毎月7,200人がカップルに!
タップル誕生 - 恋活・マッチングアプリ
ダウンロード
ホーム
タップルとは
安心・安全
料金
サポート
レポート
コラム
出会い
マッチングアプリ
恋愛
星座占い
結婚
2019.7.26

ネットでの出会いは結婚につながるの?メリットとデメリットを解説

最近は、マッチングアプリの普及に伴ってネット恋愛も当たり前になりつつあります。しかし、相手の見えないネットでの出会いに不信感を持つ人ももちろんいるでしょう。「実際どうなの?」という方に向けて、ネットでの出会いに孕む危険性と、実際に結婚に至る可能性について話していきます。

ネットによる出会いのメリットとデメリットとは?

スマホを操作する手元

ネットでの出会いを求める人が増えているということは、現実の出会いにはないメリットがあるということでしょう。
まずは、ネットによる出会いで得られるメリットとデメリットをご紹介します。

ネットによる出会いのメリット

まずはメリットから。「ネットの持つ便利さ」がそのまま出会いにも活かされているようですが、さっそく詳しく見ていきましょう!

効率が良い

現実で新しい出会いを増やそうと思ったら、自分からどこかへ足を運んだり、誰かに話しかけたりする必要があります。時間も労力もかかることですし、アプローチできる人数には限りがあります。

しかし、ネットで出会いを探すときに必要なのはスマホ1つのみ。より短時間で手間もかけず、多くの人と出会うことができるのです。忙しいときでもスキマ時間で効率よく出会いが見つかるため、自分のペースで無理なく続けられます。

費用を安く抑えられる

街コン、合コン、恋活パーティなどに参加すると、特に男性なら、1回で8000円以上の出費になることも珍しくありません。それだけのお金を払っても納得のいく出会いが見つからないことはざらにありますし、コスパはかなり悪いといえるでしょう。
それに対して、ほとんどのマッチングアプリは男性は月額制で、月に多くても4000円程度しかかかりません。女性なら無料のところも多いぐらいです。たったの4000円で1ヶ月に何十人もの異性を探せると考えれば、外部のイベントで異性と交流するより金銭面ではるかにお得です。

普段出会えない異性と出会える

日常ではある手の届く範囲の身近な人としか出会えませんが、ネットであれば世界中のさまざまな人とつながることができます。自分と違う趣味・性格の人や他県の人といった、普段付き合うことのない異性との出会いが期待できるのです。
幅広い人間関係を手に入れたいのであれば、ネットの出会いはおすすめです。

おすすめは「タップル」

出会いを探している20代男女におすすめするマッチングアプリは「タップル」です。
「タップル」は20代の5人に1人が使っている大手マッチングサービスで、毎月7000人以上に恋人ができているというマッチング率の高さが特徴です。

さまざまな趣味のカテゴリーに自由に参加することで、共通の趣味を通して仲を深め、スムーズにデートまでつなげることができます。莫大な数の登録者の中から、効率よく、自分にあった人と出会える。この「ネットでの出会いのメリット」を最大限感じられる場でしょう。

ネットによる出会いのデメリット

得することばかりに見えるネットでの出会いにもデメリットはあります。
メリットだけでなくデメリットも十分理解したうえで、ネットでの出会いを楽しみましょう。

さまざまな目的で使っている人がいる

「ネットの出会い」とひとくちにいっても、なぜ出会いが欲しいのかは人それぞれですし、その目的は会ってみるまでわからないこともあります。
結婚を視野に入れて真剣に出会いを探している人もいれば、趣味友達や飲み友達といった軽い関係を望む人もいるのです。
お互いの目的が一致しているかどうかを早めに確認しておくことが重要です。

プロフィールの詐称を見破れない

ネット上に記載している相手のプロフィールは真実とは限りません。
仕事や学歴、年齢などはいくらでも偽れますし、最悪性別すら嘘である可能性もあるのです。
こればかりは実際に会ってみるまで見破ることができないため、ネットの情報を鵜呑みにせず、自分の情報もあまり相手に教えないようにしましょう。

ネットと実際の印象が違うことがある

プロフィールの情報と同様に、実際の印象も会うまでは分かりません。
ネット上では簡単に自分を偽れるので、メッセージのやりとりでは明るかった彼が、実際に会ってみると思ったより暗くて会話が盛り上がらなかった、なんて話はよくあります。

ネットと実際の印象は違うこともあると理解し、相手に過度な期待を持たないというスタンスも必要です。

 

ネットをきっかけに出会った人の体験談

つないだ手

ネットでの出会いにはメリットもデメリットもありますが、「ネットを通した恋愛って本当にありえるのかな」と思う人もいるかもしれません。
そこで、ネットをきっかけに付き合うことになったカップルの実例を紹介します。

自宅と職場の往復で新しい出会いを探していたAさん(東京都 26歳女性)は、思い切ってマッチングアプリを開始。
はじめたその日に男性から「いいかも」が来て、メッセージのやり取りを始めたAさん。それがとても楽しかったようで、じきに電話をすることになったのですが、はじめての電話でなんと8時間もおしゃべりしたとか。
男性の声や話し方に心地よさを感じたAさんは、まだ会ったことがないにも関わらず「この人の事は、きっとものすごく好きになる」と感じたそうです。

デートの約束をしてその日を楽しみに待っていたある日、突然男性から「今から会いに行っていいですか?」という連絡をもらったAさん。お互いすこし離れたところに住んでいるにも関わらず、車で会いに来てくれた男性からその日に告白されたそうです。
現在は、まだ日は浅いながらも結婚を見据えてお付き合いしているみたいですね。

マッチングアプリでの偶然の出会いから、将来の伴侶になる男性との幸せを見つけたAさん。このように、ネットでの出会いで人生が変わった人も多いのです。

 

ネットでの出会いに潜む危険性

クエスチョン

お互いの素性が分からないネットには多くの危険が潜んでいますよね。
ネットで出会ううえで、気をつけるべきポイントを解説します。

デート前に気をつけるポイント

「まだ実際に会っていないから大丈夫」と安心していないでしょうか。
デート前だからと気を抜かず、相手に心を開きすぎないよう注意しましょう。

個人情報を教えない

相手がこちらの連絡先・住所といった個人情報を求めてくる場合がありますが、むやみに漏らすのはやめましょう
1度連絡先を教えてしまうとしつこくつきまとわれる可能性がありますし、もし個人情報をネット上に流されたら、取り返しのつかない事態になります。
何度か会ってみて、信用できるか見極めることが重要です。

すぐに会う約束をしない

ネットで知り合った人とすぐに会うのは控えましょう。会うことで分かることもあるでしょうが、お互いの素性が分からないからこそ、会う前にはある程度のコミュニケーションを図り、相手がどのような人間かを少しでも知る必要があります。そうでないと、ミスマッチが起こったり、危険な目に遭ったりする可能性もあるからです。

また、知り合ってすぐに会おうとする人は後腐れのない軽い関係を好む傾向があり、そのような人と出会ってもメリットはありません。
すぐに会う約束はせずにしばらく距離を取り、メッセージのやりとりを通して、会っても大丈夫な人か判断することをおすすめします。

メッセージで盛り上がりすぎない

メッセージのやりとりを通して相手を見極めることは大切ですが、かといって盛り上がりすぎるのも考えものです。
なぜなら、ネット上の会話で盛り上がりすぎると、実際にあったときとテンションの差が生じてしまい苦痛になる可能性があるからです。
実際に会うケースを想定し、ネットのメッセージにのめり込みすぎないようにしましょう。

初デートで気をつけるポイント

初デートのときには多くの気をつけるべきポイントがあります。
決して距離を縮めすぎず、相手が信用できる相手か、今後も会って大丈夫な人かどうかをしっかり見極めることが重要です。

個室に入らない

個室居酒屋やカラオケなど、個室に入ると必然的に相手との距離が近くなります。お持ち帰りを狙うヤリ目の男性はこのような場所に積極的に誘ってくるため、周りの人の目が届くような開けた場所で会うことをおすすめします。
特に居酒屋では、あまりアルコールを入れすぎないように注意しましょう。

夜遅くに会わない

夜の遅い時間帯に初対面の男性と会うのはリスクが大きい行為です。
初デートはなるべく明るい日中にしたり、ディナーではなくランチに行くなどして、少なくとも21時頃には解散するようにしましょう。

第三者への態度を観察する

デート中に、飲食店の店員さんやタクシーの運転手といった第三者に対する男性の態度をチェックしてみてください。彼らに対して威張ったり横柄な態度を取ったりしていたら、いずれあなたにも同様の態度を取るかもしれません。職場や紹介といった出会い方でないからこそ、こういった「自分以外の人への態度=普段の態度」を意識的にチェックしておくことは非常に重要です。
外見は優しそうでも内面に我が儘で暴力的な本性を隠している人もいるものですよ。

 

ネットでの出会いから結婚にいたるケース

結婚式

ネットがきっかけで付き合うだけに留まらず、結婚にまで至るケースもあります。
ネット婚活の実態や、結婚する際に気をつけるポイントを見ていきましょう。

ネット婚活の実態は?

現代はネット恋愛の代表的なツールになっているマッチングアプリですが、その歴史はまだ浅く、初めて日本に登場したのは2012年になります。
出会い系と比較して、年齢確認・本人確認が徹底されていたり、24時間365日の監視体制が敷かれていたりなど、クリーンで安全なイメージが注目され、若者だけでなく中高年の人まで幅広くネットでの出会いを楽しんでいます。

マッチングアプリは気軽な付き合いを求める人だけでなく、将来を見据えた真剣な出会いを望む人も多く利用しています。
この傾向は、リクルートブライダル総研が実施した「婚活実態調査2018」の調査結果がはっきりと示しています。さまざまな婚活をしたのちに結婚した人の中で、婚活サイト・アプリを通して知り合い、結婚した人は、2015年から2017年の間で約7%増えているのです。
現在は当時より多くのマッチングサービスがリリースされ、勢いも増しているので、ネットの出会いがきっかけで結婚したカップルはさらに増えているのではないでしょうか。

結婚する際の注意点

ネットで出会った相手と結婚するとき、特に注意すべきポイントは仕事、年収といったステータスです。
ネットで出会う際のデメリットで、相手のプロフィールに嘘がある可能性を挙げましたが、結婚するとなると相手の社会的なステータスは無視できない要素になります。

「仕事や収入のような金銭的なことは聞きにくい」という人がいるかもしれません。しかし、真実が見えないネットでの出会いが始まりだからこそ、将来の生活に直結する情報については事前に確認しておかなければいけないのです。

結婚に発展したカップルの体験談

桜下のカップル

仕事が忙しく、これまで恋愛には積極的になれなかったSさん(大阪府 23歳女性)は、軽い気持ちでマッチングアプリを始めたそう。
とある男性のプロフィールがなんとなく気になったSさんが「いいかも」し、メッセージがスタート。

初めは友達と交わすような気軽なやり取りだったのが、回数を重ねるごとに居心地の良さを感じて、少しずつ電話をするようになりました。
気がつけば毎日テレビ電話までする仲になっていたそうです。

交流が続き、約1ヶ月後にはじめてデートすることになった2人ですが、始めて男性を見つけた瞬間、一目で「あ…わたし、この人と結婚したい」と感じたのだとか。
結局デートでは終始照れっぱなしで手を繋ぐこともなく、夕方5時には解散したのですが、家に着いて携帯を見ると男性から着信があったそうです。

「信じてくれないかもしれないけれど、改札口から出てきた瞬間、結婚したい、って思った。結婚を前提にお付き合いしてほしい。」
なんと、お互いの一目惚れで交際が始まったのです。

付き合ってもう1年になる2人は同棲をスタートし、ついに春、入籍したそうです。
「よく友達に『アプリを使って出会うって、なんか恥ずかしい』とか『ネットの出会いって、なんだか抵抗感があるな』とか言われますが、あくまで私はキッカケにすぎないと思います。キッカケがたまたま、アプリなだけだったんです。」とSさんは語ります。

初対面で一目惚れという、まさに運命的な出会いを果たしたSさん。彼女のいうとおり、出会いのかたちに正解も間違いもありません
この男性とであれば、結婚しても円満な家庭を築けそうですね。

 

まとめ

ネットでのコミュニケーションは、日常生活では出会えないような人と出会えたり、運命的な出会いにつながったりする可能性を秘めています。
いまだに抵抗を感じる人も多いものの、デメリットをしっかりと理解しておけば、便利な出会いのツールとして利用できるのです。

ネットの危険性にはじゅうぶん配慮したうえで、少しでも出会いのチャンスを増やしていきましょう。

ストアバナー

開催期間:2019年8月15日〜8月31日
みんなといる時に見せる「オモテ」の姿と
恋人の前で見せる「ウラ」の姿には
どんなギャップがあるか診断してみよう!
edited by
Yoyogi
モテない学生時代でしたが、マッチングアプリをはじめて新しい自分を見つけました。出会いを求める皆さんに、マッチングアプリの魅力を伝えていきたい。
記事一覧を見る

国内No.1 趣味でつながるマッチングアプリ

1分で完了!カンタン無料登録
Webではじめる アプリではじめる

すでにアカウント登録済みの方は

「タップル誕生」は高校生を除く、
満18歳以上の独身者向けサービスです。

タップルで恋活しよう
毎月7,200人に恋人誕生中!今すぐカンタン無料登録!
毎月7,200人に恋人誕生中!
今すぐカンタン無料登録!
高校生を除く、満18歳以上の独身者向けサービスです。
Webで
はじめる
アプリで
はじめる