、何かと理由をつけて引き延ばしてしまうこともあるでしょう。行動しようと思ったら、今すぐ始めることが重要です。

そして何も大がかりな準備を必要とするものである必要はありません。自分の登録しているSNSサービスや好きなものなど、他人と出会うとっかかりはすでに持っているはずです。

そういったものを再確認して、自分がすぐできることから始めてみてください。

不安より希望を動機にするのが成功の近道

積まれた本とハート

生きる上ではさまざまな不安や悩みが出てくるでしょう。しかし、人生を楽しむために大事なことは、不安よりも希望を動機にして動くことです。

なぜ希望を動機にすることが成功にするのかを解説しますので、悩んでいる人は参考にしてみてください。

結婚で不安が消えるわけではない

結婚する理由として「将来面倒を見てくれる人がいないと困る」「孤独死したくない」といったことを挙げる人は少なくありません。

たしかにそれも現実的な意見ですが、だからといって不安が消えるわけではありません。

ケガや事故などでパートナーが動けなくなってしまうこともありますし、重い病気にかかることもあるでしょう。そうなれば、介護をしなければならないのは自分です。

将来的な不安から結婚するのであれば、結婚することで発生する不安についても考えなければならないでしょう。

結婚をすることや子どもを作ったとしても、人生に対する不安が消えるわけではないのです。

ポジティブ思考が成功につながる

どんな選択をしたとしても、後悔や不安は少なからず残ります。後悔しないために結婚をしたり、子どもを作っておいたりといった消極的選択では、幸せに生きることは難しいでしょう。

それよりも、もっとポジティブな動機に目を向ける必要があります。

20代に結婚すれば老後まで40年程度はあります。そんな長い期間の後の老後のための保険として結婚を考えるより、単純に愛する人と生活ができる喜びを動機にするほうが幸せになれる可能性は高くなります。

失敗を恐れてチャレンジしないことよりも、成功後の喜びや恩恵を期待してチャレンジしたほうが、成功につながるのではないでしょうか。

結婚相手を探すならマッチングアプリがおすすめ

カップルマスコット

もし一人でいることをやめて結婚相手を探すのであれば、マッチングアプリの利用がおすすめです。

マッチングアプリにはどんなメリットがあるのかを紹介します。

20代でも出会いを求めてアプリを始める人は増加

最近は20代でも、パートナーを求めて恋活・婚活アプリを利用する人が増えています。

昔と違って働く女子が増えて、恋活・婚活になかなか時間がとれないことや、インターネットの普及などによる利用者数の増加、アプリがどんどん便利になっていることも要因でしょう。

出会いがないと諦める前に、恋活・婚活アプリをつかってみてはいかがでしょうか。

手軽に始められる

恋活・婚活アプリは手軽に始められるのが魅力です。

まず、恋活・婚活アプリはスマホから利用できます。そのため、空き時間を利用して男子を探したり、やりとりしたりすることが可能です。

それにお見合いのような実際に会うとなれば、会場のセッティングやお互いのスケジュール調整などやることが山積みです。しかし、恋活・婚活アプリならネット上でセッティングして、相手とデートや会う日取りを直接調整できます。

このように手軽に恋活・婚活活動ができるのがアプリの魅力といえるでしょう。

マッチングアプリ選びのコツ

スマートフォン

恋活・婚活を行うためのマッチングアプリには色々な種類があります。その中で自分に合ったアプリの選び方について見ていきましょう。

自分に合ったユーザー層か確認

利用しているユーザー層があっているかも大切です。例えば、20代前半の若い世代がメインでつかっているアプリに40代の人が参加しても、相手を見つけるのはなかなか難しいでしょう。

性別の比率もあります。女子がつかうなら、女子の比率が高いアプリをつかうよりも、男子が多いアプリのほうが競争率も低く、理想の相手も見つかりやすいでしょう。

アプリのユーザー層がどちらの性別に向けたものか、それに年代や他のサービスが自分に合っているかを確認してから登録することをおすすめします。

有料アプリのほうが本気度が高い人が多い

アプリには無料と有料があります。一見するとお金がかからない分、無料のほうがお得だと思ってしまうかもしれません。しかし、無料のアプリは冷やかしでつかう人や、出会い目的で利用する人もいます。

お金を出すということは、当然本気度が高いわけです。本気で恋人や結婚相手を探したいのなら、有料アプリを利用しましょう。

まとめ

現在はインターネットの普及もあって、一人で生きていくことは決して不可能ではありません。お金も時間も自由につかえるため、一人のほうがいいという人もいます。

ただし、周囲からの同調圧力や、ケガや病気をしたときのリスクについては考えなければなりません。十分な貯金や家事スキルの習得など、準備をしておく必要があります。

そしてもし「出会いがないから一人でいたい」と思っているのなら、サークルへの参加や恋活アプリの利用など、出会う機会は自分でいくらでも作り出せます。

本当に一人で生きていくのかどうかは、メリットとデメリットを十分に考えた上で、自分の心の声に素直に耳をかたむけて決断することが大切です。
ありのままで恋をする

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る
タップルに新機能追加されました!
タップルコン

タップルコンとは?

タップルコンは、オンライン上で簡単に1時間の婚活パーティーに参加できる機能です。あなたの趣味や年齢を加味して、相性が合う可能性が高い男女4〜7名をマッチングします!

タップルコンとは
タップルコンについて、
もう少し詳しく知りたい方はこちら

まずは無料でダウンロード

すでに登録済みの方は こちら

高校生を除く、満18歳以上の独身者向けサービスです。