毎月10,000人がカップルに!
タップル誕生 - 恋活・マッチングアプリ
ダウンロード
寄り添う2つのハート
2020.7.3

婚活デートは2回目が重要!デート内容から気を付けるポイントまで

2回目の婚活デートが重要な理由

寄り添う2つのハート

婚活では、なぜ2回目のデートが重要なのでしょうか。お見合いなど初回デートとの違いと、2回目のデートが持つ意味を確認しておきましょう。

1回目は顔合わせがメイン

1回目のデートとは、婚活アプリや結婚相談所でマッチングした相手と初めて会うときや、婚活パーティーで意気投合した相手とパーティー後に個別にデートする状況を指します。

お互い相手のことをよく知らない段階であり、顔合わせをしてプロフィールを伝え合う程度で終わるケースがほとんどです。

デートといっても1~2時間、食事やお茶をするだけなので、相手の性格や考え方までは分からないでしょう。ここで第一印象がよければ、「また会いましょう」ということになり、2回目のデートに進めます。

結婚できるか相性を確かめるデート

顔合わせがメインの1回目に対して、2回目のデートは結婚相手としての相性を本格的に確かめる重要な場です。

例えば、相手の見た目がとても好みで、こんな人と結婚できたらいいなと思っても、性格が合わなければ先に進めません。

逆に、それほど好みのタイプではないけれど、もう少し相手のことを知ってから交際を決めたいと考える人もいることでしょう。

お互いの理解を深め、ご縁があるかどうかを判断するためにも、2回目のデートで一緒に過ごす機会を設けることは大切なことなのです。

2回目デートで見られている部分は?

ワインで乾杯

2回目デートがうまくいけば、婚活成功へ一歩近づきます。失敗しないためにも、デート中に相手が見ているポイントをチェックしておきましょう。

相手の情報・話を覚えているか

2回目に会ったとき、相手は自分の情報・前回話した内容を覚えてくれているか、期待を込めてチェックしています。

相手が好きな食べ物や趣味・仕事の内容などはしっかり復習しておき、デート中にさり気なく話題に出せば、相手は自分の話を覚えていてくれたことに、とても喜んでくれるでしょう。

相手が好きと言っていたアーティストや、相手の会社と同じ業界について知識を付けておくのもおすすめです。

食事のマナーや店員への態度

食事のマナーや店員への態度も、相手がチェックしているポイントです。素行が悪い人と、結婚したいと思う人は稀でしょう。2回目のデートでは普段の行動のクセが出やすいので注意が必要です。

例えば、食べ方が汚い・食べ物を残す・口に食べ物を入れたまま話をするなど、食事のマナーが悪いと相手はそればかり気になって、デートを楽しめなくなります。もちろん、食事中にスマホを見るのもご法度です。

また、店員に対して横柄な態度を取ったりするのも、職場や家庭でもそうなのかと思わせてしまいます。将来を共に過ごしたいと思えなければ、3回目のデートに進むことは難しいでしょう。

2回目デートのおすすめデートスポット

水族館

2回目のデートは、お互いのことを知る絶好の機会でもあります。そのため、初デートよりも長く過ごせて、親密さが増すような場所を選ぶのがポイントです。

定番スポット「映画館」

2回目のデートでは、お互いに緊張感が残っていて会話が弾まないことがままあります。まだ会って間もないため仕方ありませんが、あまりにも会話が続かないと気まずくなり、デートが失敗してしまう原因にもなるでしょう。

もともと口下手な人や、人見知りな性格の人ならなおさらです。そんな会話に自信がない人でも安心してデートできるスポットが映画館です。

2時間ほど一緒に映画を観るだけでよく、観た後は映画のストーリーをネタに共通の話題で盛り上がれます。

映画を観るとお腹が空いたり喉が渇いたりするため、流れで食事にさそいやすいのもポイントです。デートスポットで悩んだら、まずは映画館を候補にあげてみましょう。

動物園や水族館など「テーマパーク」

動物園や水族館などのテーマパークも話題に困りにくく、あまり緊張せずに過ごせます。

特に、水族館は屋内施設なので、季節や天候を気にせずに出かけられます。照明が控えめでロマンティックな雰囲気になりやすいため、デートに最適なスポットといえるでしょう。

同じように、美術館や博物館もおすすめです。相手の趣味に合う場所を選べば話題も見つけやすく、充実した時間を過ごせます。楽しかったと思ってもらえれば、自然に次のデートにつなげられるでしょう。

景色として楽しむ「海」や「夜景」

恋人同士のような気分を味わえる、夜景などのスポットもおすすめです。ロマンティックな景色を一緒に見ると、デートの緊張もほぐれていくでしょう。

ただし、急に遠くまで景色を見に行こうとさそっても、重く感じられる可能性があるため、メインのスポットではなく景色の一部として楽しむのがポイントです。

展望台から海を見る・夜景の見えるレストランでディナーをするといったように、景色として楽しむなら、自然な形で距離を縮められるでしょう。

3回目につなげるための注意点

化粧

いつも2回目のデートで関係が終わってしまう、という人もいるでしょう。次に進めないのは、何が原因なのでしょうか。3回目のデートにつなげるための注意点を見ていきましょう。

服装など雰囲気を変えない

2回目のデートは、初対面の相手の雰囲気が気に入って、また会いたいと思うことで実現するものです。そのような場に、前回とは全く違う服装やメイクで行くと、相手を混乱させてしまうでしょう。

例えば、初対面のときはスーツをスマートに着こなしていた男子が、何の連絡もなく2回目のデートで急にラフなスタイルで現れると、相手の女子はびっくりしてしまいます。

スーツ姿に釣り合うように、自分も服装やメイクに気合いを入れて来たのにと、裏切られた気持ちになるかもしれません。

相手に自分の違う一面を見てほしいと思う気持ちは分かりますが、男女問わず初回デートで相手に与えた印象を大幅に変えてしまうのはマイナスです。雰囲気を変えるのは、もう少し親しくなってからにしましょう。

なれなれしいor硬すぎるガード

2回目のデートでなれなれしくしすぎるのも、失敗の元です。2回目のデートでは初めて会うときよりも冷静になっていることが多く、相手を見る目も厳しくなります。

初めてのデートで打ち解けたと感じた人は、2回目は少し気を引き締めるくらいがちょうどよいでしょう。

逆に、ガードが硬すぎるのも考えものです。初対面のときと同じように緊張したままだったり、全く気を許す気配がなかったりするようでは、相手も疲れてしまい、また会いたいとは思わなくなります。

2回目のデートでは、ときどき軽い冗談を言えるくらいがちょうどよいといえます。

デート後はお礼の連絡を

帰宅したらその日のうちに、お礼の連絡をしましょう。デートの後に何の音沙汰もなければ、つまらなかったのかなと相手を不安にさせてしまいます。

たとえ次のデートが決まっていても「今日は楽しかった」と一言連絡するだけで、好感度はグッと高まります。

次のデートが決まっていない場合は、お礼のついでに次回のおさそいをしてみるとよいでしょう。

まとめ

婚活2回目のデートは、相手のことを詳しく知るのはもちろん、あなた自身をアピールするためにも非常に大切なイベントです。

3回目のデートにつながるように、場所選びや服装・デート中の態度には細心の注意を払うことが大切です。

入念な準備と落ち着いた気持ちでデートに臨み、相性をしっかりと確かめましょう。
モテ試しする?

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る

まずは無料でダウンロード

すでに登録済みの方は こちら

高校生を除く、満18歳以上の独身者向けサービスです。

タップルをはじめる