毎月7,200人がカップルに!
タップル誕生 - 恋活・マッチングアプリ
ダウンロード
ホーム
タップルとは
安心・安全
料金
サポート
レポート
コラム
出会い
マッチングアプリ
恋愛
星座占い
手を繋いで歩くカップル
2019.6.13

いまさら聞けない「合コンの意味」を解説!自分に合う出会いは?

20代の出会いを求める人は、合コンに誘われることもあるかと思いますが、「実際合コンってなに?」と考えたことはありませんか?ここでは、普通の飲み会と合コンの違い、合コンの意味そのものについて紹介します。

合コンの意味

グループで盛り上がる男女

はじめに合コンという言葉の意味から紐解いていきます。

合コンの合同の意味

合コンとは「合同」という言葉と、「コンパ」という言葉が合体した「合同コンパ」を略してできた言葉です。

2つのグループが一緒に飲み会を開催するという意味で「合同」という言葉が使われています

男女の数が「合っている」という意味で「合」という文字が入っていると思っている人も意外に多いようです。

コンパの意味

つづいてコンパの意味ですが、コンパという言葉は英語のCompanyという言葉やドイツ語のKompanieという単語が語源になっている言葉です。

Company(カンパニー)は一般的に会社と訳されることが多いですが、まったく同じスペルで、「交際」「付き合い」「社交界」といった意味にも訳されます。

合コンのコンパの部分の意味は後者の方が元になっていて、日本では飲み会のことをコンパと呼んでいます

合コンという言葉の意味

「合同」の意味と「コンパ」の意味は理解してもらえたのではないでしょうか?

つまりは「男女の2つのグループが合同で開催する飲み会」が合コンです。

合コンの歴史

手でハート

合コンの言葉の意味を理解したところで、合コンの歴史についても触れておきましょう。

現在は男女の出会いの場として合コンはすっかり浸透していますが、合コンの歴史がはじまったのは1970年頃だと言われています。

この頃に、女性の大学進学率が高くなり、どうしても女性グループと男性グループに分かれてしまうという状況を打開するめ、大学内で合コンの原型となる飲み会がはじまります。

当初から男女の集まりではあったものの、出会いが目的ということではなかったようですね。

最初は大学内の女性サークルと男性サークルでおこなわれていました。しかし、合コンはいつのまにか大学内にとどまらず、他の大学との交流まで広がりをみせるようになります。

大学生のみならず社会人にまで合コンの文化が波及し、男女の出会いの場として多くの人に認知されるようになり、現在の合コンのかたちになっていったようです。

合コンが世に知られるようになった80年代の後半は、「みだらな出会い」といった見方をされていた時代もあったようですね。

しかし、2000年代になった頃には、「どこで出会ったのか?」という質問に「合コン」と答えられるほどには、悪くないポピュラーなイメージに変化していったようです。

合コンとコンパ(飲み会)の意味の違い

ビールを掲げる手

つづいては合コンと飲み会の意味の違いについて詳しく紹介します。

出会いが目的

合コンは2つのグループが合同でおこなうものですが、もちろん男性グループと女性グループの2つのグループでおこないます。

普通の飲み会との意味の違いで一番大きいのは、合コンはあくまで男女の出会いを目的としておこなう飲み会だという点です。

コンパとつく飲み会には、合コンの他に新入生を歓迎するための「新歓コンパ」や、卒業生のために下級生が開催する「追いコン」といったものがあります。

合コン以外のコンパは、特に男女の出会いを目的とているものではありません。

男女の数が合っている

合コンでは通常男女の数を合わせて開催します。

この数を合わせるということから、人数合わせで合コンに呼ばれる人なんかもでてきてしまうわけですね。

コミュ力が試さている

合コンは通常、男女合わせて4人〜10人くらいの人数で開催されることが多いですが、人数が多くなるとその中で会話をすすめるコミュ力が必要になってきます。

出会いの場として合コンを好む人の中には、異性がグループで参加しているからこそ、「その人が友達とはどんな風に接しているのか」がわかるというところに魅力を感じている、という人もいるようです。

人によって一対一のほうが魅力を発揮しやすい人もいるし、大勢の中に入った方が魅力を発揮する人もいますよね?

合コンはどちらかというと中規模の集まりを好む人向きの出会い方です。

4人〜10人ほどの集まりで、自分の魅力を発揮する自信のある人は合コンを出会いのフィールドとして選んで良さそうです。

合コンのコツとは?誘い方からモテる方法・盛り上げ方まで徹底解説
2019.5.30

戦友にしてライバルでもある

合コンは異性との出会いを目的としているので、一緒に来た友人と狙っている相手が被ってしまうことだって十分に考えられます。

合コンにおいて友人は、恋人をゲットするため共に戦う戦友であるとともに、同じ異性を取り合うことにもなりうるライバルでもあるわけです。

団体戦

合コンの基本はグループ同士の団体戦です。さきほど個人のコミュ力がためされるという話をサラリとしましたが、実は団体としてのコミュ力も試されています。

合コンを本気で盛り上げるには、友人同士の事前の作戦会議も必要になってくるでしょう。

普通の飲み会と違い個人戦に団体戦と、合コンはバトルフィールドとしての側面も持っているわけです。

連絡先の交換

普通のコンパになくて合コンにあるものの1つが連絡先の交換です。

この連絡先の獲得こそが、合コンというバトルフィールドを生き抜いた勇者に与えられる、第二ステージへの挑戦権です。

中には必ず連絡先をきかなければ失礼に感じてしまい、どんな異性でも合コンでは必ず連絡先を交換する人もいるようです。

しかし、第二ステージへ挑戦する気がない異性から権利だけ獲得するのは、逆に失礼な話です。

ラストステージまで行ってみたいと思える異性とだけ連絡先を交換しましょう。

ストアバナー

 

他の出会い方と合コンの比較

海岸を散歩するカップル

つづいて合コンと他の出会い方を比較していきます。

合コンと街コン

街コンは地域の活性化を目的として地方自治体や運営業者がおこなう大規模な出会いのイベントです。

30人〜40人くらいの規模でおこなわれるものが多いようですが、大きいものでは400人以上のものもあります。

合コンは1つの男性グループと1つの女性グループでおこないますが、街コンは1人参加や2人1組参加など、小さいコミュニティの人がたくさん参加するスタイル

大勢の異性と実際に会ってみて、その中からフィーリングの合うパートナーを選びたい人には向いているイベントです。

レストランや飲食店の空いてる時間で収益率を上げることも目的としているので、比較的安い料金で美味しい料理を楽しみながら出会えるのも合コンにはない特徴ですね。

街コンとは?成功者だけが知っている街コンの成功パターンと注意点について
2019.5.14

合コンと婚活パーティー

つづいて婚活パーティーとの比較ですが、婚活パーティーと合コンの大きな違いは婚活パーティーには料理やお酒が出てこないという点です。

お酒を飲んだほうが調子よく話せるタイプの人は婚活パーティーより合コンで出会ったほうが魅力を発揮できるかも。

しかし婚活パーティーでは、合コンと違い異性のプロフィールをちゃんと確認することができます。

また、参加者全員と話してみる時間がちゃんと設けられているので、型にはまったやり方の方が動きやすい人は婚活パーティーがおすすめです。

合コンではやはり多弁で、話し上手な人が目立ってしまい、話す機会を失ってしまう人もいますよね?

婚活パーティーなら話す機会がちゃんと与えられるので安心です。

合コンと相席屋

相席屋と合コンの比較ですが、相席屋の良いところは事前のブッキングがいらない点です。

合コンをする場合には、まわりに交友関係の広い幹事タイプがいなければ開催することができませんもんね。

料金としては最初の30分、男性は1500円〜1800円でその後、10分ごとに500円〜600円ほどの料金が加算されていきます。女性は無料です。

無料と聞くと良い感じがしますが、ここに相席屋のちょっとした問題があるよう。

というのも、相席屋を利用する女性は出会いではなく、無料の食事を目的として利用している人もいるようなのです。

相席屋は忙しい人には準備もいらないし、利用しやすいという良い点もあります。

しかし、結婚につながるような真面目な出会いを求める人には、もう少し良いフィールドがあるように思います。

【20代男女におすすめ】出会いの場42選を紹介!
2019.5.27

合コンとマッチングアプリ

つづいては合コンとマッチングアプリの比較です。

マッチングアプリは合コンと違い、事前のブッキングが必要なく出会うことができる新しい出会いの手段ですね。

20代の男女はまだガッツシ婚活!という出会いより、共通の趣味を通じて気の合う異性と出会い、徐々に仲を深めていくことを望んでいる人も多いでしょう。そんな20代男女には、フランクに出会えるマッチングアプリがおすすめ。

特に、「タップル」は共通の趣味から異性と知り合うことができるので、友達のように自然に楽しい時間を過ごせるパートナーを見つけられるはずです。

趣味別にカテゴリーが用意されているので、そのカテゴリーに登録している相手の中から共通の趣味がある相手を選びます。

合コンだとどうしても、みんなと時間を合わせるのが難しい人もいますし、20代は自分の都合だけで休みを選択しづらい人も多いですよね?

休みの日が平日だという人もこれなら安心です。

個人的にタップル面白い!と思ったのは、結構マニアックな趣味のカテゴリーも用意している点です。

「アニメ好き」「ゲーム好き」「マンガ好き」といったオタク系のカテゴリーもあるようです。こういったオタク系の趣味って合コンではあまり出さない人が多いのでは?

タップルを使えば、普段は会えないようなマイナーな趣向のパートナーとも出会えそうです。

僕はプロレス好きなんですが、「格闘技プロレス」好きのカテゴリーに入って、プロレス好きの女性と実際に出会うことができました!

マッチングアプリならメッセージをコツコツとマメに続けていけば、誰でも好みの異性と仲良くなることができそうですよ。

じゃあ、メッセージのやりとりが苦手な人が「タップル」使ってもダメかな?というと、それがそうでもないようです。

「タップル」には「おでかけ」という機能がありまして、これは24時間以内に一緒にでかける相手を女性側から募集し、男性がさそうという機能です。

複数で募集している場合や、一対一の場合など色々あります。

この機能を利用すれば、「まず会ってから考えたい!」というフィーリング重視の人にもバッチリ合いそうですね。

マッチングアプリと言っても、画像とプロフィールをみて、まずはメッセージというだけではなくなってきているようです。

この機能をつかえば合コンって必要なのかな?と正直思ってしまいました(笑)

大勢での出会いの場が得意で無い人や、仕事が忙しくて都合が合わない人もこれで解決ですね!

まとめ

向き合うカップル

今回は記事の中で、合コンという言葉の意味を詳しく紐解いて、その歴史や他の出会いとの違いも紹介しました。参考になったでしょうか?

1970年頃からはじまった合コンも、時代と共に少しずつその意味を変化させ、現在に至っているようでした。

合コンを他の出会いと比較してみましたが、自分にあった出会いのフィールドはあったでしょうか?

大勢の中で話すのが得意で、コミュ力の高い人は街コンなどを利用するのも面白そうですね。相席屋は真面目な出会いには不向きなようでした。

合コンは時間の都合がつきやすく、まわりに幹事タイプの人がいる場合に参加できる出会いの方法という感じのようでした。

あまり時間がない中でも「ピタッと自分に合う」人を探す手段としては、マッチングアプリが使いやすいようです。

自分に合った出会いの方法を選択することが良いパートナーと出会う第一歩

皆様に良い出会いがあるように祈っています。

ストアバナー
edited by
ハナブサ
自由な生活スタイルを追求した結果、不動産投資をしながらフリーライターという生き方を選択した男。壊滅的にサラリーマンには不向きなタイプ。旅行とカメラが趣味。過去には世界を一周した経験もアリ。しかし未だに飛行機の乗り方をよく分かっていない。
記事一覧を見る
タップル誕生 趣味でつながる恋活サービス
1分で完了!カンタン無料登録
Webではじめる アプリではじめる

すでにアカウント登録済みの方は

「タップル誕生」は高校生を除く、
満18歳以上の独身者向けサービスです。

タップルで恋活しよう
毎月7,200人に恋人誕生中!今すぐカンタン無料登録!
毎月7,200人に恋人誕生中!
今すぐカンタン無料登録!
高校生を除く、満18歳以上の独身者向けサービスです。
Webで
はじめる
アプリで
はじめる