「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
コーヒーとマカロン
2021.3.30

デートで面白い話は必要なの?デート中の会話で重要な要素とは

デートでは面白い話をするべき?

コーヒーとマカロン

楽しいデートをする上で、そもそも面白い話は必要なものなのでしょうか?

まずは、デート中の会話で求められる要素とその理由について詳しく見ていきましょう。

面白い話より楽しい会話

デート中の会話では、相手を笑わせることを重視した面白い話にこだわりすぎるのではなく、お互いのコミュニケーションを重視した楽しい会話を心がけるのがおすすめです。

確かに、面白い話で相手を笑わせることも2人の距離を縮める上で効果的な方法ではありますが、笑いのツボは人によって違うため、うまくいくかどうかは一種の賭けになってしまいます。

その点、2人で盛り上がれる楽しい会話であれば、どちらか一方が話し続ける必要もなく、お互いに心地よいやりとりを楽しめるでしょう。

「この人との会話は気持ちがいいな」「もっと話をしていたいな」と思えるのは、2人の関係を進展させる上でも大きなメリットとなるはずです。

お互いを知るためにも会話は重要

中には、「自分は会話が苦手だから、会話以外の思いやりや気配りでよさを分かってもらおう」と考える人もいるかもしれませんが、これはあまりおすすめできません。

というのも、相手が同じ価値観を持つ人でない限り「こんなに話をしないなんて、この人は自分と仲良くなるつもりがないのかな」との誤解を招いてしまう可能性が高いからです。

人と人とのコミュニケーションの基本は、あくまでも会話です。

相手との関係を大切に考えているのであれば、デート中の会話の重要性についてしっかりと理解しておく必要があるでしょう。

女性を喜ばせる会話術とは

カフェに座るカップル

「デート中に楽しい会話をしたい」と思ったら、具体的にどのような点を意識すればよいのでしょうか。

まずは、女性を喜ばせるおすすめの会話術からチェックしていきましょう。

女性の思いに共感する

女性を喜ばせる会話をするのなら、第一に意識したいのが女性の思いに共感することです。

女性が楽しく会話をする上で、共感はとても重要な要素です。

自分の気持ちに賛同して寄り添ってもらえると、女性は「この人は自分を分かってくれる」「信頼できる人だ」という気持ちを強める傾向にあります。

こうした女性の特徴を踏まえ、デート中の女性の言葉にはまず「そうなんだ」「分かるよ」など、共感を示すことから始めるのがおすすめです。

そうすることで相手の女性は心地よく会話を続けられ、あなたへの好感度も自然と高まることになるでしょう。

褒めるときは具体的に

女性とデートをするにあたり、「女性をたくさん褒めて好印象を与えよう」と考える男性は多いのではないでしょうか。

しかし、女性を喜ばせるためには、ただやみくもに褒めればよいというワケではありません。

褒め方が抽象的な場合、「褒めれば喜ぶと思っているのかな…」と、かえって女性を萎えさせてしまう恐れがあるからです。

女性について褒めるときは、「いつもニコニコ話を聞いてくれて優しいね」「今日のスカート、すごく似合っててかわいいね」など、できるだけ具体的に褒めましょう

そうすることで、初めて女性は「本心から褒めてくれているんだな」と、あなたの気持ちを素直に受け取ることができるのです。

上手に質問しよう

ふとした沈黙が訪れたときや女性が話をしているとき、タイミングを見て質問を挟むというのも、女性を喜ばせる効果的な会話術の一つです。

会話中の質問は、相手に興味を持っていることの表れです。あなたから質問をされた女性は、「この人はわたしのことを知りたいと思ってくれているんだな」と、とてもうれしい気持ちになるでしょう。

なお、この質問をするというのは、口下手な男性がスムーズな会話をする上でもおすすめの方法です。

「普段はどんな所で買い物してるの?」「それはすごいね!それで〇〇ちゃんはどうしたの?」など、上手に質問をすることで話題の尽きない楽しい時間を楽しめるでしょう。

男性を喜ばせる会話術とは

デートをするカップル

では、女性が男性を喜ばせる会話をするにはどのような点を意識すればよいのでしょうか。主なポイントを紹介します。

褒め言葉を積極的につかう

一般的に、男性は女性に比べ「認められたい」「特別な存在でありたい」という意識が強い傾向にあります。

そんな男性を喜ばせる会話をするのなら、何よりもまず積極的に褒め言葉をつかうのが効果的といえるでしょう。

男性とのデート中は、「さすが〇〇くんだね!」「〇〇くんといると何だか安心する」「〇〇くんはセンスがいいね」など、惜しみなく褒め言葉をつかいましょう。

やや大げさなくらいに褒めることで男性の承認欲求は満たされ、あなたに対する好感度もますます高まることになるはずです。

リアクションは多少オーバーに

デート中の男性は、女性が考える以上に「彼女は楽しんでくれているだろうか」と不安を抱いているものです。

男性の会話や行動に対する女性のリアクションが薄い場合、「自分といても楽しくないのかな」と落ち込んでしまったり、場合によっては2人の関係を諦めてしまったりといった可能性すら考えられるでしょう。

そんな事態を防ぐためにも、デート中のリアクションはオーバー気味を心がけるのがおすすめです。

分かりやすい反応を見せることで、男性は安心してあなたとのデートを楽しむことができるでしょう。

言葉づかいは女性らしく

男性の言葉や振る舞いに対する多少オーバーなリアクションは大切ですが、だからといって、あまりにも乱暴だったり雑な印象を与えたりする言葉づかいはNGです。

表面上はどうあれ、多くの男性は女性に対し一定の女性らしさを求めています。

たとえどんなに会話が盛り上がったとしても、「やべえ」「すげえ」「マジ!?」といった言葉ばかりつかっていては、男性を幻滅させてしまうだけでなく「育ちが悪い人なのかな」と思われてしまいかねません

相手に好印象を与え、あなたとの会話を楽しんでもらうことを望むなら、やはり女性らしい言葉づかいを意識するのがおすすめといえそうです。

要注意!デート中は避けたい話題

ベンチに座るカップル

デート中に気持ちよく会話を楽しむためには、話題選びも大切なポイントです。

うっかり相手を不快にさせてしまうことのないよう、デート中に避けたい主な話題をチェックしていきましょう。

愚痴などネガティブな話題

デート中に避けたい話題として、まず挙げられるのが、愚痴をはじめとするネガティブな話題です。

愚痴や悪口といったネガティブな話題というのは、決して聞いていて楽しいものではありません。

また、「不平不満が多い人なんだな」という印象を与える発言は、2人の今後を考える上では避けるべきです。

デート中の話題は、可能な限り相手が気持ちよく聞けるポジティブなものを選ぶのがおすすめといえるでしょう。

過去の恋愛話

中には、「お互いの理解を深めたい」「相手の恋愛傾向を知りたい」という思いから過去の恋愛話をデート中の話題に選ぶ人もいますが、これもあまりおすすめできません。

というのも、相手の性格によっては、「まだその人に未練があるのかな」「嫉妬させようとしているのだろうか」と受け取られてしまう可能性がゼロではないからです。

「好きな相手の過去の恋愛は知りたくない」と考える人もいることを考えると、やはり過去の恋愛話をデート中の話題にするのは避けるのが正解といえるでしょう。

身内ネタも避けた方が無難

デート中の会話には、お互いの心の距離を縮め、親密度を高めるという大切な役割があります。

にもかかわらず、2人で共有できない身内ネタを話題に選んでしまった場合、話題に付いていけない相手はおいてけぼりにされたような複雑な気分を味わうことになるでしょう。

「デートが終わってみたら、楽しんでいたのは自分だけだった…」そんな残念な結果を招かないためにも、デート中の話題には2人一緒に楽しめるものを選ぶことが大切です。

まとめ

気になる人とデートをするにあたり、「面白い話をしなければ」とプレッシャーを感じてしまう人は多いものです。

しかし、楽しいデートをする上で、面白い話は必ずしも必要ではありません。無理に面白い話をするよりも、楽しい会話を心がけることが満足度の高いデートをする秘訣といえるでしょう。

相手に共感したり、褒めたりといった男女別の会話術も参考にしつつ、相手との心の距離を縮められる充実した会話を満喫しましょう。
ありのままで恋をする

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る